ヘッドライン

VIPまとめ

ニュース・その他2chまとめ

短レス

動画・ニュースまとめ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

やる夫が見てもらいたいようです 1 

元々あるラノベを題材にした話ですので、読み物と考えてもらってもいいかもしれません

関連記事
やる夫が見てもらいたいようです 2
やる夫が見てもらいたいようです 完結編






1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:15:53.39 ID:4OUFPWSC0
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  ちょっとしたSSを思いついたんだお
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でもこのSSにはやる夫は出ないんかもしれないんだお
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   みんなの意見が聞きたいお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /





2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:17:52.65 ID:4OUFPWSC0
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  ちょっとでもいいから意見聞かせてくれお!
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /





3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 01:20:03.07 ID:JIg8brek0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  VIPでネタ投下すんのに他人に許可取るとか無いだろう・・・・
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         }   さっさと投下しろよ、常識的に考えて・・・・
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、



4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:22:01.99 ID:4OUFPWSC0

       ____
     /ノ   ヽ、_\        >>3
   /( ○)}liil{(○)\      はう!そ、そうですかお。
  /    (__人__)   \     わかったお。やってみますお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |     よかったら見て欲しいお!
  \    |ェェェェ|     /       よろしくだお!





5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:23:50.13 ID:4OUFPWSC0










本当なら、名もない通りすがり同士で終わるはずだった―――















6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:27:17.00 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ       その日前原圭一は予備校の授業があることをすっかり
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l      忘れており、始業ぎりぎりになってその建物に着いた
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l 
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l      「まっじぃな、あのエレベーター止まっててくれるかな」
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l 
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’ υ |::::::::l:::|::/
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l





7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:28:42.90 ID:3Rm9PHV20

やる夫がSS書いてるって設定か?





8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:31:07.09 ID:4OUFPWSC0

  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ               中にのっていたのは3人。
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\  
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ               ボタンを押して待っていてくれた白Tシャツの男
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`゛゛二==-'"``゙゙゙゙゛丁
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐' ̄         .:i
      j::.     .::   / ノ,-‐´      ,.. .::‐‐‐---.::i
  、,_-‐'"  :.     "  ノ-'''__,,,-、-,---‐'"::ιノ ̄ ̄:::::::::::i
  ゝミ‐-、.,,_ヽ    r_ニ-‐'"/...:;;;;;::::::::::::::''/  /   :::::::i
    `‐-、二` ___,,/  //i"  i::::::::/ ,;/ ,,,..  ノ :::::i
         ̄ /  / / /´\ ノ:::/  ,;,´/   ,..-‐::::ゝ
  i       /   /ノi i|::::|、i:|:/   ,;:::::::::ヽ.......::::'''''""
  i             i.ノi! :ゝ::i"   /::ノ ̄ ̄
>>7 そ、そんなとこです。
なにぶんこれがはじめてなもので、なにとぞよろしくお願いします。





9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:33:09.81 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_          スーツを着た強面の男
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ





11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:36:07.29 ID:4OUFPWSC0

                 __
            _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
         ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
          /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
      /       | 〉    '.   i     Y  |
     /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.
.     / i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉         制服姿の髪の長い女。
    | |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉         風でもひいているのかだるそうに
    | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ         壁に寄りかかっている。
       |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',
      ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
       ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
         |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
 ケホッケホッ    、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
            ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
        rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /
.        / | }′   .l,/´_ `ァ' /      //,.'
    ,r ´  | |    ,′   `ン/      ///
    r'|     | |     |    //       ///






12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:39:59.14 ID:4OUFPWSC0

  /: : : :.i: : : : : : : : :.:.l、: : : :l: : : : : : : : : : .:. : 、: : : : : : : : : i
  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l      「ありがとうございます」
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃f::゚ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/       そう白Tシャツの男に軽く会釈する。
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l' 弋/ ,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/        エレベーターが動き出す。
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、リ   ´  , :/ l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'         2階・・・3階・・・4階。
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l         だが、階数表示のランプが
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     ヾ \il           6階を示す事はなかった。
       \.i. \:.:ノ._   /            `i
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨ヽ
.                 /  i  l l     , '
                 i /l / .l   /   ,, --





13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:41:16.99 ID:4OUFPWSC0











がこん、と何かに引っかかるような衝撃と共に上昇が止まった。















14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:43:31.76 ID:4OUFPWSC0

               ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: ..::::/:: |::::::   i::|./|:::.  \
              / ..:| :::::f::/::|::::|i::i|::::::: |i::: |i:::::: |.::|-、:::::|::::   i, \
            /../ヘ:::::Y:::::|::::|ヘト:::::::::| |:::||:::: i|:::|  ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
           //::::i:::>‐‐|::::::\|-|=i≡|ミ|三|ミ | |::|   |::|i::  |: |:...  i
          /'/..:::::::|:/ 仁|:::::: i::: ::|,=テ=-ヾ:!\:| ヾ  _|:ハ::  |:::|::::|i: |
        ,イ´/ ..:::::::::::|ヽ ヽ|:::::: |:::: i`!f;;r`}ヾミ `  =≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::|
   ィ= ̄...::/ ..::::::::/ヘ:::\_l::::::..ハ:::: {!=ン     ,テ卞t ヾリ_| !:||:::| |::|
- ̄,   ..::::/ ..:::::::::/::::/ヽ:::::|::::::::.∧:: t       fゞkリミ ,/::::/;:;リ|_:| t;!
::::/  ..::::/  ..::::::::/::/三≧ユ=- 、::..ヘ_|      j `=´/`::T |/           「なに?」
/ ..::::/  ..::::::::::/::∠/.:_イ ̄   ーミヽ:::ヽ  rー‐ァ   イ::::: ::|
 ::::/  ..:::::::::::/ン/.:/´ /         ヽ::ヽ `´ _,.イ::::i|::: ::| |             と、風引き女が問う。
::::/ ....:::::::::::::://.:/ /            、j-':::::::::::::l:::| |:: |i !
/ ..:::::::::::::::::/.:./  /          [   }::::::::: ::::::: |!,! |:  |ヾ|
 ::::::::::::::::://   /            |  /::::::::::: ::|::: | |:_!
:::::::::::::::/`    |             | ,イ:::::::::::  |::: | `
::::::::::/      |  i            Y: :|:::::::|::: |::: |
::::/        | |            |: :|:::i |::. |: |
/          | ,|           | /.:: :|:::ト:: ト、 ヘ |
           | |           |´.:.:.: :t::| i:: iヘ  ヘ
           V          /.:.:.:.:.:.: :l:::| i:. i ヽ Y
           |          ,!.:.:.:.:.:.:.:.: :|::| t: |  ヘ 'i






15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:44:52.41 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l 
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l         「止まったな」
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l 
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’ υ |::::::::l:::|::/         圭一は明らかな事実を口に出して言ってみる。
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l





16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:46:29.88 ID:4OUFPWSC0

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-        白Tシャツの男が冷静な顔つきで
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``           非常ボタンを押した。
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!             反応は、ない。
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、






17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:48:31.02 ID:4OUFPWSC0


     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ      「壊れているのか?」
.|      .| { 〈| |    /   ヽ     
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ     強面が聞いた。
 ヽ.    / ヽ | |       _了´    
  /ヽw'゛    },,,|     厶     
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {






18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:52:29.71 ID:4OUFPWSC0

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ 「わかりませんが、どうやらこれは
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、   役にたちそうにないようです」
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、   ボタンを連打したり、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-  押しっぱなしにしてみたりと
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``      色々試した末、白Tシャツは
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ        諦めたようにそう言った。
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、






19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:54:50.75 ID:4OUFPWSC0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !     「あそこから出られんのかな」
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃      圭一は天井の救出口を見上げながら呟いた。
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/
     ヘ   ! \   !.                   /  /
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"! 
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.           ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 






20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:57:11.05 ID:4OUFPWSC0

 /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |   「まさか。映画ではよくあるけど、
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |   実際は中から開いたりしないわよ」
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |    
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/   風引き女が答えて、
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ      また少し咳き込んだ。
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |!           !          / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、      cっ       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八





22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 01:58:29.39 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l     「具合悪いんですか?」
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’ υ |::::::::l:::|::/ 
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l





23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:00:57.03 ID:4OUFPWSC0

 /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |   「たいしたことない」
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |  その声は明らかに平気じゃないよなと
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |  圭一が心中で呟いていると
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ     ドサッ
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |      スポーツバックが床に投げ出された。
| |   |     |!           !          / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、       ー ‐       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八






24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:03:57.33 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }    「座れ。潰れるようなものは入ってない」
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |   風ひきはおそるおそるバックに腰を下ろす。
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_   そうして小さくありがとうと言った。
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i 
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ






25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:06:28.03 ID:4OUFPWSC0

               ___,,
            ,,-''⌒...................``丶、_
          / ::::::::::::::::::::::::::::::::::   ヽ
         / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::ヽ
        / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::ヽ       圭一も一つため息をついた。
        / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......:::::::::::::::::l      もう授業始まってるよなと、時間を見るため
        l :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:|      ポケットから携帯電話を引き出す。
       ,,,l : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:l
      /..ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:| /
      /....,-ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /⌒i
     ヽヾ....、、> ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ノ....... \
      ヽヽ..>イY\,-‐'''  ̄ ̄```ヽ/................ ヽ
     /.ヽヽ{└|/_: : : : : : : : :_,,\、---‐‐‐ミ、、、
    ,,-‐'''''⌒ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶ミ>、、
   /   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ヽ、 _
  /  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ........ヽ
  /  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }........... i
 ∧  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : /...........丶
 | ヽ  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : /......... /







26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:09:14.72 ID:4OUFPWSC0

, --- 、_  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ̄´"''-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   、___,, - - 、_ヽ‐ 、:::::::::::::::::/l::::::/::::::::ハ::::::::::::ヽ
 | |     ー_,、-「!\\\:::::,∠、/::::/::::::::/-、i::/::::!:::ト、       「あ、携帯」
 l 「\_   ̄`\:::::::|| ̄\\)/ O 〉//:::/:/ O 〉!:::::ト::{
  !|  ` ̄>‐、 \::||   /゙7i/`='/ // 〈 `=゙ |:l::::|!ヾ、      白Tシャツが自らも携帯を取り出してそう言った。
   |二ー'" ̄ ∠> 、)|L..ヽ(_|,        }!   j::!:i::|         それで漸く圭一も気づいた。
  | \\    j:ハ:::ハl ̄ || |       ^ ′  ハ{::N \
    !    \  /ヘ.j/ |  |||    _,_,、---、 /| トゝ   \
   |     \  ヽ |  || |\   -‐' , ' l !      }゙i
__j_\     \  \.|__||」   \__/  / /       ノ |
     /        \   \       // //       j
   , | l          ヽ、_        //    / / 〃
   / |  l ヽ           ´"''-‐''"       / / / l
  /  |   l 〉                      /   // l
 /   |   / ヽ                 / // // /l
〈_,.   |   V‐、  \             // /-‐' / l
     〉   〉 \{、 \           / くr  /   〉







27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:12:35.30 ID:4OUFPWSC0

  /: : : :.i: : : : : : : : :.:.l、: : : :l: : : : : : : : : : .:. : 、: : : : : : : : : i
  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l     「ああ、そうだよな。なにもエレベーターについている
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./      インターホンに拘る必要はねぇんだよな」
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃f::゚ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l' 弋/ ,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       そう早口でいいながら、ボタンに指をかけて
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、リ   ´  , :/ l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'        圭一は動きを止めた。
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     ヾ \il
       \.i. \:.:ノ._   /            `i
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨ヽ
.                 /  i  l l     , '
                 i /l / .l   /   ,, --





28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:13:55.61 ID:4OUFPWSC0

    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::ヽ ゞ、 \::::::::::::::::::::::::::::::::/
    i::::::::::::::::::::::::::::::li__‐-、ヘ::::ヽ::::iヽ::::::::::レヘ´,、_ヽ:::::::::::::::::::::::/  
   {::::::::::::::::::::::::::::::,ハ (;;;;`ュヽ::iヽ::::!ヽ::::i|´バ{;;;;;;,ヽ ::::::::::::::/              「どうかしましたか?」
    i::::::::::::::::::::::::::::i ヽ、 `‐-イ \ヽ:! \:i ll ! ヽ=-人::::::::::i    
    i:::::::::::::::::::::::::ヽ ゛'''''"    ヽ l!   ヽ 、_,,,,,,,ノ  i::::::::l               白Tシャツが聞いた。
     i::::::::::::::::::::::::::\        i   i ゛''''"   l:::::::l    
      >::::::::::::::::::iヽ \ ,                i:::li:::l     
    /  ヽ:::::::::::ヽ    {                i::/i<   
  /     l:::::::::::::ヽ    \  ,-‐          リ i::::::ヽ    
 /        lヽ::::iヽ::ヽ    ヽ         '    !  /丿::i
 |        l ヽ::i ヽヽ < 、               //ノl::::ヽ
 |  ヽ     l  ヽi ヽ`、 ア`"‐,-、,__          /::  l:/l::∧、
 |   ヽ       リ    V    Y⌒ ̄`丶     /::  l:l l::l::ヽi`,>‐、___,,,-‐´
 |    ヽ   l  i    /     |-‐       /::    リ l:l  レ   /
 ! \   ヽ  l  i ,/~      /:.      ,/:::        ソ /  /, ´/
 `‐-、_ゝ-‐´ ̄ ̄ ̄       ノ::::ゝ、, -‐´:::         /  /  /







29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 02:14:58.55 ID:PVjmnZQT0

支援





30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:19:13.39 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ           「電源が入らない」
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l          白Tシャツの顔が怪訝そうに歪む。
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l          3人もすぐに自分の携帯電話を取り出した。
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l          3人の表情から、状況は察せられた。
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’ υ |::::::::l:::|::/ 
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ            変だ―――・・・
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l









32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:22:16.18 ID:4OUFPWSC0

              ,  ---- 、, -- 、
            , .:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...: :、丶.
.           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:. :.:.ヾ丶ヽ、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.ハ: }:.: :.:.: : ヽ `
          i:.:.:.:.:.:.:.:.ハ-l-ヘ:ト:./l7¨l':/:.:.ヽ: :i                 「イヤだな。4人揃って充電のし忘れかよ?」
          l:.:.:.:.:.:.:.:l Xl`ヽ ' r-、'l:.: ,: :l: l
.          l:.:.ハ:.ト、ヘ ___`__ l,ィ: :/V                 強張った空気が嫌で、圭一はわざと笑いを含んだ
    r 、 iヘ   ヘヽl:ト.ヽヽ'__` 7 イ レ'                   声を出した。
  r 、 ヽヽ l .i    ヘl:`´ヽ.丶、__ .>'/         ,-、 iヽ ._
 _ \\〉 ` l /7 `ヘヘl` ー- ィ           ヽヽ l l .l l
 `、`ー`    ` /,、-、....--l    l,、          , 、 i ' l// ,‐,
   ¨¨l  ヽ、  ノ'  ヘヘ   ヽ--、 ,ヘ`ヾ 、-、     ヽヽ、  `'/
     ヽ.   i´   ヽヽ   ` - ..ノ   i i ヽ      ヽ ヽ  i
.      l   l   、  〉〉      i l   l l ヽ     `/  , '
.      l   l   ヽ//      .l l  ヽゝ ヽ    /  /
      i   l  /ヘ/ノ       .l l    .l  \  /  /
      i    l ∧¨ '   , ---_」 `ー-、 l   `/  /
     i    l/  l , ' , :-::::'::¨::::::::::::::`::>、ヽ、  '    /
     l    .l   l/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l ' ノ ヽ    ノ







33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:25:15.78 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ      「はっ」
.|      .| { 〈| |    /   ヽ     
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ     強面がこちらを見もせずに、吐き捨てるように笑った。
 ヽ.    / ヽ | |       _了´    圭一はむっとして強面を睨んだ。否定するにも仕方というものがある。
  /ヽw'゛    },,,|     厶      
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {





34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:26:32.86 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |    「なら、他に考えられる原因はあるのか?」
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ






35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:27:51.09 ID:4OUFPWSC0

   , - '' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
. /: : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : :、: : : : :. : : : : : :/¨ '' - .. _
/: : : : : : : : : : : : : :.; : : .: : : : : : : : :.iヽ:. : :.:.:.: : ,, -''ニ=-- 、 _ ''i
: :, : : : : : : : : : : : .:.:i : :.:i: : : : : : ,、: :l. ヽ:. : i:.:.:./ /, -―-、 ヽ''ヽ
./i: : : : : : : : : : : .:.:/i .:.:il:. : : : : :l i:. l  ヽ:.:.ト:./ ,' / , ' ¨¨ヽ ', ', i      「知るかよ」
' l : : .: : i : : : : : .:.i l.:.:.l l:. : : : :.l l l  ∠__l.y i i {(  ) } } i ./
. l: : .:i:. :.V: : : :. :.:i`-l...i_ ヽ:. : :.ii _ll,イ´ハV7  ',ヽ ヽー_' ノ, ' ,'./
 i : :i、:. :.:V: : :ヘ:/ひ!lヾミノ:.:./`¨ 弋'ムノ-/ / ヽ`_ー-‐_' / /
  , :.l ',:.:.:.:.:i、 : ヘi 、ゝ'_ノ- \i   ´   , ,      ̄   / /
  ,:l ヽ:.:.:.i丶 、\       l     , ,        / /
   !|  ヽ:.:l\`ーヽ -      '     i i       / /ヽ
      `  \:.:、ヽ、   ー―‐''   .l l       / /  ハ
          ` \ヘ丶、    _ /l ヽ、    ./ /   i
            /∧  ` ー/    ̄/ i` .、` ー ‐'/    l





36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 02:28:59.36 ID:ouR/hvJ20

圭一死亡フラグすぎるだろw





37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:29:26.91 ID:4OUFPWSC0

 /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |    「ちょっと、イライラしないでよ。
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |    ねぇ、あの天井の救出口から
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/    出られないかな?」
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |!           !          / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、      cっ       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八






39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:31:09.64 ID:4OUFPWSC0

    /. : : : : :l: : : : : :|: : : : :l: : : : : : : : : : : : : | ヽ: : : : |ヽ::::|: : : : : : : : :l/ `ヽ
    , : : : : : ヽヽ: : : : l: : : ::::l:::: : : : : : : ヽ: : : :| /´ヽ: :_!__ヽ|: : .: : : : : : l
    |: : : .::i: : :ヽ!: : : : l: : : :::|!:::: : : : : : : ハ: : : レ/ ∠ハ T7| l:|: .::::: : ト、: :l
    l: : ::::::l: : : ヘ: : : : :l : : :::ト、:::: : : : : : l ヽ/ l//てj:::∨ l! リ:.:::::::: : l ヘ: :!      圭一は小さく舌打ちした。
    l: : ::::::|: : : : :ヽ: : : ヽ: ::::l ヽ:::: : : : : l_∠: :l!/  ゞ='' _ノノ l::::::ハ:: :l  ヽ!_..._
    l: : ::::::l: : : : :::::ヽ: : :ト、:_:{=ム:::: :__: l  V  _`≠"´  。 l::::/ 」:: :l /    ヽ  「内側からは開かないって
.     l: ::::::::ハ:::::: : ::::::::\:l ヽ: ト三≠<: !   <=´    l::/ 「 ハ/´ _......_     言ったのあんただろ」
    ', :::::l ',:::::::: ::::::::::::::ト、\ヽ 弋ム: :l           /´ l /'/
     ',:::::l  ',:::::::::::::::::::\:::ヽ、ゝ= ´lヾ 、          イ Y _ -─ _
  _   ヽ::l  ヽ:::::::::::|\::::::::`≠- _ \_ハ     __,    / l /´
.Yヘヽ   ヾ、  ヽ::::::::|  ヽ─ッ─ハ´    ` _∠_シ    , ' / ⊥ - .._
_j/} Y⌒ヽ    ヽ::::::| _. - \ヽ / ` 、 __       __/ / /
  L_j´゙ヽ Yヘ   \::|    ` ,      ̄\_>´   _≧、 У - _i
     L_|' l Y⌒∨ヾ     l _ ィ´ ̄ ¨¨7-う _ = ´   `、    }
        Lj´| iヘヽ- 、   「 /  , - ´ __ノ/         /l




41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:32:48.78 ID:4OUFPWSC0

 /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |   「でもやってみたことはないもの。もしかしたらってことも・・・」
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |    
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |!           !          / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、      cっ       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八






42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 02:35:03.86 ID:KMB7IFeD0

これはミステリー?





43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:37:00.69 ID:4OUFPWSC0

:::::::::::: : : : : : : : : :: : : : : |\: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : i
:::::::::::: : : : : : : : ::::: : : : : | \: : : : :l:: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:: : : : : : : :|
::::::::::::: : : : : : : : ::i::: : : : |   ヽ:: : : ::|:::: : : : : : : : : : : : : : ヽ:: : : : : : ::|
::::::::::::: : : : : : : ::::l i:: : : /   ヽ::: : ::|、::::: : : : : : : : : : :::::: : :l::::: : : : :::::l   「じゃあお前がやればいいじゃねぇかよ」
::::∧::::: : : : :: : :::i l:: : :/   __,>::.:::| \:::: : : : : : : : : ::::::::: :|:::::: ::: :::::ノ
:::/ ヽ:::: : : :::: : ::|  l:: /,,,-/,,-=ヽ,::l、、ヽ:::: : : : : : : : ::::::::::: :|::::::: :::::::/
:::ト、ヽ:::: : : ::: ::::|,/|/'''',,/′ ,-‐i/\ヽ i::::: : : : : : : ::::|ヽ:::::l::::::::::::::/
>''`‐、、::::: : ::::ヽト'''' //   ( ‘ ' ) >' l::::l : : : :: : :::::l 丶:l:::::::::::::/
  (´。\:::::::::::::|        `ー''  /′∨: : : ::::: :::::l /i/:::::::i:::/
、  ヽ ノ \:::::::|     - 、 、___ /   /: : ::ハ:::::/,/:::::::::::::/|/
 `ー-'′  \:|              /: : :://,ゝ::/'::::::::::::::/、
:\     i               /: :/,__,-'i/ヽ::::∧:/ ヽ
ヽ::\    l               // ノ   l ヽ/ ∨  ヽ、_,,、
 `ゞ.ー  /        _     ′ /       /        ``ー--、、
   \、 ` ‐ __,,,,,--=''-‐''''\    /        /              `ー--
     \、  \''(′  _,,-)   /       /
       \、 `ー===-‐''′ /       /

>>42ホラーチックなファンタジー、かな?





44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:38:02.58 ID:4OUFPWSC0

                 __
            _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
         ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
          /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
      /       | 〉    '.   i     Y  |
     /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.        「イライラしないでってば!」
.     / i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉
    | |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉
    | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ
       |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',
      ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
       ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
         |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
            、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
            ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
        rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /
.        / | }′   .l,/´_ `ァ' /      //,.'
    ,r ´  | |    ,′   `ン/      ///
    r'|     | |     |    //       ///






45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:39:52.79 ID:4OUFPWSC0

;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::...........  .l
;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::..........ヽ.    ...l
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;:::::::::::::i;;;;;;;;;:::::::::::::...........    ヽ..  ........|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::;l;;::::::::::::|、;;;;;;;::::::::............::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::;;|;;;;;:::::::::l:ヽ;;;;;;:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::::::l
;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::;;;lヽ;;;;::::::l:::::ヽ;;;;::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::/    「その言葉そっくりそのまま・・・」
;;;;;;;|、;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;|:::ヽ;;;:::::l,,.-‐ゝ-::::::|::::::::::::::::::;::::::::::::::|;;::::::/
;;;;;;;l:ヽ;;;;;;;;;;;;;;、::::;;;;l:::;;;ヽ''':;l/,;;;;_,ヽ、、l::::::::::::::::;;::::::::::::::l;;;:::/
\;;|::::\;;;;;;;;;;ヽ;;;;;K_;;-i;'/‐''' ̄``ヽ\i\:::::::::;;;:::::::::::::::|;;;/
:::\i:::::::\;;;;;;;;;;;;;;/::: 'l/ /⌒、). ヽ:/:)/:::::::;;;;;:::::::::i;::::l;;/
:::::::::ヽ::::::::\;;;;;;;;/ ::   、、_,,.ノ  V/:::::::;;;/;;;::::::/,:::/;/
::::::::::::::::::::::::::\;;/ :  `丶、 __,,, イ::::::::::;;イ;;;;;;:::::/;;:://
::::::::::::::::::::::::l ::::ヽ         /:::::::;/:::i;;;;;;:::://|//
::::::::::::::::::::::::l ::        /:::://::::;;};;;;;::::/、_l/
:::::::::::::::::::::::,|         /;-'''::::/_//l;;:::/: : /``ー、、_
::::::::::,、‐‐-`'___,,,,、、   /''´...:: /:|;;;;/:l/ヽ: :      ``'ヽー―---、、__
:::::::/-、`--ー‐-='、ヽ     /: l;/: /: :l : :ヽ
:::::::l (、       ノ l   /:/: : /: : : : : l: : ヽ
\:::ヽ、二_‐_ー_-_,,,,ノ /::::::/: : : : : : : :  l
::::::\:::::::::::..     /::::::::::/: : : : : : :   l





47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:42:00.26 ID:4OUFPWSC0

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、     「静かに!」
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``       白Tシャツが鋭く制した。
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ         彼の視線は天井に 
              |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!          固定されている。
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|            ケージの中は
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |            ふつりと静まりかえった。
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、










49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 02:44:05.49 ID:g8D46tI70

とりあえず>>1は男か女か言ってくれ
見るかどうかが決めるから







50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:45:47.46 ID:4OUFPWSC0











その静けさの中に、金属を叩くような、かこん、という音が降ってきた。そう、降ってきた。












>>49えっと、お○○です・・・





51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 02:46:21.32 ID:PVjmnZQT0

お○○か これは支援せねば




53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:50:15.83 ID:4OUFPWSC0

   /       /    . /. : : :/ |: : .  . : : : : :  .i: : :  i  ヘ: . :i
   /      . ′ ___:/. : : /__  l: : : . : : : : : : : ,|: : : . l'   l: : .|
  ′     . : l   . : ': : : /`丶\!: : : : : : : : : : : ハ: : : : ,′   '. : !
  {    :/  : : l   : :7: : / __  l: : :A: : : : : : :j '. : :/____!: L    「は、は。今あの救出口から出たら
  |   . /  : : : !  . : :lj: /三 =- 、、l: : ハ: : : : : : ト、 |: :j_.. - ´ ̄|:「     誰かとの運命の出会いが
  |  : ′ : : : l  . : lハ: l   __  ヾ、:| ハ: : : : :j   |:/_,,,,,,,,,,,,__ |!     待ってるかもな」
  |  : :|  : : : :l  .: : :l:| リ   (じ)  }!`  l: : : :/ /'"´    \ヽ     強張った声の馬鹿馬鹿しい言葉が
  | : : :!  : : : :.|: : : : |:!、\  `´      l: : :/     r≠,   ヾヽ    圭一の口からもれた。
  | : : :|  : : : : l: . : : : !:! >`ー… -__   |: /  、   ゞ-'′   〉    強面が苛立った視線を
  | : : : ハ : : : : ヘ: : : : :l:|            '′< 、\、_      /´    よこすのが見える。
  |: : :/ i : : : : : ヽ: : : l:|               ` \` ─ ' ´  /
  |: :/  ハ : : : : : : ト : : ト、         /              / /
  |:/   ハ : : : : : : i丶: | \       /             //:
  /′   ヘ : : : : : ハ ヽ!        |             / イ: : :






54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:52:16.01 ID:4OUFPWSC0











ドンドン、と、音は続けて鳴り響いた。救出口が震え、今にも壊れそうに見える。
















55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 02:57:00.50 ID:4OUFPWSC0

               ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: ..::::/:: |::::::   i::|./|:::.  \
              / ..:| :::::f::/::|::::|i::i|::::::: |i::: |i:::::: |.::|-、:::::|::::   i, \
            /../ヘ:::::Y:::::|::::|ヘト:::::::::| |:::||:::: i|:::|  ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
           //::::i:::>‐‐|::::::\|-|=i≡|ミ|三|ミ | |::|   |::|i::  |: |:...  i
          /'/..:::::::|:/ 仁|:::::: i::: ::|,=テ=-ヾ:!\:| ヾ  _|:ハ::  |:::|::::|i: |
        ,イ´/ ..:::::::::::|ヽ ヽ|:::::: |:::: i`!f;;r`}ヾミ `  =≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::|   「何、なんなのよ!」
   ィ= ̄...::/ ..::::::::/ヘ:::\_l::::::..ハ:::: {!=ン     ,テ卞t ヾリ_| !:||:::| |::|
- ̄,   ..::::/ ..:::::::::/::::/ヽ:::::|::::::::.∧:: t       fゞkリミ ,/::::/;:;リ|_:| t;!    風ひき女が悲鳴のような声をあげた。
::::/  ..::::/  ..::::::::/::/三≧ユ=- 、::..ヘ_|      j `=´/`::T |/       いる。間違いなく、
/ ..::::/  ..::::::::::/::∠/.:_イ ̄   ーミヽ:::ヽ  rー‐ァ   イ::::: ::|        この閉ざされた箱の上に何かがいる。 
 ::::/  ..:::::::::::/ン/.:/´ /         ヽ::ヽ `´ _,.イ::::i|::: ::| |
::::/ ....:::::::::::::://.:/ /            、j-':::::::::::::l:::| |:: |i !
/ ..:::::::::::::::::/.:./  /          [   }::::::::: ::::::: |!,! |:  |ヾ|
 ::::::::::::::::://   /            |  /::::::::::: ::|::: | |:_!
:::::::::::::::/`    |             | ,イ:::::::::::  |::: | `
::::::::::/      |  i            Y: :|:::::::|::: |::: |
::::/        | |            |: :|:::i |::. |: |
/          | ,|           | /.:: :|:::ト:: ト、 ヘ |
           | |           |´.:.:.: :t::| i:: iヘ  ヘ
           V          /.:.:.:.:.:.: :l:::| i:. i ヽ Y
           |          ,!.:.:.:.:.:.:.:.: :|::| t: |  ヘ 'i




59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 03:08:34.38 ID:4OUFPWSC0

                    /     
  パリンッ            //        明滅していた電灯が高い音を立てた割れた。
            JVl/l/ /          圭一はとっさに顔を背ける。ガラス片が頬を叩く。
            >     /           エレペーターの中は一瞬にして闇に包まれていた。
           /      >         3人の荒い息遣いだけが聞こえる。
         ∠_     y'         
            )    |          
              ∨)_,-;γ          
               |´             





60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 03:11:16.93 ID:4OUFPWSC0

|: : : : |: : : :_._,|:_:_: /      |: : : /: : : : :    . : イ: : : / l: : : : . : : :
|: : : : |: : : : :!1 ̄7 =-、 ._   !: : / |: : : : :  . : ://: : :/   !: : : : : : : :
|: : : : |: : : : :l ≧'=ォ-..、ヽ \_|: :/ |:ノ: : : . : //: : :/   l: : : : : : : :    「誰か!開けてくれ、ここを開けてくれ!」
l: : : : :. : : : : l | /::::::::::f>、_>!: l イ: : : : : : ∨_/: ∠三 =l: : : : : : : 
ハ: : : : :、: : : : ト弋>__,:::ノ  ` V  |: : : : :/,> '::::::r-;ヾ.v': : : : : :  .    その瞬間、爆発音に似た音がした。
 '、: : : : ヽ: : : :'. ` ̄ ̄ ̄>―   |: : /    {r7_,::ノ  /'′:/: : . : :    見上げると、救出口に穴が開いていた。
ヽ `、: : : : ト、: : :'.           j/   ` ̄ ¨¨  イ: :/: :  /:/:    そこから微かな光が射し込んだ。
: : i` ト. : : :! ヽ: :'.            :       J //: : : . //: /
: : l: :| 、 : |   \'、           i      u .ノ´: : :_: : ´: :/j /
/、: |  、: | u   `/_ -― 、__    '′     /_ ィ´: : : :/./ /
  ヽ!  ヘ:|、    〈ー- 、  ` ー-- ィ   -≠ , ′ j : : / //
        \   ` ー--  ___ ノ     /  /: /   /'′







61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 03:17:55.19 ID:4OUFPWSC0

                      .......::::::::::::::::::::::.........
          .......:::::::::....  ..:::::::::::'''''''         ''''':::...:::::.......
         :::::     ::.::::'''     ................................     ::::::    穴から降ってくるものの姿が、
         ::::           :::::'''''        '''::::::::::.........:::   確かに浮かび上がった。
        :::::         ......::::::::                   一見裸体のように見えた。
       ::::::         :::                       だが、四肢は四つ足で
      :::  ..:'       :::                       動く動物のように曲がっていて、
     ::::  ::::       ::                       体の色は青く発光していた。
     ::  :: ::      :::                      ぐにゃりと輪郭がぶれる。
    :::  ::.. :::      ::                      それは一瞬消え入るような弱弱しさを見せたが、
     :::  :::..::     :::                       次の瞬間には無形の物体が圭一たちに
                                        襲い掛かった。



64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 03:25:59.32 ID:4OUFPWSC0

      _ -、/         ヽ   l ヽ       l
     /    '          ヾ   l  \   _ |i
    /         i      i ヽ  , i==ヽ ̄    |l
    /          l      l. ,X/l   ,>二二_フヽ      l
   /           .ト、  ヾーl" ヽ  l /  ヽ  Xi'|      l\      「あ……あ……」
   /            lヽ  、  .l υ ヽ/|    ヽ  / !|    /  lヽ\
  /        ヽ   l >ノ   l   iVl  rヽ i /  l   /   l }
  i          ヽ  / ヽ.   l   ヽ|  ` ´ ツ ノノ   / ヽ  l/      ―喰われる。
  l  l        ヽ./ i__ヽ_. l     _ -- ¨'' i  / / >  l
  l.  ハ         ヘ. lヘ    \l           / /   /i l       圭一の頭のどこかがそう考えた。
  l  l l        \ヘ〉iヽ  rヽ   、        /    ! l l l   l    目の前が真っ暗になった。
  .l l  i         ヾーヾ\.`´ /  i           υ ノ i. V ハ |
  l i  i     i、  、 \  =ノ    `  , - -、    υ/   i、 /
   l|  ヽ    lヽ   丶、\.      /, ・ ' ¨ ̄`)ヽ   /   ヾ/
      ヽ   i ヽ    l、 ̄ヾー    <〈/ , - ¨    /     y '' ¨
       ヽ  i  \   i \ ヽ、   -` '       /      ヽ` ー
        \ i   \  ヽ ` 、`ヽ 、        /
          \i    丶、ヽ   `` \` ー--- '
                          ヽ iヽ ヽ,
                          ヽl >v         /
                          / / ヽ      r'´




66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 03:28:30.54 ID:4OUFPWSC0











悪い夢を見ていたんだ。まず最初に、圭一はそう思った。


















68以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 03:31:39.44 ID:4OUFPWSC0

 l i  .::::l  .:::::::::::::ヽ :::::lヽ::::|  __\:::::::::l::\:::::::::::::::::::::::::::::::r‐丶:::
 |イ .::/l .:::::  ::::∧ :`|`ヽ:l ̄    :::::\:::::|::::::\:::::::::::::::::::::::::r:::::::l:::
  | /  | ::: /| ::::| lヽ :l ::ヽl    _ _:\l:::::::::::ヽ/::::::::/:::::|::::::ノ::::
  l′  l : / l ::l | ヽ| :  ̄  ̄   ::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:、::::l:/::::::     エレベーターの中は薄ぼんやりした
     ヽ /  ヽ:|  l           :::::::::::i::::::/::/l:/::;-∨::::ハ::::     明かりに照らされていた。
      /    ヽ ノ           ::::::::::u://::;;;/─'''\::/ |/     蛍光灯は割れてなどいないし、 
           l            ::::::::::::::::/: : : :/ ̄⌒```    もちろん天井に穴など空いているわけがない。
            \      _,,, -‐っ::::::::/.: : :/ : : : : /..: : :
             `ヽ、、   ヽ-‐''' ̄::::/..: : : :/: : : : /.. : : : : :
               /`>ー----、:::ヾ:、: : : :/: : : : / .:: : : : : :
              /  .:l: \: : : l/`::::l: ヽ: /: : : : / .:: : : :/: :
              l  .: :|: : :/>: :|_,,,,ノ : :∨ : : : :l : : :/: : : :
              | :. : : l: // : : l;;;、''´ : : : : : : : :/ .:/: : : : : :
              > :ヽ: l/: :\: :l;;;ヽ: : : : : : : : :( ''': : : : : : : : :
             r''′ : :ヽ : : : : :`ヽ、l : : : : : : : : :|  : : : : : : : :
            ノ    : :ヽ: : : : : : :(:: : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :
            /    : : : :\: : : : : :ヽ : : : : : : :∨ : : : : : : : :
           /    : : : : : : ヽ: : : : :ヽ : : : : : : :l .  : : : : : : : :
           /    : : : : : : : :丶 : : : :ヽ : : : : : :l :: : : : : : : : :
          <    : : : : : : : : :∧: : : : :ヽ : : : : :l : : : : : : : : : :





69以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 03:36:07.44 ID:4OUFPWSC0

  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、                 「みなさん・・・・・・大丈夫ですか?」
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\                   誰かが言った。声の感じからして、白Tシャツだ。
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\                強面はすでに立ち上がっていて、風ひきはバックを
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\                枕にして倒れている。
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`゛゛二==-'"``゙゙゙゙゛丁
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐' ̄         .:i
      j::.     .::   / ノ,-‐´      ,.. .::‐‐‐---.::i
  、,_-‐'"  :.     "  ノ-'''__,,,-、-,---‐'"::ιノ ̄ ̄:::::::::::i
  ゝミ‐-、.,,_ヽ    r_ニ-‐'"/...:;;;;;::::::::::::::''/  /   :::::::i
    `‐-、二` ___,,/  //i"  i::::::::/ ,;/ ,,,..  ノ :::::i
         ̄ /  / / /´\ ノ:::/  ,;,´/   ,..-‐::::ゝ
  i       /   /ノi i|::::|、i:|:/   ,;:::::::::ヽ.......::::'''''""
  i             i.ノi! :ゝ::i"   /::ノ ̄ ̄






70以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 03:36:55.57 ID:4OUFPWSC0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !        「おい、起きろよ」
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/
     ヘ   ! \   !.                   /  /
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"! 
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.           ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 








71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 03:39:17.75 ID:4OUFPWSC0

                 __
            _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
         ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
          /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
      /       | 〉    '.   i     Y  |
     /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.
.     / i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉         「起きてるわよ」
    | |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉
    | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ         彼女はそう言って身を起こした。
       |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',         どうやら目は開いていたらしい。
      ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
       ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
         |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
            、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
            ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
        rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /
.        / | }′   .l,/´_ `ァ' /      //,.'
    ,r ´  | |    ,′   `ン/      ///
    r'|     | |     |    //       ///






72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 03:42:17.39 ID:4OUFPWSC0

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\       「怪我をしている者はいませんか?」
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、       白Tシャツが問う。
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、       誰も何も言わないと言うことは。
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-      怪我はしていないのだろう
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``         
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ   「そうですか。でも、一応病院には行ったほうがいい」
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、






74以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 04:00:37.64 ID:4OUFPWSC0

               ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: ..::::/:: |::::::   i::|./|:::.  \
              / ..:| :::::f::/::|::::|i::i|::::::: |i::: |i:::::: |.::|-、:::::|::::   i, \
            /../ヘ:::::Y:::::|::::|ヘト:::::::::| |:::||:::: i|:::|  ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
           //::::i:::>‐‐|::::::\|-|=i≡|ミ|三|ミ | |::|   |::|i::  |: |:...  i
          /'/..:::::::|:/ 仁|:::::: i::: ::|,=テ=-ヾ:!\:| ヾ  _|:ハ::  |:::|::::|i: |    「なんの病院よ」
        ,イ´/ ..:::::::::::|ヽ ヽ|:::::: |:::: i`!f;;r`}ヾミ `  =≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::|
   ィ= ̄...::/ ..::::::::/ヘ:::\_l::::::..ハ:::: {!=ン     ,テ卞t ヾリ_| !:||:::| |::|
- ̄,   ..::::/ ..:::::::::/::::/ヽ:::::|::::::::.∧:: t       fゞkリミ ,/::::/;:;リ|_:| t;!
::::/  ..::::/  ..::::::::/::/三≧ユ=- 、::..ヘ_|      j `=´/`::T |/
/ ..::::/  ..::::::::::/::∠/.:_イ ̄   ーミヽ:::ヽ  rー‐ァ   イ::::: ::|
 ::::/  ..:::::::::::/ン/.:/´ /         ヽ::ヽ `´ _,.イ::::i|::: ::| |
::::/ ....:::::::::::::://.:/ /            、j-':::::::::::::l:::| |:: |i !
/ ..:::::::::::::::::/.:./  /          [   }::::::::: ::::::: |!,! |:  |ヾ|
 ::::::::::::::::://   /            |  /::::::::::: ::|::: | |:_!
:::::::::::::::/`    |             | ,イ:::::::::::  |::: | `
::::::::::/      |  i            Y: :|:::::::|::: |::: |
::::/        | |            |: :|:::i |::. |: |
/          | ,|           | /.:: :|:::ト:: ト、 ヘ |
           | |           |´.:.:.: :t::| i:: iヘ  ヘ
           V          /.:.:.:.:.:.: :l:::| i:. i ヽ Y
           |          ,!.:.:.:.:.:.:.:.: :|::| t: |  ヘ 'i



75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 04:03:15.20 ID:4OUFPWSC0

             , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
              ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
         / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
       / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
       ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.         「とりあえず心療内科へ。
.       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´          もしかしたら脳外科に
    ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._      回されるかもしれません」
   ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、      白Tシャツは嫌味のない
    メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、          おどけた口調で言った。
    イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´ 
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、 
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                     /             ゙'ヽ、    ヽ






76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 04:06:59.43 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |     「真面目な話、これが医者に相談する類の事柄だと思うか?」
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i   強面がやや硬い声で言った。
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ






77以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 04:09:06.16 ID:4OUFPWSC0

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、 「・・・・わかりません。
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、 だけどその様子だと、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー- おかしな体験をしたのは
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``     私だけではないようですね」
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、




78以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 04:10:53.09 ID:4OUFPWSC0

 /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |    「とにかく、一刻も早くここを出たいわ。これ以上ここにいたら
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |    本当に気が変になりそう」
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |!           !          / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、      cっ       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八






79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 04:13:45.26 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ      「同感だ」
.|      .| { 〈| |    /   ヽ     
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ     強面が頷いて、ドアに近づいた。
 ヽ.    / ヽ | |       _了´    
  /ヽw'゛    },,,|     厶      「5階で止まっているんだろ。ドアさえ開けば外に出られるんじゃないか?」
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {






80以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 04:18:42.84 ID:4OUFPWSC0

  /: : : :.i: : : : : : : : :.:.l、: : : :l: : : : : : : : : : .:. : 、: : : : : : : : : i
  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃f::゚ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/      「だな」
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l' 弋/ ,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、リ   ´  , :/ l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'        圭一は左から、強面は右からそれぞれドアの縁に
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l        指先をかけ、引っ張る。破壊的な金属音がした。
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     ヾ \il         だが予想よりもずっと簡単にドアは開いた。
       \.i. \:.:ノ._   /            `i         あまりの手ごたえのなさに首を捻り、
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..      圭一は自分の手を見下ろす。
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨ヽ
.                 /  i  l l     , '
                 i /l / .l   /   ,, --





81以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 04:24:14.17 ID:4OUFPWSC0

エレベーターは五階を通り過ぎていた。だが六階にはまだ届かず、下三分の一に五階の乗り場ドアが見え、
その上は6階の床部分。強面はしゃがんで、今度は一人五階のドアをこじ開けた。
床が遠い。エレベーターの暗い縦穴が見える。強面は乗り場ドアに手を掛けていたが、突然ひらりと外に飛び出した。





82以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 04:28:06.03 ID:4OUFPWSC0

:::::::::::: : : : : : : : : :: : : : : |\: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : i
:::::::::::: : : : : : : : ::::: : : : : | \: : : : :l:: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:: : : : : : : :|
::::::::::::: : : : : : : : ::i::: : : : |   ヽ:: : : ::|:::: : : : : : : : : : : : : : ヽ:: : : : : : ::|   「おい!」
::::::::::::: : : : : : : ::::l i:: : : /   ヽ::: : ::|、::::: : : : : : : : : : :::::: : :l::::: : : : :::::l   
::::∧::::: : : : :: : :::i l:: : :/   __,>::.:::| \:::: : : : : : : : : ::::::::: :|:::::: ::: :::::ノ  圭一は慌てて床に膝をついて身を乗り出したが、
:::/ ヽ:::: : : :::: : ::|  l:: /,,,-/,,-=ヽ,::l、、ヽ:::: : : : : : : : ::::::::::: :|::::::: :::::::/  強面は少し膝を曲げただけで軽くフロアに着地した。
:::ト、ヽ:::: : : ::: ::::|,/|/'''',,/′ ,-‐i/\ヽ i::::: : : : : : : ::::|ヽ:::::l::::::::::::::/  一言声をかけてからやれ。心臓に悪い。
>''`‐、、::::: : ::::ヽト'''' //   ( ‘ ' ) >' l::::l : : : :: : :::::l 丶:l:::::::::::::/
  (´。\:::::::::::::|        `ー''  /′∨: : : ::::: :::::l /i/:::::::i:::/
、  ヽ ノ \:::::::|     - 、 、___ /   /: : ::ハ:::::/,/:::::::::::::/|/
 `ー-'′  \:|              /: : :://,ゝ::/'::::::::::::::/、
:\     i               /: :/,__,-'i/ヽ::::∧:/ ヽ
ヽ::\    l               // ノ   l ヽ/ ∨  ヽ、_,,、
 `ゞ.ー  /        _     ′ /       /        ``ー--、、
   \、 ` ‐ __,,,,,--=''-‐''''\    /        /              `ー--
     \、  \''(′  _,,-)   /       /
       \、 `ー===-‐''′ /       /







83以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 04:29:47.89 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |      「人を呼んできてやろうか?」
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_      圭一は口を引き結んで振り返った。どうする?と視線で問いかける。
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ






84以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 05:12:37.75 ID:exDKtH+Y0

s





85以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 05:18:39.83 ID:4OUFPWSC0

                   , -...、
              r- 、..--/::::::::::丶,.__
           _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、
          r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.
          ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ
           ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l
.         l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l
           | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   「せっかくドアが開いたんだもの。出ましょ。
          l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   どうせ救助が来るのもまた時間がかかるのよ」
          ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
         |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   明るい風ひきの声に、圭一は声を出さずに笑った。
         |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   彼女が身を乗り出す。と、圭一が肘をつかんだ。
         l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|
         l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',
         |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ
         ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
        /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _::\
        /:/│|/::::::::::::: ,'/_,. --- 、-‐/ /:::/ ::::::::: |/ / /´ヽ
        /: ' l .' :::::::::::: l l === ==/ /:::/ ::::::::: |./ /    ',
.       /::::|. │| ::::: :::::::::|      / /:::::::::::::::::::::,'  /  __|__
      /::::: |. |│::: l ::::::::|  rt 、 / /::::::::::::::::::::ノ  / r' ´ 三三 j






86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 05:20:23.29 ID:4OUFPWSC0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !      「そういえばあなた具合は?」
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/
     ヘ   ! \   !.                   /  /
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"! 
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.           ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 






87以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 05:21:53.61 ID:4OUFPWSC0

::.:.:.: !:.:.:.:.:.:.|.::.:.:.:.:.:.:.::.:,,.::|     |:::!::::::::/:::!::::::::::!:::::ト::::::|::l!::l
:::::::: |::::::::::::!!::::::::ト'!::::::|!::l       |z-::_/!:j_j:::., /::!::::|ヽ::::!リレ
::::::::: !:::.:::::.::|、:::: _!,ィー:jト::!,     !イ!::ノカへ!::j/::::l::.ノ l::::ノ
::::::::::l!::::::::::::ゞィ_:::ォ''ゝ-`-      , == 、,   ハ:::ノ´ '^´
:::::::!::::ヽ::::::/jゝー'_ __、       イj^:::!ヾ! !:.:Y         「え?」
:::::::ゝ::::、ゞrテ', ィ'f ´:::T ゙        l:::::ィ! l!:::|
:::::::r-!::::::::::.:lヾf lイ::::r!        `'ニ'   !:.:.|
:::::::l r|::: ! ::.│  ゝ'.ソ       ヽ        ,l::. |
:::::::ゝ|!::::!:.: |!            _      /::.:ノ、
::::::::::::ゝ:::::.:.:ヾ         r  ´ ン     .イ:::..::∧!
::::::::::::::!ヾ!:::.:.:.:ヽ        ̄     イ:/::.::.:/ー`-- .、
 ̄ ` ー 、::.:.::.:.:::ト _        /::::レ::.:/!! |   
       \::::::.:.::.:.:.::ヽー -__ - イ \'::/::.∧,|    
       `"フ ' ´  ̄ ̄     ̄ ` ´ー - ゞ- 、_
   ∠.:::: /    .:::/::...........              






88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 05:24:45.08 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l       「風邪ひいてんだろ?」
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l   圭一はそう言ったが、もう彼女は具合が悪そうには見えなかった。
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’ υ |::::::::l:::|::/  彼女自身、そのことを今まで忘れていたようで驚いたように目を見開いた。
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ            
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l





89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 05:29:56.57 ID:4OUFPWSC0

                __/ ヽ―― x '\
              __/       \/    ̄ヽ
               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ 「ああ、もうすっかりいいみたい。変な事がありすぎて風邪も
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | 吹っ飛んだのかしら」
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 風邪ひきはちらりと歯を見せて笑った。
            |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/ 圭一は少しだけ笑い返してから外に飛び降りる。
             | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  続いて白Tシャツも軽く降りる。彼女もそれに続く。  
              | /│  |      ,        !  ! |
          | | i!   | ///  __  /// |  |  !
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
.           │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
          | | |    |  |       `i  |      |
         ,r‐┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、






90以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 05:33:21.61 ID:PFA39M/V0

やっと風邪と正しい表記になったか





91以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 05:35:05.50 ID:4OUFPWSC0

危なっかしいところは少しもなかった。だが、着地点が後ろすぎた。
バランスが崩れ、彼女の体は後方へ。本来なら床があるその場所は
今はぽっかりと黒い口を開けていた。

>>90今とても恥ずかしいです





92以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 05:40:30.38 ID:4OUFPWSC0

|: : : : |: : : :_._,|:_:_: /      |: : : /: : : : :    . : イ: : : / l: : : : . : : :
|: : : : |: : : : :!1 ̄7 =-、 ._   !: : / |: : : : :  . : ://: : :/   !: : : : : : : :  「あ、ぶねっ」
|: : : : |: : : : :l ≧'=ォ-..、ヽ \_|: :/ |:ノ: : : . : //: : :/   l: : : : : : : :
l: : : : :. : : : : l | /::::::::::f>、_>!: l イ: : : : : : ∨_/: ∠三 =l: : : : : : :  彼女の背中を圭一はとっさに腕を伸ばしてすくい取る。
ハ: : : : :、: : : : ト弋>__,:::ノ  ` V  |: : : : :/,>7'::::::r-;ヾ.v': : : : : :  . だがその反動で、今度は圭一が姿勢を崩す。
 '、: : : : ヽ: : : :'. ` ̄ ̄ ̄>―   |: : /    {r7_,::ノ  /'′:/: : . : : 焦ったのが災いした。圭一の体はエレベーターの
ヽ `、: : : : ト、: : :'.           j/   ` ̄ ¨¨  イ: :/: :  /:/:  縦穴の中へ落下した。
: : i` ト. : : :! ヽ: :'.            :       J //: : : . //: / 驚愕の表情を浮かべた三つの顔が遠ざかる。
: : l: :| 、 : |   \'、           i      u .ノ´: : :_: : ´: :/j /
/、: |  、: | u   `/_ -― 、__    '′     /_ ィ´: : : :/./ /
  ヽ!  ヘ:|、    〈ー- 、  ` ー-- ィ   -≠ , ′ j : : / //
        \   ` ー--  ___ ノ     /  /: /   /'′







93以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 05:44:50.55 ID:4OUFPWSC0

                iヽ'\,
                =_ ,  l
      _____,,-r 、Toゞ  ;     死ぬ前の一瞬って長いんだっていうの、あれ本当だな。
      `ー――--/´ ヽ><'/`     圭一は妙に冷えた頭で考えていた。
           ,、ゝ、/  /l       生まれてきてから今までの思い出がゆっくりと頭の中を
         , ・ '  ゞ >ヽ' l l      まわる。これが走馬灯ってやつか。でもこんなのんびり
        / く / //   ヽ l     してたんじゃ、いくら時間があっても足り―――
      /,`>、/ く /    i l
     // / `>/      ヾ
  ,-ベ/ / /’`
 ,ベ, >' ,べ/
(_ソ /`>'
   (_`)'´







94以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 05:47:15.67 ID:4OUFPWSC0

光の中に人が立っていた。両手でドアをこじ開けた姿勢のまま、荒い呼吸を繰り返している。
逆光で誰だかわからない。





95以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 05:49:21.32 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |      「お前、・・・・・・生きてるのか?」
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_      生きてるよ。答えようとして、息が詰まった。
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i     痛みと共に記憶が蘇ってくる。
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ




98以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 06:15:51.55 ID:4OUFPWSC0

                      ,. ' `-'  ̄`'ヽ,
             , ―ーー-.,  /        ヽ
           /'`/ ̄⌒\V/ : / ̄      ゝ
          ///::      |v: : : :           !
         / //:::::::     lγ'/           ヘ   底に到達する寸前、圭一はとっさに着地の姿勢をとっていた。
       ,-ー'  l l::::ヽ::::    /::{//  : : :         l  そうしようと思ったわけではなく、体が勝手にそうしていた。
       | l   ::ヽ:::::|::::::   /:l l::l: ハ : :/l/l:    l  | |  そして、圭一は”着地”した。
       | !   :::::::::::|::::::   |::l 'l::ハ: ハ: :l: :     : ハ |  l      
      ∧ヽ  :::::::::::|::::::   l:::}: 'l  v l:ハ: :   : :/:ヽλノ  
     /ヾ ヽヽ :::::::::::l:::::::  l:::::::八'ヾ ___l l: :  ソλ: : ノ '
    ハ \ \\:::::::::}:::::  l:::::::彡 `''` l::|: /ノ7' l/
  //\γ  \`-- l:::::  l:::j`     l:::::::  |
  / /_ - /l__`'- __`' l::::  lr       l::::::  |
 l F- ' ` / ミ-:/  /''kl::::   ヽ        l:::::: l    
 | ι   く/  l ̄ ハ  l:::   l        |::::: ヽ
 | |    ミミ / / ヽ'|::    |       |:::::  ヽ
 | |     | K<   ヾ:::   |        {:::::  ヽ
 | |     l  | `    |:::   ト ,       ヾ::::::  l
 | |__-- ` ⌒`'''ヽ  / !:::   l ヽ      ヾ::::: l
 レ'   ,.--- ..., トv'`   !:::: ト-ミゝ      ヾ:::: l
  | ,.-`      lソ|  /ヾ:: |  l>'       ヾ:: ヽ__ ,...,_ 
./`<        | ハ__ヘ:::::l::  '--'ーー`' ,_    ヾ:     ,_ ゝ カ
ヘ_|,.-`------`L_|l,,___ |::   ,, ヽ \ ヽ   ヾ:-`''''' ̄







99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 06:19:45.43 ID:4OUFPWSC0

',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー,
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::       「君、怪我は。今救急車を呼びますから・・・」
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ        いつの間にかドアのところには3人が揃っていた。
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、,       白Tシャツの言葉に、圭一は慌てた。
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、







100以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 06:22:49.46 ID:4OUFPWSC0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !     「いや、いい。救急車なんかいらない。
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !     どこもたいした怪我なんか・・・」
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/      ”たいした怪我なんかしてないから”。
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃        そういうのが、ひどく恥ずかしいことに思えた。
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/        怪我をしていない筈がない。5階から落ちたんだ。
     ヘ   ! \   !.                   /  /      普通なら死んでる。
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"! 
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.           ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 








101以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 06:26:13.72 ID:4OUFPWSC0

                 __
            _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
         ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
          /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
      /       | 〉    '.   i     Y  |
     /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.       風邪ひきと目が合った。彼女は途方に暮れた顔をしていた。
.     / i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉      礼と謝罪を用意していたのに、不測の事態でその言葉を
    | |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉      見失ってしまった、そんな顔。
    | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ
       |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',
      ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
       ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
         |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
            、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
            ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
        rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /
.        / | }′   .l,/´_ `ァ' /      //,.'
    ,r ´  | |    ,′   `ン/      ///
    r'|     | |     |    //       ///






102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 06:28:17.64 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l     「俺、帰るわ」
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l    ぽつりと圭一は言った。誰も止めなかった。
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’ υ |::::::::l:::|::/ 
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l





103以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 06:30:31.61 ID:4OUFPWSC0

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\       ここまでが一区切りだお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |              |
  \               /

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\     あっ、それからもう気づいた人もいるかもだけど
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   これはオリジナルじゃないお、ある本を題材にしてるお!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  シシシシシシシシッ
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|
  \          /





104以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 06:37:46.39 ID:NsEO4eci0

乙、おもしろかったんだが次はいつごろ?





105以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 06:44:21.72 ID:4OUFPWSC0

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    楽しんで貰えてなによりだお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\    次ですかお?うーん、これ原作が今投下したのの
 |        ̄      |    かるく”10倍”あるんですお
 \              /

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    あるさんで途中止まりるし、正直やりぬく自身が
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ありませんお
  |     (  (      |
  \     `ー'     /

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\     いっそ未完ってのはどうですかお!?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   あとは原作をお買い上げ!(え、ダメ?
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /




107以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 06:49:07.53 ID:ar2+Y7Z20

ホラー系はやる夫では珍しいから続けてもらいたいけど、
司会以外でどこかにやる夫を出さないと「これってやる夫スレじゃねーじゃん!」って言うのが確実に出ると思う

時に原作はサウンドノベル?





108以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 06:56:57.82 ID:4OUFPWSC0

       ____
     /      \       確かにその通りですお。
   / ─    ─ \     どこかでやる夫を出さないとやっぱり示しが付かないですお。
  /   (●)  (●)   \   どこかできっと出しますお。
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   原作はズバリ、ライトノベルですお!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /

        ___
      /      \
   /          \    最近ギャグ路線でやる夫スレは進んでいたので
  /   ⌒   ⌒   \  こういったのがあってもいいかとおもったんですお
  |  /// (__人__) ///  |  まあ、これがやる夫スレかどうかはおいといて。
  \              / 


 



106以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 06:44:58.79 ID:h6Yz4rk80

朝から胃炎で痛いが、支援





109以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 06:57:29.73 ID:h6Yz4rk80

sえん





110以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 06:59:34.38 ID:4OUFPWSC0

      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\    >>106>>109ちょっと待つお!
  |       |r┬-|     |   まだ続きをやるなんて一言も言ってないお!
  \     `ー'´     /    支援されても困りますお!

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\   出来れば投下中にその支援を欲しかったですお
 |        ̄      |
 \              /





111以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 07:00:53.34 ID:LvsL5+cQ0

私怨





112以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 07:01:20.41 ID:dydtS7R10

支援





113以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 07:01:51.90 ID:YlojBgzJ0

紫煙





114以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 07:02:19.53 ID:YWV8fQ+W0

四円





115以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 07:02:53.21 ID:JGQ0OV5z0

しえん





116以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 07:03:31.30 ID:Y9eBkMgg0

支援





117以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 07:04:21.41 ID:dRkq4FK/0







118以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 07:05:01.74 ID:dRkq4FK/0

紫煙





119以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 07:05:20.08 ID:4OUFPWSC0

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \   >>111-118 ちょっとまてこらぁああああ!!!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   お前ら今までずっとROMに徹してきたくせに
  \    |ェェェェ|     /    ここぞとばかりに書き込みやがってぇえええ!!!


     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |    ま、まあ、どうしてもっていうならやらないこともないお
  |    ー       .|    ちゃんとお願いしてみろお
  \          /





120以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 07:06:43.28 ID:ar2+Y7Z20

         ,. -―..'´ ̄`丶、
         , '....::::::::::::::::::::::::::::...ヽ、_
       /...::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.ヾ`                調子に乗るんじゃない
       !..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.:.ヽ、 , -y'´`>― 、
      'イ::::::、w,.:::::::、:' ^':ィ:::::::::.:.:.ト:ン':::/::::/::,ィ>‐`ー、
      {.::::=, 、= 彡 、ミ::::::::, '´`ー'゙ー(__ノr':::ノ_::::::..\
      'ヘ:::::':^:'::::::::::´~`:::::::::/,','/ /  , i  , |liT´、`ヽ:::::::
        、::::::::::::::::::::::::::::://イl /l /| ! j| |l|l|トi 、i|l、ヽ:::
         \:::::::::::::::::::,.::///l|l,/!l_,'ィ|l /,ィ^ト、l_|lil|lトli',::
        /:丶、:::::::::ノ:/イl|l-リ土lZリ! //::,」Ll二`i||lliトl::
       /.:.:.::::::::``:.:.:.:{:lハ!|l|リィ'で.)ヽl/ {:::'_で.)_ンi|lリリ||l::
     .:.:.:...:::::::::::::::::::::::::::i}:.:川'=竺( ̄`)=キf´ ̄)竺リ川ハ!:
     :.:.`:.:.:`:.:.:‐:.:-:.:.:.:.:.:.:{Nlj .:.:.:`u'´ ,ヘ `.:.:´:.:.uノリlィリ:
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::lヽι  _,. -、__,. - 、  /'ノ:::::
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::``'、,:にニニニニつ} /'´:ノ:::
         :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::ヽf`´二ニ二`"´.イ:::f´::::::
          ::::::::::::::::::::::::::::::}::::l丶、    /! | r:::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::ノ! ヾ ― イ :/ 、ヽ、:::::::
           :::::::::::::::::::,. '´ ′ ヽ  .:ノ!  `` ‐-





121以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 07:07:36.88 ID:4OUFPWSC0

     |  |   |   |
     _||_||__||  ||
    (__/   `ー――
   (___/  r
    (_レノ)\   ___
    (__/__/
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

     //ノ ̄ ̄`ヽ、// // ////
     / ´`ヽ _  // // //
     (--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄///
     (  ...|  /!
     (`ー‐し'ゝL _
     (--‐‐'´}    ;ー------
     `ヾ:::-‐'ーr‐'"_
    _/⌒  ⌒\_
  /:●))(__人__)((● \  ぐぇあ
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'┃     /





122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 07:08:30.99 ID:4OUFPWSC0

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \        わかりましたお。出来る限りやらせてもらうお。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \      でもちょっとさすがに疲れたお。休憩が欲しいお。
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /





123以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 07:09:28.31 ID:h6Yz4rk80

>>110
朝起きたての、リアルタイムの遭遇だ! 1よ、これも神の思し召しだ。
一緒に胃炎(支援)を楽しみながら、投下しよう!!




124以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 07:14:10.46 ID:4OUFPWSC0

            ____
  +        ./ \  /\ キリッ    ということでちょっとモーニングセットを食べてくるお!
        / (●)  (●)\      それまでこのスレが残ってたらまた続きやりますお。
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \    >>123一先ず休む事を薦めますお!
      |      `-=ニ=-      |    では!
      \      `ー'´     / +





125以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 07:14:46.95 ID:h6Yz4rk80







126以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 07:21:05.80 ID:ar2+Y7Z20

    :    |
    :    |       ニ コ ッ
    :    |三>―- 、
    :    |彡彡彡ィ::::`` ー- 、
    :    //,イ´シ'´ィ彡彡'´ィミミ丶
        /////////ィシ、ヽヽ
\__  /////,イ//ィノノ/´ミ{fヽミ',ヽ
彡彡彡∨イノィf////ィ彡ィ/   |li|トiNlil|   楽しみにしているよ
彡彡イ/,イノノリ//,メ、!,'/     }ihl|lトh!li
インノ/イf//ィ彡'//==x'<_::::........  // !{l}jj}l|
彳ソィ彡'ノノ彡イiリ /卞'シ"i:.! ,::::::// li|liリ'ili|
ノイ彡彡彡イ!lil|/  /    !/、=ミf、ン´/lf{ jli|
彡彡イjiシ'´,ノリリ  /    ':!.:`丁/ノイハヾj|リ
ィリ/ィメイli,ィ彡" /       |   !イノノハlヾYi
//'´7Zィ'彡'´^メ、_  'ー--' /{イ//ル'ノ,イ!
/ ,イ彡7ィ', / 、 ` ‐ 、_, ///lV/リイr'iリ |
 /;ツ'´イルイィ, ,、ン;-、_, ,イィノノハliW/小'ノ ,!
、jl/  ,ィシイ彡シノノル、,.ィ'frシノノ//ハliliリ|}{{ (
/ヽ、fr' '7シ'ソ/ハツノノ八{lili/'ノノ/ 川{ l八! ',
   メ、 /  '"ン'ヾツノ ノノリ',/// /ノハ!(  ヽ ,!
 / 了   | f{! /ソノノイ/,イノリリ} ヽ. ソ





127以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 07:45:51.45 ID:4OUFPWSC0

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\     充電完了!!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /

       ____
     /      \
   / ─    ─ \      それから続きを投下する前に、エピローグをまず投下させてくれお。
  /   (●)  (●)   \    まさか本当にやるとは思わなくて手を抜いたお。すまんお。
  |      (__人__)    |    
  \     ` ⌒´     /

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |       べ、別に支援なんかされても、うれしくなんかないんだからねっ!
  |    ー       .|
  \          /

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |   チャンネルはそのままでお待ち下さいお。エピローグ、開始だお!!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |




129以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 07:52:15.76 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、         取り逃がした。と、彼は簡潔に報告した。
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;         深手は負わせた。だが万が一ということもある。
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl         見つけ次第連絡してほしい、それだけ言うと彼は
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !         電話を切った。
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/              「万が一、か」
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、      一人ごちてため息をつく。万が一だ。
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\     冷静に状況を判断した上での答えなのに
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ      それは胸の中で落ち着いてくれなかった。
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 





131以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 07:55:09.11 ID:4OUFPWSC0

                      .......::::::::::::::::::::::.........
          .......:::::::::....  ..:::::::::::'''''''         ''''':::...:::::.......
         :::::     ::.::::'''     ................................     ::::::    粘着質で、嫌な感じのする<モノ>だった。
         ::::           :::::'''''        '''::::::::::.........:::    仕留めたと思ったのに逃げられた。
        :::::         ......::::::::                    諦めが悪くてしぶとい。
       ::::::         :::                        だからもう安心だと思い切れないのだ。
      :::  ..:'       :::                       
     ::::  ::::       ::
     ::  :: ::      :::
    :::  ::.. :::      ::
     :::  :::..::     :::




139以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 08:05:12.65 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、        それでも、奴はもうそう遠くないうちに力つきるだろう。
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;        まして”食事”する力など残っているはずがない。
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl        そんなことをしようとすれば逆に・・・・・・。
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /          逆に?
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._          彼は苦く笑って首を振った。馬鹿げた想像だ。
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、     風が彼の体を撫でて過ぎた。
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\    ビルの屋上からたくさんの人がいるな、と彼は思う。
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ     そう思ったあとでまだ昼間なのだと気づく。
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /     夜になればまた別の騒がしさで包まれるだろうけれど、
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |       それにしても。
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、    時も待たずにうろつく<モノ>など、どだいまともじゃない。
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 




142以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 08:16:19.37 ID:4OUFPWSC0

 l i  .::::l  .:::::::::::::ヽ :::::lヽ::::|  __\:::::::::l::\:::::::::::::::::::::::::::::::r‐丶:::
 |イ .::/l .:::::  ::::∧ :`|`ヽ:l ̄    :::::\:::::|::::::\:::::::::::::::::::::::::r:::::::l:::
  | /  | ::: /| ::::| lヽ :l ::ヽl    _ _:\l:::::::::::ヽ/::::::::/:::::|::::::ノ::::  傷だらけの体を見てあれこれ問い詰めてくる母に
  l′  l : / l ::l | ヽ| :  ̄  ̄   ::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:、::::l:/::::::  言い訳する気力もなく、大丈夫だからと言って
     ヽ /  ヽ:|  l           :::::::::::i::::::/::/l:/::;-∨::::ハ::::  圭一は自分の部屋にこもった。
      /    ヽ ノ           ::::::::::u://::;;;/─'''\::/ |/  「一体なんだってんだよ・・・・・・」
            l            ::::::::::::::::/: : : :/ ̄⌒```    
            \      _,,, -‐っ::::::::/.: : :/ : : : : /..: : : 目をつぶると、あの異形のものの姿が蘇る。
             `ヽ、、   ヽ-‐''' ̄::::/..: : : :/: : : : /.. : : : : :  能面のような顔と青く発光する肢体。
               /`>ー----、:::ヾ:、: : : :/: : : : / .:: : : : : :  それが圭一を飲み込もうと襲い掛かかってくる。
              /  .:l: \: : : l/`::::l: ヽ: /: : : : / .:: : : :/: :   
              l  .: :|: : :/>: :|_,,,,ノ : :∨ : : : :l : : :/: : : :    ブルルッ、ブルルッ
              | :. : : l: // : : l;;;、''´ : : : : : : : :/ .:/: : : : : :  
              > :ヽ: l/: :\: :l;;;ヽ: : : : : : : : :( ''': : : : : : : : : 携帯の着信に妄想から現実へ引き戻され、体を起こす。
             r''′ : :ヽ : : : : :`ヽ、l : : : : : : : : :|  : : : : : : : :  メールにはただ一言『窓』とだけ書いてあった。
            ノ    : :ヽ: : : : : : :(:: : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :  窓のカーテンを開けると間近に建つ隣から、
            /    : : : :\: : : : : :ヽ : : : : : : :∨ : : : : : : : :   竜宮レナが手を振っていた。
           /    : : : : : : ヽ: : : : :ヽ : : : : : : :l .  : : : : : : : :
           /    : : : : : : : :丶 : : : :ヽ : : : : : :l :: : : : : : : : :
          <    : : : : : : : : :∧: : : : :ヽ : : : : :l : : : : : : : : : :



144以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 08:20:06.72 ID:4OUFPWSC0

 ./            ,            ,      ゛'' - ,, ,,,,, L, - 〆
 l     ./      /     /      .l:.,/i,        丶--- ''"
 l     l      .l     /      .ト ;;;;:i,   i      ヽ
 l     l      .l    / l    /  /  ゛.l   l  ゛,  'i,  'i,.  「ほんとだ~。お化けに出くわしたみたいな
 .l     l      l   ./ __l   /.l  ./   l  .l   i  i,  i,.  顔してるね、圭一君!」
 .ゝ    l      .l  .''' ."""''' k l ./    l  /   }  i,  .}  レナは笑っていたがそれは的を射た発言だったので、
  ゛    .l      l  l'   .'i / l /   ,,_ .l  /   .l   .l  .l.  圭一は思わず身を固くした。
  'i,    .ゝ     l\ l ,, ,, _ヽl /"    .7',,./l   ./   l.l  l.  
   l , ,    "i,    .l.,;-====ii,,'゛ "     ///  ,/ i  ./ .l /.   
  /,l/l     ゛i,   ." ゛   .゛     ,, ,, /" ./ ,/ ./  ./ l /.   
  / l l   ,   ゛ i.、 ゝ .        '"'ヾ_.,," ." ./  ./ /".    
    ゛-,, .l     ゛,ゝ,\       ,.   ゛./  .ノ.丿./      
      .\.N     'i,.     i'' .- .,    ∠,,/ /i".       
       ヽ''i,     i,    ゝ_,ノ    ノ.、     l
         >.、    'l゛- ,_   _,,  - '"  ゝ    .l
         ノ:::::゛ヽ、  'l. /゛- ''       \ i,  .l
       ,,ノ:::::::::::::::\  ト-゛l          ヽl'i,  l
  __ _,, - ''" ゛ゝ ;; -;;''';''\ 'l, i;;''""'' 、_      .l 'l, .l
-""      ,, -" ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.lゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛-i ,,__    i, l
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.i  ゛ヽ,,  l"







145以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 08:21:39.54 ID:4OUFPWSC0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/      「なんだよ」
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/
     ヘ   ! \   !.                   /  /
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"! 
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.           ヽ|ヽ ' !\       ____      /  ィ
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 




149以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 08:28:45.33 ID:4OUFPWSC0

                ∠           \
               〈   __         \
           ,r=ニ",二ゝ⌒>、_\           \
            ///    /     \\        ',      「ん。帰ってきたとき、ちょうど家の前で小母さんに会ったの。
         //  //  /   /   /\\        !      そうしたらすごく心配してたから」
.        〃  //  / / / /    /<.!||/\\       |
        /  iイ // 7¨7/  /-/ ヽ-、 >、.\    !      レナは軽い口調でしゃべっていたが、
           |!i ! i |><.lイ  / / \   ソ !\\ | ハ     本気で心配しているのがその目からうかがえる。
       _, -イ´>i、l l/ハ |  /|/=tミ、 \//   \i   ',     圭一は少し口元を緩めた。
      /x-‐'´ / \| i_rj iハ/   /_ハ彡イ  /   |   !    彼女は昔からそうだった。
     //~   /    ト、``    | i::j: 》/ /   /!  ノ    レナと付き合い始めて二年ほど経つが
    〃  / /  ∧" ´_   ゙ー'`/ /    //-‐'´     その気質には幾度となく助けられてきた。
    /   / /    /! \ ヽノ   ""/      /リ
        / //  //   >ー┬/  /   /
      i / i/!/  i_ ,-‐<__/  / / ̄\
      |/        /|: : :=/ /`フ、/   \ \
              ! i: :/|/ /: : : !/    /  ̄ \
 ∠ ̄ ̄` ー─- 、_ ,─+ク: : /イ: :/: : :\ /      ',
/::::::\: : : : : : : : : : _, -‐彳: : / / /: : : : : : : >:       i
|::::::,-‐i: : : : : : :/  /: : : / /: : : : : : : :/ |: :      |\_






150以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 08:31:18.87 ID:4OUFPWSC0

  /: : : :.i: : : : : : : : :.:.l、: : : :l: : : : : : : : : : .:. : 、: : : : : : : : : i
  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l   「大丈夫だよ。別にケンカしたわけじゃない。人助けだよ。
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./   かわいい女の子が階段から落ちそうになったんで、
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃f::゚ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/    助けようとしたら代わりに落ちたの」
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l' 弋/ ,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、リ   ´  , :/ l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     ヾ \il
       \.i. \:.:ノ._   /            `i
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨ヽ
.                 /  i  l l     , '
                 i /l / .l   /   ,, --




152以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 08:35:57.94 ID:4OUFPWSC0

           _     ',             `、
        ∧ /:\    ',    i         `、
        l::::::、-''''',    ',    i          `,
     l   l     ',    l、  .:i:.       ',.  ',
.     l  .l      l   ハ  .:::ハ::.    .   ',  l
  ::.   ハ  l     l  / l..::::/ l::.   .:::..  :l  l   「なにそれ。しまらないなあ。せっかくヒーローになれるチャンス
  ::::.  l `、 l _, -''  l  /` 'lー:/ 、l:::.  .:.:::::i:.  .::l', l   だったのに、自分が落ちてどうするのかな、かな?」
.  :::',:::.. .:l- ''ニ-─   l /  ̄ニ-  l::::. ..:::::::i:::::. .:::ハ/
::. :::::'、::.::l , ,'`、lし`''  .l / ´/:::::( \/:::::,:::::::/l:::::.:::/    レナは馬鹿にするような口調を装ったが、その表情は目に見えて
:::::..:::::::`、::',/ l:::::::::::l    '´  l:::::::::::l / >/:::::/ l:::::::/     ほっとしていた。緊張の糸が自然にほぐれ、なんともなしに
::::::::::::::::::::<. l:::::::::/      l::::::::://:::/:::/ ,':::::/      圭一は質問していた。
':::::::ヽ:::::::::ヽ _`--´'      `ー''//:::/、 /:/
`i:::::::::`' 、:::::\       `     ' l/:  ',
..ll`,:::::::..''''''` 、`、    ー -    /:::::::.   ',
  ',::::::::..  `, 、,          /:::::::::::.   ',
   ' ,:::::::..  ', l `' .、    ,, -''´\:::l::::::::::.  l
    ' ,::::::..  'l   ` '''l´ \   \',::::::::.  l
  _,,-´',::::::.  l      lヽ l  \- 、``、::::..  l
_,-´    ',::::.  l       l     /`/、:::  l
 \    ',:::.. l、   _,,,,,,,,,l    / / '、::.. l
\  `ー、  ',::: l\ ´_,, --l     / / / ',::. l
`'' ` -、ミ  ',::: l  \_--/   // /   ',: l




155以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 08:39:39.53 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l 
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l        「レナさ、何か変なもの見た事ある?幽霊とか化け物とか、
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l        そういった類のもの」
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’   |::::::::l:::|::/ 
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l
>>あまり投下中にこういった返答はしないほうがいいのかもしれませんが、
  それでも、支援してくださっている方、本当にありがとうございます。





156以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 08:42:53.88 ID:4OUFPWSC0

.  / ′ l   l        .:;' {  .:.:.:|      | :.:.:.:} l:.:.:. |、:.             i
_,.イ  |   |   |      .:.:| { :.:.:.:{     |:.:.:./  }:.:.:.:| ヽ:.:.        }   |
  l   |   |   |   . : : .:.::! ヘ. :.:.{、 、 .. -─…¬:.:. ト、 j!          |
  l  |   l   l  : :{: : .:.:|_,. へ、:', \   jノ,.ィ'"示}:.:メ、, !        ,′ l    「え?う~ん・・・、直接みたわけじゃないけど、
.  '.  l,   l   ヽ : :{ /{ ,.ァュミ.\'.     '’{ノ::;;;j:;ハヾ}│!       /   ′   見たっていう話は最近聞いたよ」
.  '. l 、  ,    丶 、 ', V/ru;心 \     マ夊;カ:::}   り     /   ,′
    ヽ! ヽ ヽ.    \\:ト{ ':: trら         ゞ込少  /   /    /      レナの声のトーンが落ちた。
       ヽ  \     \ '、 乂炒'               /  /    j/       怪談を語るとき特有の
          \  ` 、   \       !:.       /_ . イ:.:..     八       ゆっくりした口調で話し始める。
          \ 〃 ` ー-.:ヘ.      ‐-       ,.イ/:.:.: /: 〃/
             /   .:.:.:.:.:.:.ヽ、             / /:.:.:.:./: /: /
.           ,′   .:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.|.:l:┌-  . _ ,. '′ ':.:.:. /: /jノ¨ 'フ フ'" ̄ ̄` 、
          l   |:.:.:.:.|:.:.:.::.:.:.:レ'"´_」レ'::.::.::.:ヽ.   |:.:.:./: /::.::.:://′      \
          |   .:|:.:.:.:.|:.:.:.:/rf'"´.::.::.::.::.::/ }  |:.:./!:.:/::.::///
          | l  .::|:.:.:.:.|:/ |::.| |::.::.::.::.::.::.:{ . -- 、|:./ jノ:://.::/
          り! .:.j:.:.:.:/l   |::.| |::.::.::.::.::.::.:{==== l/::.:://.::.:ノ





157以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 08:46:18.67 ID:h6Yz4rk80

>>155
気にするな。 
スレという劇画は、演出する1と見ている観客の双方向で成立しているから……
どちらが欠けてもイカン。

ので、支援!




160以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 08:51:12.89 ID:4OUFPWSC0

   /                             ヽ
.  /                           i
 / /                .:. ..       |    「ほら、駅前の『カンシオン』って喫茶店あるよね。あの店の前でね、
.//|:::              :/  /:::.:::|:.       |    以前交通事故があったんだって。雨の日で、タイヤが滑ったらしくて
   |::         .:/|    :!:  |ヽ/|::       |    女の人がはねられて亡くなったの。それ以来、雨の日そこを通ると
   |:::     :|   .:| |:.   ::l:::: !   |:: |  /     |    その女の人が他の健康な足を持った人を襲うんだって噂があるの」
   |::::.    :::|___::| ヘ:. :::|!:: |  _,|z;!-/:  |  !
   |::::::.    :::ヘィf斥ミぅz.:::|ヘ:: |ィチぅ|ラ|7::::  / ハ|    俺は思わず嘘くせぇと言ってしまい、レナはせっかく圭一君のために
   ヘ:::l、:.  ::. ::::マ´弋zシヽ:l ヽ!弋zシイ::::  / |     話したのにと俺を恨めしそうに見やった。
    ヾ ヽ:. :::::::::\|ー一    ,   ̄´_7:;/   |
     / \:::|ー--ゝ    ,_、   /´::::::  ハ
     .′ .::::`:::::::::ト、:> 、    ,.イハ::l、:::::::.   ハ
      l  .:::::::::::::ト、|  X´|   ̄ |`\ ヾ \::::..::.. ハ
      |   ::/::∧| / |ノ      `!  \   ヽ::::|::. |
      |  :::|::/ _/   ハ       j   `>、 ヽ!::: !
      |  ::ハ|´―- 、   マニニミ/   / /\ヘ::|
     ヘ. ::| ̄ ̄下、 \ ヽ.  /  / .イ     ヘリ
      ∧:|    ヘ. \ \_ム._/_/ / /  /   i
      i ヾ  l/   \_` ̄_フヽ ̄´ _/   Y    !
      |     :i        ̄ }--{` ̄     l:    |




163以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 08:56:28.19 ID:4OUFPWSC0

  /: : : :.i: : : : : : : : :.:.l、: : : :l: : : : : : : : : : .:. : 、: : : : : : : : : i
  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l  「いや、悪い。別に嘘だと決め付けてるわけじゃねぇよ」
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃f::゚ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/  弁解口調でそう言うと、レナは驚きの表情になり、
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l' 弋/ ,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   それはやがて怪訝そうなものへと変わった。
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、リ   ´  , :/ l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'    余計な事をいったかな。
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l    そう思っている反面、あれは決して”幽霊”なんかじゃないとも
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     ヾ \il     思っていた。あの異形からは、恨みも憎しみも感じなかった。
       \.i. \:.:ノ._   /            `i
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..  ただ感じたのはそう、貪欲な『食欲』だった。
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨ヽ
.                 /  i  l l     , '
                 i /l / .l   /   ,, --




166以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:02:50.65 ID:4OUFPWSC0

               ___,,
            ,,-''⌒...................``丶、_
          / ::::::::::::::::::::::::::::::::::   ヽ
         / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::ヽ    次の日、学校で同じ塾の友人から昨日のことをそれとなく
        / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::ヽ    聞いたところ、エレベーターの故障事故があったことになっていた。
        / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......:::::::::::::::::l   エレベーターの一階、五階、”八階”のドアが開いていて、結局性質
        l :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:|   の悪い悪戯と言うことになったらしいかった。
       ,,,l : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:l
      /..ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:| /     「八階のドアも開いていた・・・?」
      /....,-ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /⌒i
     ヽヾ....、、> ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ノ....... \
      ヽヽ..>イY\,-‐'''  ̄ ̄```ヽ/................ ヽ
     /.ヽヽ{└|/_: : : : : : : : :_,,\、---‐‐‐ミ、、、
    ,,-‐'''''⌒ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶ミ>、、
   /   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ヽ、 _
  /  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ........ヽ
  /  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }........... i
 ∧  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : /...........丶
 | ヽ  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : /......... /





169以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:07:41.68 ID:4OUFPWSC0

     /                   ヽ、
    /                      ` ー- -ーァ
   /               ィ           、-ー '´  「圭一君~!私の話ちゃんと聞いてるの~!!」
.  /               /.:.Vi          ヽ
  l           .:/  :/ヽ;.|:.ハ   !        、  アイスミルクティーを飲みながら不満たらたらでレナが抗議した。
  |        .:l  .:ハ  .:l  `  .l:   |:.    、   i  今、圭一はレナと二人で『カンシオン』にいた。
  ',     ,  .:ハ .:.l ヽ .:.!     !:. _,./:.:     \  |  学校帰り、腹が減ったと言って圭一がレナを連れて
  !     l  `!-ト、,|__,X .:.| ヽ _, -l'゙/!:.: , .:.:.  | `、 |  無理矢理入ったのだ。
  ヽ  ',   ト、 Xィ'ヘ f_ハ ヽ ! ィク::/ハヽ/:. /.:.:.:.  !  ヾ
   l  ヽ   V,イ|::::ヾ::!  `   i::::::::l ハ/.:.:.:イ:. /
    }  ..:\ ヽヾ;ヒ=ノ      弋;=イ´ブ.:.:./ |:.. /
    l .:.:.:.:.`ー ゝ ̄     _'_   ̄/;ィ'. ヘ //
    / .:.:.:.:.:.:.;\      i l    ´ノ:.:.   ヽ
   l  .:.:.:.:.:.:/!.:/::`>- ,__`´,. ィ< ヘ;.:.:.:.:  ヽ
   |  .:.:.:.:.:///:::::::::ヽ     /:::::::ヽハ;.:.:.:.:..  i
   |  .:.:.:.:/ヾ \:::::::::Y彡三ミ!:::::::::/ / \:.:.:. |
   |  .:.:./ \\\:::::ヽ::::::::/::::/ イ   X:.:. |
   ヽ .:./    \\\:::ヽ:/:// /    l ヽ/





171以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:10:47.64 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l    「昨日お前が言ってた怪談話の舞台、その辺だろ」
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l    圭一は窓の外を指差した。レナは示す方を見た。
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’   |::::::::l:::|::/     その表情に特別な変化は見られない。
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l




174以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:13:54.94 ID:4OUFPWSC0

  /             ∧ ∧         \
. /              .:|、.:l;..ヘ   |       ヽ
 l           l   .:.!    |   |:.         ,
 |        |   .:.ト  .:|    !:..  |:.   |  、   |
 l        |  .:._|_ヽ :.:|  -ー '|' ーメ,!:.   ! .: |ヽ  |    「うん。なんだやっぱり気になるの?でも今日は
 ヽ       !ヽ'゙´.:|--ヽ !  ,=|≠、 |:.  /:. .:.:. | ヽ !    雨降ってないから出ないんじゃないかな、かな?」
         ,.|'゙,X ´|テミ ヽl   |::::`:} メ イ:.:. .:./: !  ヾ
  ヽ       ∨/|ヽ!:::::i    ヾz:ソ ゙ 7´.:.:.:/!.:/       まいったな、と圭一は心中でつぶやく。
   ヽ      ヽ! ヾ=zノ     ─ '/ー 'ハ |/
    l      \l_ ─ ´  `    ´ 7:.:..  ハ
    ヽ| ` ー-- t `ゝ    '´   /:.:.:.:.:.  ハ
.     |  .:.:.:.:.:.:.:.:`t 、 _     ィ' ヽヽ.:.:.:.:.. ハ
      |  .:.:.:.:.:.:.∧|   l`  ̄ !  ヾ\:.ヽ:. ハ
      | .:.:.:.:./!/   ィt'|    l=ミ 、   \ト;. ハ
      | .:.:.:./ |l , ィ'゙:::ベ   _  `|:::::` ー-、 ヽ: ハ
      | .:.:.:.:バ´::.:.:.:.:.:.:.ヘ ,ィ´ -`ヽ,|:.:.:.:.:.:.:.:.:/^ハ: |
      | .:.:./\\:.:.:.:.:.:.:.:ヘ彡'´`'、/:.:.:.:.:.:.// ヽ,!
      |.:.:/   \\:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:./.:.:.:.:///    |
      |.:/     \\:.:.:.:.:ヘ:.:./:.:.:// /    |




178以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:18:58.18 ID:4OUFPWSC0

              :ill||||||||||l:
             :i|||||||||||||||
           /''';:|||||||||||||||||l:、
          /:i  :||||||||||||||||i `'!
          / :|  :||||||||||||||||||l ノ!        通りを挟んだ向かいの電柱のよこには
          | ヽ |||||||||||||||||||| :|        長い髪をしたずぶ濡れの女が道行く人を
          ! !;ヽ:||||||||||||||||||||!; |        恨めしそうな目で眺めていた。
         |  |/|||||||||||||||||||||;
         |  .|/||||||||||||||||||||; |_
          'ヾ‐イ:||:|l|l|l|l|l|l|ll|||||'
         ::::: | |;:|||||:l|:l|l|l|:l|:||||| イ
         :::/ };|||||||||l|:l|l|l|:l|:|||.ノ
          !川!;|||||!l|||l|:l|l||||ー'‐
          :!l.|ノ      / ./
           |:::      ノ }::
           |:::      川リ
           |::::      |
          :.:|:::::      |:.:
          :.:|;;;::::      .|.:.:.
           




181以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:24:33.46 ID:4OUFPWSC0

|: : : : |: : : :_._,|:_:_: /      |: : : /: : : : :    . : イ: : : / l: : : : . : : :
|: : : : |: : : : :!1 ̄7 =-、 ._   !: : / |: : : : :  . : ://: : :/   !: : : : : : : :
|: : : : |: : : : :l ≧'=ォ-..、ヽ \_|: :/ |:ノ: : : . : //: : :/   l: : : : : : : :  帰りはその女を出来るだけ避けて帰るようにした。
l: : : : :. : : : : l | /::::::::::f>、_>!: l イ: : : : : : ∨_/: ∠三 =l: : : : : : :   何故自分にだけあの女が見えるのか。やはり先日の
ハ: : : : :、: : : : ト弋>__,:::ノ  ` V  |: : : : :/,> '::::::r-;ヾ.v': : : : : :  .   事件が関係しているのか。あれこれと考えてうちに
 '、: : : : ヽ: : : :'. ` ̄ ̄ ̄>―   |: : /    {r7_,::ノ  /'′:/: : . : :   ふとお腹が鳴った。
ヽ `、: : : : ト、: : :'.           j/   ` ̄ ¨¨  イ: :/: :  /:/:
: : i` ト. : : :! ヽ: :'.            :       J //: : : . //: /  「腹へったなあ」
: : l: :| 、 : |   \'、           i      u .ノ´: : :_: : ´: :/j /
/、: |  、: | u   `/_ -― 、__    '′     /_ ィ´: : : :/./ /
  ヽ!  ヘ:|、    〈ー- 、  ` ー-- ィ   -≠ , ′ j : : / //
        \   ` ー--  ___ ノ     /  /: /   /'′





182以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:27:17.72 ID:4OUFPWSC0

     / '               ,、 ,、           ヽ
    //               厶∨;ム           ',
 _,.イ _/        '   /  .:/   "´|               l
 ̄  /         |   .:{   .:::l     l::.   /          |
   '   ,    l  .::l   .:::li  :::::|    ,' :::. , イ    j:   l |    「え?さっき圭一君チョコレートパフェ食べなかったっけ?
.   l  ::l    | .::::ト :::::ハ .::ノ|  、 ,/:::./ i  .:,':::   ,' l     それもお代わりまでしてたような・・・・・・」
.   |  .:::| :    l.:::::::|_ヽ_;;! ィく.::::!  `/::メ、_  | .::/::::  / ,'
.   |  ::::! :::.  ハ::::::l ´丈≠ミ\{  /イ テ≠ミ!、:::/::::::  / /
    l  ::l| ::::::..  ヽ::レイ_j:::::::::}     !_j:::::::::>∨:::::  / /
    ! :|ヘ :::\: .   ヽf代 ::::_rソ     { ::::_rソ jツ::: / /   
    ヽ、i. ヽ:::::::\:..  \ゞ-‐′      `‐- '/.:::/ f /
.     `  \::::.::`ヽ、 __ \_    ,    ∠-ァ‐'´   ! {
         ヘ、\ :::::: ゝ ̄   tっ    ,.イ:::.   N
        /   .:::::`ゝ: / `ヽ ヘ     ィ<::::ヽ::..:  ハ
       ,'  .::::::.:/ l/   ,/ /´>< |   \:ヘ::::..  :',
        !  .::::ル'  ____ ィ/ '  / ,!、 |、_  `ヽ:::.   !
        !  ::/V丁 .:.:.:.:. !     ' ツ  ト、-,.:ヽー-ヽ::   |__
         |  / |│.:.:.:.:.:. |    f′   7 .:.:.:.:.:.:. ',:   !'.:.>、
       /゙l  ,'  l|│:.:.:.:.: |    /-―-、/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i: //  ヽ
      l. l  !   |│ .:.:.:.:. l   /二ニヽ/.:.:.:.:.:.:.:.:.: /| /'     l
      |  ヽ{   |│.:.:.:.:.:.j    {.:.:.:.:.:.Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ィl/       




184以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:29:12.48 ID:4OUFPWSC0

 l i  .::::l  .:::::::::::::ヽ :::::lヽ::::|  __\:::::::::l::\:::::::::::::::::::::::::::::::r‐丶:::
 |イ .::/l .:::::  ::::∧ :`|`ヽ:l ̄    :::::\:::::|::::::\:::::::::::::::::::::::::r:::::::l:::
  | /  | ::: /| ::::| lヽ :l ::ヽl    _ _:\l:::::::::::ヽ/::::::::/:::::|::::::ノ::::
  l′  l : / l ::l | ヽ| :  ̄  ̄   ::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:、::::l:/::::::     「嘘。ごめん」
     ヽ /  ヽ:|  l           :::::::::::i::::::/::/l:/::;-∨::::ハ::::
      /    ヽ ノ           ::::::::::u://::;;;/─'''\::/ |/     なんで腹へったなんて口走ったんだろ。
            l            ::::::::::::::::/: : : :/ ̄⌒```     自分にたいする疑問がさらに深まったその時、
            \      _,,, -‐っ::::::::/.: : :/ : : : : /..: : :     圭一は立ち止まった。
             `ヽ、、   ヽ-‐''' ̄::::/..: : : :/: : : : /.. : : : : :
               /`>ー----、:::ヾ:、: : : :/: : : : / .:: : : : : :
              /  .:l: \: : : l/`::::l: ヽ: /: : : : / .:: : : :/: :
              l  .: :|: : :/>: :|_,,,,ノ : :∨ : : : :l : : :/: : : :
              | :. : : l: // : : l;;;、''´ : : : : : : : :/ .:/: : : : : :
              > :ヽ: l/: :\: :l;;;ヽ: : : : : : : : :( ''': : : : : : : : :
             r''′ : :ヽ : : : : :`ヽ、l : : : : : : : : :|  : : : : : : : :
            ノ    : :ヽ: : : : : : :(:: : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :
            /    : : : :\: : : : : :ヽ : : : : : : :∨ : : : : : : : :
           /    : : : : : : ヽ: : : : :ヽ : : : : : : :l .  : : : : : : : :
           /    : : : : : : : :丶 : : : :ヽ : : : : : :l :: : : : : : : : :
          <    : : : : : : : : :∧: : : : :ヽ : : : : :l : : : : : : : : : :





185以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:32:03.94 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l         誰かに見られている気がした。
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l 
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l        振り返った先には誰もいない。あの幽霊はもちろん
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l        事件で出くわした異形のものもそこにはいなかった。
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’ υ |::::::::l:::|::/ 
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l




187以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:35:32.91 ID:4OUFPWSC0

.  / ′ l   l        .:;' {  .:.:.:|      | :.:.:.:} l:.:.:. |、:.             i
_,.イ  |   |   |      .:.:| { :.:.:.:{     |:.:.:./  }:.:.:.:| ヽ:.:.        }   |
  l   |   |   |   . : : .:.::! ヘ. :.:.{、 、 .. -─…¬:.:. ト、 j!          |
  l  |   l   l  : :{: : .:.:|_,. へ、:', \   jノ,.ィ'"示}:.:メ、, !        ,′ l      「圭一君、昨日から変だよ」
.  '.  l,   l   ヽ : :{ /{ ,.ァュミ.\'.     '’{ノ::;;;j:;ハヾ}│!       /   ′
.  '. l 、  ,    丶 、 ', V/ru;心 \     マ夊;カ:::}   り     /   ,′      思わず苦笑した。
    ヽ! ヽ ヽ.    \\:ト{ ':: trら         ゞ込少  /   /    /        
       ヽ  \     \ '、 乂炒'               /  /    j/        
          \  ` 、   \       !:.       /_ . イ:.:..     八
          \ 〃 ` ー-.:ヘ.      ‐-       ,.イ/:.:.: /: 〃/
             /   .:.:.:.:.:.:.ヽ、             / /:.:.:.:./: /: /
.           ,′   .:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.|.:l:┌-  . _ ,. '′ ':.:.:. /: /jノ¨ 'フ フ'" ̄ ̄` 、
          l   |:.:.:.:.|:.:.:.::.:.:.:レ'"´_」レ'::.::.::.:ヽ.   |:.:.:./: /::.::.:://′      \
          |   .:|:.:.:.:.|:.:.:.:/rf'"´.::.::.::.::.::/ }  |:.:./!:.:/::.::///
          | l  .::|:.:.:.:.|:/ |::.| |::.::.::.::.::.::.:{ . -- 、|:./ jノ:://.::/
          り! .:.j:.:.:.:/l   |::.| |::.::.::.::.::.::.:{==== l/::.:://.::.:ノ




189以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:36:09.37 ID:4OUFPWSC0

  /: : : :.i: : : : : : : : :.:.l、: : : :l: : : : : : : : : : .:. : 、: : : : : : : : : i
  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./      「知ってる」
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃f::゚ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l' 弋/ ,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、リ   ´  , :/ l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     ヾ \il
       \.i. \:.:ノ._   /            `i
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨ヽ
.                 /  i  l l     , '
                 i /l / .l   /   ,, --




192以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:43:42.26 ID:4OUFPWSC0

     /¨` ̄     ヽ
.   /          \
   /     /       ヽ ',
.  //      |.    | | ',. i
  l/.|   i ハ   ハ. l  !|
.   | i | |/:-}ヘ. ハ-l‐| } | ,    圭一は自習室に来ていた。自分の異変に気づき始めた家族と
   l | lK.i':::I`∨.イ:::i7'イハ/    気まずく食事をするならいっそ塾で勉強した方がマシだと思ったからだ。
    ∨\{  ̄  i   ̄j/ノ      席を探して室内を眺め回し、あっと声をあげそうになった。
         \ - -‐' /       白Tシャツがそこにいた。
         __ト  イ__        独特な座り方で参考書をめくっている。
        / !ノ    V \
.      /| _ヽ    /く\ト、
  ,.  '´  :l' } l  ̄//   `  、
 /  l     `¬/'        |




195以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:47:08.82 ID:4OUFPWSC0

                、 /::::::::::::::::::- - 、::`'ー;=‐
                ){::r:::v:、::::::::ヽ、:::::::::`'<,_,
               //:ト、{::::\::::::::ヽ::::::::::::::::\             向こうもこちらに気づいたようで手で
               |l::::l::|:::::\:::::\:::::::\:::::::\:::\           隣に座るように誘導された。、
               ヽ:::l:|:::l、::::::::::::::\:::::::\:::::、{⌒ヽ          周囲の目が多少気になったが
          _,、-rK"´|:\:::|_\:::ト_、_、::::::::::ヽ:::lヽ ー - 、       促されるままに席に着いた。
         /   `ヽ,}∧::::|、゚ノ ヽ!ヽ゚ノヽ::ヽ::::N      \
       /      /'  !::{、   _ _   /::/}ハj        \
      /      ヽ l l  /l:l\ ____ /j/ //  ||/      \
       /       ヽ!|   lヽ \__/  //    l |/ /      \
     /     / ̄ ̄ ̄\\\____,/// ̄ ̄ ̄\       ヽ
    /   -、 /|l  l      l ` ̄ ̄ ̄ ̄ /        ト、,r,_    ヽ
   / ヽ、ヽ‐、/ l!  l、  ヽ  l   \    / /     l|  |/ _,、-'ニ,,_ |
  l     `⌒ヽ、  l \  \\ \\___l /     |!  /ー'"     `|
  | \       ` ̄`ヽ、  ヽ l_) ,r‐/l/     / ̄´          |
  ヽ, ヽ\      / ̄`'- 、}」_¬'⌒´} /_,.-'" ̄\        //
    ` ̄`\ \ ヽ |‐ァ、     、ヽ、/ ̄´      r‐|   // ̄
        「 ̄\_」-' /\__`ヽ、l∥l| l /  __/ー'|_/ ̄
   / ̄ ̄ ̄l.   |  ̄「    `i. l} l |! l| l ! {    「 ̄´ l  ̄ ̄ ̄ ̄\
 /        l.  |  !       (/{// /ヽヽ}ヽ)   /   l        \






196以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:49:05.54 ID:4OUFPWSC0

;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::...........  .l
;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::..........ヽ.    ...l
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;:::::::::::::i;;;;;;;;;:::::::::::::...........    ヽ..  ........|     『ハイレベル医学数学』
;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::;l;;::::::::::::|、;;;;;;;::::::::............::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::;;|;;;;;:::::::::l:ヽ;;;;;;:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::::::l    「うげ」
;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::;;;lヽ;;;;::::::l:::::ヽ;;;;::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::/
;;;;;;;|、;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;|:::ヽ;;;:::::l,,.-‐ゝ-::::::|::::::::::::::::::;::::::::::::::|;;::::::/     思わず声がもれた。
;;;;;;;l:ヽ;;;;;;;;;;;;;;、::::;;;;l:::;;;ヽ''':;l/,;;;;_,ヽ、、l::::::::::::::::;;::::::::::::::l;;;:::/
\;;|::::\;;;;;;;;;;ヽ;;;;;K_;;-i;'/‐''' ̄``ヽ\i\:::::::::;;;:::::::::::::::|;;;/       「あんた、医学志望なのか?」
:::\i:::::::\;;;;;;;;;;;;;;/::: 'l/ /⌒、). ヽ:/:)/:::::::;;;;;:::::::::i;::::l;;/
:::::::::ヽ::::::::\;;;;;;;;/ ::   、、_,,.ノ  V/:::::::;;;/;;;::::::/,:::/;/
::::::::::::::::::::::::::\;;/ :  `丶、 __,,, イ::::::::::;;イ;;;;;;:::::/;;:://
::::::::::::::::::::::::l ::::ヽ         /:::::::;/:::i;;;;;;:::://|//
::::::::::::::::::::::::l ::        /:::://::::;;};;;;;::::/、_l/
:::::::::::::::::::::::,|         /;-'''::::/_//l;;:::/: : /``ー、、_
::::::::::,、‐‐-`'___,,,,、、   /''´...:: /:|;;;;/:l/ヽ: :      ``'ヽー―---、、__
:::::::/-、`--ー‐-='、ヽ     /: l;/: /: :l : :ヽ
:::::::l (、       ノ l   /:/: : /: : : : : l: : ヽ
\:::ヽ、二_‐_ー_-_,,,,ノ /::::::/: : : : : : : :  l
::::::\:::::::::::..     /::::::::::/: : : : : : :   l




199以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 09:53:38.10 ID:4OUFPWSC0

/           ',           ,.   -┼`` /
             ',      /,.. .:-ニ''"__ _⊂l  /        
             i.   〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.' ノ _ ,'.        
             l  (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.::::::つ__l         
             l ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ:::::::: ・ 、l        
             i. /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::: ・ :l        「ええ、まあ。父が病院の院長で私はその跡継ぎなもの
            !/:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ:l        ですから」
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::l          
、            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::l.       白Tシャツはさらりとそういった。
. ヽ、       _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::: <        教科書の名前欄に『竜崎旱樹』とあった。
   `''‐ーー' ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::',       
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、',         
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽヽ,        
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァiヽ、      
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、ヽ、_____
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー- ...,,;__ _ _,
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.  ,.\//
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ





202以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:00:14.92 ID:4OUFPWSC0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/     「竜崎っていうのか」
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/
     ヘ   ! \   !.                   /  /
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"! 
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.           ヽ|ヽ ' !\       ____      /  ィ
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 



204以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:02:26.77 ID:4OUFPWSC0

/           ',           ,.   -┼`` /
             ',      /,.. .:-ニ''"__ _⊂l  /        
             i.   〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.' ノ _ ,'.        
             l  (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.::::::つ__l         
             l ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ:::::::: ・ 、l        
             i. /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::: ・ :l       「そうです。そういえば、この前朝倉さんに会いましたよ。
            !/:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ:l       あなたのことを随分と気にしていた」
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::l          
、            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::l.             
. ヽ、       _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::: <            
   `''‐ーー' ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::',       
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、',         
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽヽ,        
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァiヽ、      
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、ヽ、_____
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー- ...,,;__ _ _,
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.  ,.\//
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ





205以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:04:22.79 ID:4OUFPWSC0

           __
     /¨` ̄     ヽ
.   /          \
   /     /       ヽ ',
.  //      |.    | | ',. i
  l/.|   i ハ   ハ. l  !|
.   | i | |/:-}ヘ. ハ-l‐| } | ,    「誰?」
   l | lK.i':::I`∨.イ:::i7'イハ/      
    ∨\{  ̄  i   ̄j/ノ
         \ - -‐' /
         __ト  イ__
        / !ノ    V \
.      /| _ヽ    /く\ト、
  ,.  '´  :l' } l  ̄//   `  、
 /  l     `¬/'        |





207以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:06:50.61 ID:4OUFPWSC0

/           ',           ,.   -┼`` /
             ',      /,.. .:-ニ''"__ _⊂l  /        
             i.   〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.' ノ _ ,'.        
             l  (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.::::::つ__l         
             l ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ:::::::: ・ 、l        
             i. /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::: ・ :l        「ほら、あの時の女の子。落ちそうになったところを
            !/:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ:l             君が助けた」
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::l        『風邪ひき』だ。ここで一旦話が途切れる。
、            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::l.             
. ヽ、       _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::: <            
   `''‐ーー' ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::',       
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、',         
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽヽ,        
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァiヽ、      
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、ヽ、_____
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー- ...,,;__ _ _,
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.  ,.\//
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ




210以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:11:04.47 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l      どう話を切り出すか迷った挙句、結局は共通の
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l      話題を振る事にした。
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l 
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’ υ |::::::::l:::|::/      「『カンシオン』の前に立っている女」
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl      
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l





211以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:13:43.07 ID:4OUFPWSC0

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、    「やはり、君にも見えますか」
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-   ため息混じりに竜崎はそういって
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ        「ここでは話しにくい。場所を移しましょう」
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|            そう、提案した。
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、




214以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:20:36.66 ID:4OUFPWSC0

                   ,,,,,,,,,,,,,,
                 ,,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;ik
                ,iiiiiiiiiiiiiiiiトiiiii,     _,,
                /llllハliトiiハll,jハilli    l;l
                 iiiiハ '  a゛ ` iiii  _,_,|,|_,         彼はその白い建物を見上げていた。
                 '|  -_‐-  `jk  ,ト-=y  丶       彼は胸の前で紙袋の中身を確認し、そっと
                  ヾ,_,__,.__ /i-"  `ヽ `i, ̄‐^l       その中身を足元に置く。
                  |ヽ    |iii,,   ヾ~ `  i,       周囲の視線に一切頓着せず、目を閉じた。
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,      集中して、うごめく四つの異様な<モノ>の気配を探る。
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i           
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,      彼は目を開けた。と同時に両の手を強く打ち鳴らす。
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、    空気を裂く音がして、光がはじけた。
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">--  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /




216以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:27:53.25 ID:4OUFPWSC0

           __
     /¨` ̄     ヽ
.   /          \       屋上に出る事になって、もちろんエレベーターは使わず
   /     /       ヽ ',      階段で上る。踊り場には、二人の足音だけが響く。
.  //      |.    | | ',. i
  l/.|   i ハ   ハ. l  !|     「そういや、あの強面の男の名前は知ってるか?」
.   | i | |/:-}ヘ. ハ-l‐| } | ,  
   l | lK.i':::I`∨.イ:::i7'イハ/      
    ∨\{  ̄  i   ̄j/ノ
         \ - -‐' /
         __ト  イ__
        / !ノ    V \
.      /| _ヽ    /く\ト、
  ,.  '´  :l' } l  ̄//   `  、
 /  l     `¬/'        |






217以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:30:37.12 ID:4OUFPWSC0

             , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
              ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
         / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
       / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
       ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
.       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´  
    ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._ 
   ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、      「デューク東郷」
    メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
    イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´ 
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、 
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                     /             ゙'ヽ、    ヽ
                     /              \ ヽ,     \
                        ゙|                   \ i       ヽ
                         l                 i   、.i.',     ヽ
                      i              !   ヽl ',     ヽ
                        !             ,' ,'.   ヘ : 、       \




219以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:33:33.94 ID:4OUFPWSC0

 l i  .::::l  .:::::::::::::ヽ :::::lヽ::::|  __\:::::::::l::\:::::::::::::::::::::::::::::::r‐丶:::
 |イ .::/l .:::::  ::::∧ :`|`ヽ:l ̄    :::::\:::::|::::::\:::::::::::::::::::::::::r:::::::l:::
  | /  | ::: /| ::::| lヽ :l ::ヽl    _ _:\l:::::::::::ヽ/::::::::/:::::|::::::ノ::::
  l′  l : / l ::l | ヽ| :  ̄  ̄   ::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:、::::l:/::::::
     ヽ /  ヽ:|  l           :::::::::::i::::::/::/l:/::;-∨::::ハ::::     「うへぇー、それまたご大層なお名前だな」
      /    ヽ ノ           ::::::::::u://::;;;/─'''\::/ |/
            l            ::::::::::::::::/: : : :/ ̄⌒```     半ば呆れつつ、踊場に出た。
            \      _,,, -‐っ::::::::/.: : :/ : : : : /..: : :     その時、手を打ち鳴らしたような音が響いた。
             `ヽ、、   ヽ-‐''' ̄::::/..: : : :/: : : : /.. : : : : :
               /`>ー----、:::ヾ:、: : : :/: : : : / .:: : : : : :
              /  .:l: \: : : l/`::::l: ヽ: /: : : : / .:: : : :/: :
              l  .: :|: : :/>: :|_,,,,ノ : :∨ : : : :l : : :/: : : :
              | :. : : l: // : : l;;;、''´ : : : : : : : :/ .:/: : : : : :
              > :ヽ: l/: :\: :l;;;ヽ: : : : : : : : :( ''': : : : : : : : :
             r''′ : :ヽ : : : : :`ヽ、l : : : : : : : : :|  : : : : : : : :
            ノ    : :ヽ: : : : : : :(:: : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :
            /    : : : :\: : : : : :ヽ : : : : : : :∨ : : : : : : : :
           /    : : : : : : ヽ: : : : :ヽ : : : : : : :l .  : : : : : : : :
           /    : : : : : : : :丶 : : : :ヽ : : : : : :l :: : : : : : : : :
          <    : : : : : : : : :∧: : : : :ヽ : : : : :l : : : : : : : : : :




224以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:49:32.19 ID:4OUFPWSC0

;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::...........  .l
;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::..........ヽ.    ...l
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;:::::::::::::i;;;;;;;;;:::::::::::::...........    ヽ..  ........|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::;l;;::::::::::::|、;;;;;;;::::::::............::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::l    「なんだ・・・・・・?」
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::;;|;;;;;:::::::::l:ヽ;;;;;;:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::::::l
;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::;;;lヽ;;;;::::::l:::::ヽ;;;;::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::/     そう思うより先に頭の中で何かが弾ける音がした。
;;;;;;;|、;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;|:::ヽ;;;:::::l,,.-‐ゝ-::::::|::::::::::::::::::;::::::::::::::|;;::::::/     それは音を聞くというよりも脳の中で生まれた
;;;;;;;l:ヽ;;;;;;;;;;;;;;、::::;;;;l:::;;;ヽ''':;l/,;;;;_,ヽ、、l::::::::::::::::;;::::::::::::::l;;;:::/      音のように感じられた。
\;;|::::\;;;;;;;;;;ヽ;;;;;K_;;-i;'/‐''' ̄``ヽ\i\:::::::::;;;:::::::::::::::|;;;/       そのあまりの衝撃にその場にうずくまる。
:::\i:::::::\;;;;;;;;;;;;;;/::: 'l/ /⌒、). ヽ:/:)/:::::::;;;;;:::::::::i;::::l;;/    横にいた竜崎も同じように頭を抱えていた。
:::::::::ヽ::::::::\;;;;;;;;/ ::   、、_,,.ノ  V/:::::::;;;/;;;::::::/,:::/;/
::::::::::::::::::::::::::\;;/ :  `丶、 __,,, イ::::::::::;;イ;;;;;;:::::/;;:://
::::::::::::::::::::::::l ::::ヽ         /:::::::;/:::i;;;;;;:::://|//
::::::::::::::::::::::::l ::        /:::://::::;;};;;;;::::/、_l/
:::::::::::::::::::::::,|         /;-'''::::/_//l;;:::/: : /``ー、、_
::::::::::,、‐‐-`'___,,,,、、   /''´...:: /:|;;;;/:l/ヽ: :      ``'ヽー―---、、__
:::::::/-、`--ー‐-='、ヽ     /: l;/: /: :l : :ヽ
:::::::l (、       ノ l   /:/: : /: : : : : l: : ヽ
\:::ヽ、二_‐_ー_-_,,,,ノ /::::::/: : : : : : : :  l
::::::\:::::::::::..     /::::::::::/: : : : : : :   l




225以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:54:28.16 ID:4OUFPWSC0

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、   「・・・!下から何か来ますね」
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-  二人は声もなく立ち上がり、
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``     階段を飛ぶように駆け上がった。
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ       六階フロアに出た瞬間、
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!       圭一はものすごい勢いで出てきた
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|          誰かとぶつかった。
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、





227以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:56:33.99 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i    「お前ら」
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/    ぶつかった相手は先ほどまで話していた東郷で
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//     その後ろには朝倉が隠れるように立っていた。
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ




229以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 10:59:12.43 ID:4OUFPWSC0

          /: : l        ;;;;;;;;;;,         l      |ヘ,        |
         /: : ::l         ;;;;;;;;;;;;        l      |: :;;X~      |
.        / : : : :l       ;;;;;;;;;;;;;;         l   ,、ャヒ''゙ ヘ      /
;,         /:: : : : :゙l       ;;;;;;;;;;;;;;;,         ,' l. //l: : : :ヘ,      |l
;;;;       /:: : : : : ::l      ;;;;;;l;;;;;;;;;;      ./ ;Y゙ / / ,、=三仁~フ  /l
;;;;;,     /: : : : : : ::ヘ;,      ;;;;;|l;;;;;;;;;;      ./派レ'゙ ム;;シ"~: : :l |./ ,/|l      「今、手を叩くような音を聞いたか!?」
;;;;;;;,    ./: : : : : : : ::ヘ;;,,     ;;;;;|:ヘ;;;;;;;;    ./派/|,,、≠":     l|/  /l゙;l 
;;;;;;;;;,    /: : : : : : : : : ヘ;;;,   ,;;;;;|: ヘ;;;;;;,    ./渉'゙,、il"/ :     ll|  /.l;;;|, 
;;;;;;;;;_;_,,,,,⊥;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,___ ヘ;;;,   ;;;;;|: :ヘ;;;;;;   彷'゙/I/:|/:  γ゙9  l | ,/ .|;;;l.l  
ヘ;;;;;;;;;;;, 丁~~゙゙"''ー=IIIIIIlヘー-、;;」__;;キォ;;   /": :||': : :   |a ノ  l゙ |,/ |;;;l゙
: ヘ;;;;;;;;;;;,,」;,;,;_____: : : : :~"'ーヘ;;;、=-!'゙''"l;;;;;  / : : :゙ l: : :    ゙'"  / /   |;;;l   
:: :ヘ,;/,ォ,|'''''''''''''''''''''''''==;, ヘ;;;;;;;l : : :l;;;; ,/ : : :   : : .  _,、/    |;;/  
: :/ソ";;;;|: : : : : ' ' ' ' ' ' ' :゙ヽ, ヘ;;;;;l : : :l;;; ,/ : : :   _~'"゙゙~,、         l/  
/ / ヘ;;;;;;| : : :  γ"9,   : : \l : : :l;;;/: : :.     """"         ι
・、,\ ヘ;;;l: : :   弋!ェノ   : : : : : : : l/                  
:: : :゙"''  ヘ;|: : .        _,、t''",: : :                        
l,: : : : : : : : :  ;_ : . _,、ャ*'゙ _,ィ'"゙: :           .. ,            
;;ヘ,: : : : : : : :~"''''''''"~: : : : : : : :         . : : ヘ,        
;;;;;ヘ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .       . : : : : : :ヘ,     
;;;;;;;;ヘ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .    . : : : : : : : .》      





231以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:00:49.82 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |     「聞いた。なんだあれは。だが、教室の奴らは平然としていた。
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_     俺たちだけに聞こえている?」
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ





234以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:05:25.34 ID:4OUFPWSC0

               ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: ..::::/:: |::::::   i::|./|:::.  \
              / ..:| :::::f::/::|::::|i::i|::::::: |i::: |i:::::: |.::|-、:::::|::::   i, \
            /../ヘ:::::Y:::::|::::|ヘト:::::::::| |:::||:::: i|:::|  ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
           //::::i:::>‐‐|::::::\|-|=i≡|ミ|三|ミ | |::| U |::|i::  |: |:...  i
          /'/..:::::::|:/ 仁|:::::: i::: ::|,=テ=-ヾ:!\:| ヾ  _|:ハ::  |:::|::::|i: |
        ,イ´/ ..:::::::::::|ヽ ヽ|:::::: |:::: i`!f;;r`}ヾミ `  =≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::|
   ィ= ̄...::/ ..::::::::/ヘ:::\_l::::::..ハ:::: {!=ン     ,テ卞t ヾリ_| !:||:::| |::| 「ひっ」
- ̄,   ..::::/ ..:::::::::/::::/ヽ:::::|::::::::.∧:: t       fゞkリミ ,/::::/;:;リ|_:| t;!
::::/  ..::::/  ..::::::::/::/三≧ユ=- 、::..ヘ_|  U   j `=´/`::T |/     朝倉が息を呑んで、手で口を覆った。
/ ..::::/  ..::::::::::/::∠/.:_イ ̄   ーミヽ:::ヽ  rー‐ァ   イ::::: ::|       その視線の先には長細いうねうねとしたものが
 ::::/  ..:::::::::::/ン/.:/´ /         ヽ::ヽ `´ _,.イ::::i|::: ::| |       這っていた。
::::/ ....:::::::::::::://.:/ /            、j-':::::::::::::l:::| |:: |i !       蛇?いや違う。
/ ..:::::::::::::::::/.:./  /          [   }::::::::: ::::::: |!,! |:  |ヾ|       縄だ。
 ::::::::::::::::://   /            |  /::::::::::: ::|::: | |:_!        その縄が”四本”こちらに向かってくる。
:::::::::::::::/`    |             | ,イ:::::::::::  |::: | `
::::::::::/      |  i            Y: :|:::::::|::: |::: |
::::/        | |            |: :|:::i |::. |: |
/          | ,|           | /.:: :|:::ト:: ト、 ヘ |
           | |           |´.:.:.: :t::| i:: iヘ  ヘ
           V          /.:.:.:.:.:.: :l:::| i:. i ヽ Y
           |          ,!.:.:.:.:.:.:.:.: :|::| t: |  ヘ 'i




237以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:08:49.11 ID:4OUFPWSC0

.   /       /    . /. : : :/ |: : .  . : : : : :  .i: : :  i  ヘ: . :i
   /      . ′ ___:/. : : /__  l: : : . : : : : : : : ,|: : : . l'   l: : .|
  ′     . : l   . : ': : : /`丶\!: : : : : : : : : : : ハ: : : : ,′   '. : !
  {    :/  : : l   : :7: : / __  l: : :A: : : : : : :j '. : :/____!: L     答えは明らかだった。
  |   . /  : : : !  . : :lj: /三 =- 、、l: : ハ: : : : : : ト、 |: :j_.. - ´ ̄|:「     四人が四人、同じ危機感を感じ取ったのだろう。
  |  : ′ : : : l  . : lハ: l   __  ヾ、:| ハ: : : : :j   |:/_,,,,,,,,,,,,__ |!      八本の足はいっせいに屋上へと向かった。
  |  : :|  : : : :l  .: : :l:| リ   (じ)  }!`  l: : : :/ /'"´    \ヽ
  | : : :!  : : : :.|: : : : |:!、\  `´      l: : :/     r≠,   ヾヽ
  | : : :|  : : : : l: . : : : !:! >`ー… -__   |: /  、   ゞ-'′   〉
  | : : : ハ : : : : ヘ: : : : :l:|            '′< 、\、_      /´
  |: : :/ i : : : : : ヽ: : : l:|               ` \` ─ ' ´  /
  |: :/  ハ : : : : : : ト : : ト、         /              / /
  |:/   ハ : : : : : : i丶: | \       /             //:
  /′   ヘ : : : : : ハ ヽ!        |             / イ: : :




241以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:12:26.96 ID:4OUFPWSC0

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ   「どうする・・・・・・!」
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、     屋上は胸の高さまでの塀に囲まれていた。
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-    あと確認出来るのは給水タンクのみ。
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``        道はふさがれた。
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、






242以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:13:53.92 ID:4OUFPWSC0

    /. : : : : :l: : : : : :|: : : : :l: : : : : : : : : : : : : | ヽ: : : : |ヽ::::|: : : : : : : : :l/ `ヽ
    , : : : : : ヽヽ: : : : l: : : ::::l:::: : : : : : : ヽ: : : :| /´ヽ: :_!__ヽ|: : .: : : : : : l
    |: : : .::i: : :ヽ!: : : : l: : : :::|!:::: : : : : : : ハ: : : レ/ ∠ハ T7| l:|: .::::: : ト、: :l
    l: : ::::::l: : : ヘ: : : : :l : : :::ト、:::: : : : : : l ヽ/ l//てj:::∨ l! リ:.:::::::: : l ヘ: :!       「ここから飛び降りたら、死ぬかな」
    l: : ::::::|: : : : :ヽ: : : ヽ: ::::l ヽ:::: : : : : l_∠: :l!/  ゞ='' _ノノ l::::::ハ:: :l  ヽ!_..._
    l: : ::::::l: : : : :::::ヽ: : :ト、:_:{=ム:::: :__: l  V  _`≠"´  。 l::::/ 」:: :l /    ヽ
.     l: ::::::::ハ:::::: : ::::::::\:l ヽ: ト三≠<: !   <=´    l::/ 「 ハ/´ _......_
    ', :::::l ',:::::::: ::::::::::::::ト、\ヽ 弋ム: :l           /´ l /'/
     ',:::::l  ',:::::::::::::::::::\:::ヽ、ゝ= ´lヾ 、          イ Y _ -─ _
  _   ヽ::l  ヽ:::::::::::|\::::::::`≠- _ \_ハ     __,    / l /´
.Yヘヽ   ヾ、  ヽ::::::::|  ヽ─ッ─ハ´    ` _∠_シ    , ' / ⊥ - .._
_j/} Y⌒ヽ    ヽ::::::| _. - \ヽ / ` 、 __       __/ / /
  L_j´゙ヽ Yヘ   \::|    ` ,      ̄\_>´   _≧、 У - _i
     L_|' l Y⌒∨ヾ     l _ ィ´ ̄ ¨¨7-う _ = ´   `、    }
        Lj´| iヘヽ- 、   「 /  , - ´ __ノ/         /l




245以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:15:28.49 ID:4OUFPWSC0

                 __
            _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
         ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
          /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
      /       | 〉    '.   i     Y  |
     /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.
.     / i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉
    | |  | | | l   U | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉       「当たり前でしょ!」
    | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ
       |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',
      ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
       ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
         |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
            、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
            ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
        rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /
.        / | }′   .l,/´_ `ァ' /      //,.'
    ,r ´  | |    ,′   `ン/      ///
    r'|     | |     |    //       ///




248以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:16:51.71 ID:4OUFPWSC0

|: : : : |: : : :_._,|:_:_: /      |: : : /: : : : :    . : イ: : : / l: : : : . : : :
|: : : : |: : : : :!1 ̄7 =-、 ._   !: : / |: : : : :  . : ://: : :/   !: : : : : : : :
|: : : : |: : : : :l ≧'=ォ-..、ヽ \_|: :/ |:ノ: : : . : //: : :/   l: : : : : : : :    「でも、俺は五階から落ちても無事だった・・・・・・!」
l: : : : :. : : : : l | /::::::::::f>、_>!: l イ: : : : : : ∨_/: ∠三 =l: : : : : : : 
ハ: : : : :、: : : : ト弋>__,:::ノ  ` V  |: : : : :/,> '::::::r-;ヾ.v': : : : : :  .
 '、: : : : ヽ: : : :'. ` ̄ ̄ ̄>―   |: : /    {r7_,::ノ  /'′:/: : . : :
ヽ `、: : : : ト、: : :'.           j/   ` ̄ ¨¨  イ: :/: :  /:/:
: : i` ト. : : :! ヽ: :'.            :       J //: : : . //: /
: : l: :| 、 : |   \'、           i      u .ノ´: : :_: : ´: :/j /
/、: |  、: | u   `/_ -― 、__    '′     /_ ィ´: : : :/./ /
  ヽ!  ヘ:|、    〈ー- 、  ` ー-- ィ   -≠ , ′ j : : / //
        \   ` ー--  ___ ノ     /  /: /   /'′






251以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:19:09.21 ID:4OUFPWSC0

                 __
            _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
         ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
          /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
      /       | 〉    '.   i     Y  |
     /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.
.     / i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |            「・・・・・・!!!」
    | |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉
    | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ       沈黙がおりる。誰かが喉をならして唾を飲み込んだ。
       |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',       東郷が拳を握り締める気配を感じる。
      ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
       ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
         |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
            、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
            ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
        rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /
.        / | }′   .l,/´_ `ァ' /      //,.'
    ,r ´  | |    ,′   `ン/      ///
    r'|     | |     |    //       ///





253以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:20:33.45 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |      「仕方がないか」
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i     東郷が言った。
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ






254以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:21:11.70 ID:4OUFPWSC0

                 __
            _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
         ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
          /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
      /       | 〉    '.   i     Y  |
     /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.
.     / i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉
    | |  | | | l   U | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉       「ちょっと!本気なの?」
    | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ
       |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',
      ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
       ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
         |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
            、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
            ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
        rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /
.        / | }′   .l,/´_ `ァ' /      //,.'
    ,r ´  | |    ,′   `ン/      ///
    r'|     | |     |    //       ///




257以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:23:49.21 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ         「俺は飛び降りる。お前らは好きにしろ。あのおかしな縄を
|      〃ヽ  //\..._`フノ         やり過ごせるのならそれが一番いい。俺たちが分かれれば
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ        向こうも分かれるだろう。そうしたら、不可能じゃない」
.|      .| { 〈| |    /   ヽ     
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ     
 ヽ.    / ヽ | |       _了´    
  /ヽw'゛    },,,|     厶       
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {





259以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:27:13.66 ID:4OUFPWSC0

.   /       /    . /. : : :/ |: : .  . : : : : :  .i: : :  i  ヘ: . :i
   /      . ′ ___:/. : : /__  l: : : . : : : : : : : ,|: : : . l'   l: : .|
  ′     . : l   . : ': : : /`丶\!: : : : : : : : : : : ハ: : : : ,′   '. : !
  {    :/  : : l   : :7: : / __  l: : :A: : : : : : :j '. : :/____!: L  自分で言い出したことだが、簡単に「飛び降りる」と
  |   . /  : : : !  . : :lj: /三 =- 、、l: : ハ: : : : : : ト、 |: :j_.. - ´ ̄|:「  決断する東郷が信じられない気もした。けれど、同時に
  |  : ′ : : : l  . : lハ: l   __  ヾ、:| ハ: : : : :j   |:/_,,,,,,,,,,,,__ |!  あの縄から、自分たちにとって危険なものから
  |  : :|  : : : :l  .: : :l:| リ   (じ)  }!`  l: : : :/ /'"´    \ヽ  逃げなければいけないという認識も、圭一にはあった。
  | : : :!  : : : :.|: : : : |:!、\  `´      l: : :/     r≠,   ヾヽ
  | : : :|  : : : : l: . : : : !:! >`ー… -__   |: /  、   ゞ-'′   〉
  | : : : ハ : : : : ヘ: : : : :l:|            '′< 、\、_      /´
  |: : :/ i : : : : : ヽ: : : l:|               ` \` ─ ' ´  /
  |: :/  ハ : : : : : : ト : : ト、         /              / /
  |:/   ハ : : : : : : i丶: | \       /             //:
  /′   ヘ : : : : : ハ ヽ!        |             / イ: : :




261以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:29:11.77 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |      「どうするか、決めたか?」
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i     東郷の言葉に、圭一は短く答えた。
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l     竜崎も朝倉も、固い動きで頷く。
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ





264以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:31:59.12 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ  
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ        「自分で決めた道、迷うなよ」
.|      .| { 〈| |    /   ヽ     
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ       ためらえば、捕まる。圭一は息を深く吸った。
 ヽ.    / ヽ | |       _了´    
  /ヽw'゛    },,,|     厶     
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {






265以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:33:42.71 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |      
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i     
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l     「散れ!!」
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ





268以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:37:29.46 ID:4OUFPWSC0

    / . : : : : : : : : : : : : :/_/ / /: : : : イ: : /|: : : : : : : : }
.   /. : : : : : : : : : : : : / ̄/' \/ : : / ,l:∠.=|: : : : : : |  l
   /:/: : : : : : : : : : : 八   o  /: :/_ノ,,〈/´ ̄`l: : : : : : l /    「うぉぉおおおお!!!」
.  /ィ: : : : : : : : : : : :l: :|  `二三l:/三三.〉ミ゚___ノ/: : : : : /レ'
  / イ: : :/: : : : : : :ヘ: | 〈;;;;;;;} ´ ,.-――‐-、 /:/: : , 'リ       視界の端に一本の縄がこちらに向かってくるのが
  /´ l: : /l: : : : : :/  `l  ゝ-' ∠.<_二二) イ イ: : /i }      見えたが、走り出してからはもうそんな余裕もなかった。
    l//:/l: : ∠    rッ ,{ / ̄` ー- 、 ̄ | l/:イ:::::ノ /      走る事だけに集中する。
     レ i: /ゝ___   i' i'/       ヽ // /://        ひらりと塀を乗り越えて、屋上の外側へ―――
.    / _l/__ | >、   !{        '}' / ´ イ
    〈/     ´\::::\  ゝ       ノ/:/   ,'
    {        、 }:::::::::丶、`¨ ニニニニ´/:/  /
    i        `ヽ::::::::::::::>――<:::; '  /




270以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 11:40:38.32 ID:4OUFPWSC0









覚悟していたものと違うショックが圭一を襲った。圭一の体は見えないなにかに
ぶつかって跳ね返された。押し戻されるように塀の内側に体が落ちる。
灰色のコンクリートの上で、縄が圭一を待ち構えていた。






280以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 12:49:28.83 ID:4OUFPWSC0

|: : : : |: : : :_._,|:_:_: /      |: : : /: : : : :    . : イ: : : / l: : : : . : : :
|: : : : |: : : : :!1 ̄7 =-、 ._   !: : / |: : : : :  . : ://: : :/   !: : : : : : : :
|: : : : |: : : : :l ≧'=ォ-..、ヽ \_|: :/ |:ノ: : : . : //: : :/   l: : : : : : : : 縄に縛られた体は、もういくりとも動かない。
l: : : : :. : : : : l | /::::::::::f>、_>!: l イ: : : : : : ∨_/: ∠三 =l: : : : : : :  見れば、三人の体が点々と転がっているのが見えた。
ハ: : : : :、: : : : ト弋>__,:::ノ  ` V  |: : : : :/,> '::::::r-;ヾ.v': : : : : :  . カツンと誰かの靴音が屋上に響く。
 '、: : : : ヽ: : : :'. ` ̄ ̄ ̄>―   |: : /    {r7_,::ノ  /'′:/: : . : :
ヽ `、: : : : ト、: : :'.           j/   ` ̄ ¨¨  イ: :/: :  /:/:
: : i` ト. : : :! ヽ: :'.            :       J //: : : . //: /
: : l: :| 、 : |   \'、           i      u .ノ´: : :_: : ´: :/j /
/、: |  、: | u   `/_ -― 、__    '′     /_ ィ´: : : :/./ /
  ヽ!  ヘ:|、    〈ー- 、  ` ー-- ィ   -≠ , ′ j : : / //
        \   ` ー--  ___ ノ     /  /: /   /'′





282以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 12:55:03.01 ID:4OUFPWSC0

       ,-´        ̄ー_∠
     /              ~ヽ
   ( γ⌒ 、  ⌒          ヽ
  / ´ `、        ⌒       ヽ
  //     、ー、_     ヽ      ヽ            「やっぱり取りつかれているわけじゃないんだな。
 (// (   \\  二ー、          )             完全に融合している。
  ( (\ \ \二~_   ヽ  |⌒ヽ   ゝ             四分の一ずつか・・・・・・参ったな」
   `ゝ \、\  ┸―`  ν)ノノ∩)  ゝ              三十歳前後のすらりとした男。
       /`\         ヾ / 从               その男はこの異常な光景を
      / ,          一´ヽ彡)                見飽きたとでもいいたそうな顔で
      ~~|          ノ   \ヾ⌒ー―、_          朝倉、竜崎、東郷。順々に顔を
        }ー __    ../゙    入>、      ヽ、、        眺め回し覗き見ながら圭一の前まで歩き出した。         ヽ     ../゙    ノノ  \     \`、
        L_   _../゙_,-―´_ノ    >、    ヽ`、
           ̄l ̄`┐┌´ ̄     /  ー、_  )
          /|   ||     /         ̄ー_
        /  l、_ || __,一´              ` ー、
      /      『==┓                     `ー、
    /        ¶  //                         ヽ
  /           ¶ //                        /  |
/             V/                             |
               ┃                      /      |








283以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 12:56:37.80 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l             「痛いかい?」
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l             静かな声で、男は訊いた。
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、





285以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 12:57:40.37 ID:4OUFPWSC0

::::::::::::::::::::::::l ::::ヽ         /:::::::;/:::i;;;;;;:::://|//
::::::::::::::::::::::::l ::        /:::://::::;;};;;;;::::/、_l/
:::::::::::::::::::::::,|         /;-'''::::/_//l;;:::/: : /``ー、、_                 「いてぇよ」
::::::::::,、‐‐-`'___,,,,、、   /''´...:: /:|;;;;/:l/ヽ: :      ``'ヽー―---、、__
:::::::/-、`--ー‐-='、ヽ     /: l;/: /: :l : :ヽ
:::::::l (、       ノ l   /:/: : /: : : : : l: : ヽ
\:::ヽ、二_‐_ー_-_,,,,ノ /::::::/: : : : : : : :  l
::::::\:::::::::::..     /::::::::::/: : : : : : :   l




288以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 13:00:20.13 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i     「そうだろうね。それでも出てこないところを見ると、やはりこれはもう
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |     憑き物じゃない。分離するのは不可能、か。まさかこんなことが
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l      起こるなんてな」
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、








289以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 13:01:24.78 ID:4OUFPWSC0

.   /       /    . /. : : :/ |: : .  . : : : : :  .i: : :  i  ヘ: . :i
   /      . ′ ___:/. : : /__  l: : : . : : : : : : : ,|: : : . l'   l: : .|
  ′     . : l   . : ': : : /`丶\!: : : : : : : : : : : ハ: : : : ,′   '. : !
  {    :/  : : l   : :7: : / __  l: : :A: : : : : : :j '. : :/____!: L
  |   . /  : : : !  . : :lj: /三 =- 、、l: : ハ: : : : : : ト、 |: :j_.. - ´ ̄|:「
  |  : ′ : : : l  . : lハ: l   __  ヾ、:| ハ: : : : :j   |:/_,,,,,,,,,,,,__ |!        「何言ってんだ・・・・・・?」
  |  : :|  : : : :l  .: : :l:| リ   (じ)  }!`  l: : : :/ /'"´    \ヽ
  | : : :!  : : : :.|: : : : |:!、\  `´      l: : :/     r≠,   ヾヽ
  | : : :|  : : : : l: . : : : !:! >`ー… -__   |: /  、   ゞ-'′   〉
  | : : : ハ : : : : ヘ: : : : :l:|            '′< 、\、_      /´
  |: : :/ i : : : : : ヽ: : : l:|               ` \` ─ ' ´  /
  |: :/  ハ : : : : : : ト : : ト、         /              / /
  |:/   ハ : : : : : : i丶: | \       /             //:
  /′   ヘ : : : : : ハ ヽ!        |             / イ: : :





292以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 13:05:11.76 ID:4OUFPWSC0

      __,ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     j´::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /:::::::::::i;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ./::::::::::::::ィヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
  /:::::::::::::::::l l::::::ト;:::::iヾ、:::ヾ`ヽ、:::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::}     「すまない」
  i:::::::::::::::ト;:l ヾ::l ヾ:::'、 >゙、-‐ヾ、::::l ヾ::::r'ニヾ:::::::j
 .i:::::::::::::::l ,ゞ-─'-、ヾ::ヾ"'ッーtr:ァ-、ヾ:! V ノ-、 }::::/     男は言った。彼はほんの一瞬、すまなそうな、悲しげな顔をした。
 ハ:::::::::::::イ'´ , イ!:トヽ ヾ、  ーゞ -'     〉 r' /:::/      ふいに男が腕を伸ばし宙にすい、と一文字を引く。
 ! ';:::::::::::::\’ ‐`''" }             /:::::/       すると、体を締め付けていた力が一気に抜けて緩んだ。
  ヾ:::lヾ;:::Nl     j            厂Zi弍、
   ヾ! ヘ;! ヽ   く ‐     _     ,メ  `l:::::`ヽ、
         `、   、  __ -‐ '′  /   l:::::::::::::::ヽ、
          ヽ、 ` __,       ,/゛  ,   l:::::::::::::::::::::\
           'ヽ     '゙  /    ,';   l::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ゝ,__,,.、 '゙     ,'     { ̄ ̄ハ:::::::::::::::ヽ
                l       /    ヽ / ヽ::::::::::::::::
               ,.イ、      /     ソ   ゝ-‐ ''"
            _,. - ´  l ヽ    f    /   ノ
           l へ、  」 ヽ __L. - ''´    /
            | '   ン /   /─、      /








313以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 15:42:37.93 ID:4OUFPWSC0

|: : : : |: : : :_._,|:_:_: /      |: : : /: : : : :    . : イ: : : / l: : : : . : : :
|: : : : |: : : : :!1 ̄7 =-、 ._   !: : / |: : : : :  . : ://: : :/   !: : : : : : : :
|: : : : |: : : : :l ≧'=ォ-..、ヽ \_|: :/ |:ノ: : : . : //: : :/   l: : : : : : : :
l: : : : :. : : : : l | /::::::::::f>、_>!: l イ: : : : : : ∨_/: ∠三 =l: : : : : : :     「あんた、誰なんだ」
ハ: : : : :、: : : : ト弋>__,:::ノ  ` V  |: : : : :/,> '::::::r-;ヾ.v': : : : : :  .
 '、: : : : ヽ: : : :'. ` ̄ ̄ ̄>―   |: : /    {r7_,::ノ  /'′:/: : . : :    体を起こし、震えそうになる声を無理に抑えて、
ヽ `、: : : : ト、: : :'.           j/   ` ̄ ¨¨  イ: :/: :  /:/:     圭一は言った。三人の縄もほどけ、それぞれ
: : i` ト. : : :! ヽ: :'.            :         //: : : . //: /    起き上がっていた。
: : l: :| 、 : |   \'、           i      .ノ´: : :_: : ´: :/j /
/、: |  、: |    `/_ -― 、__    '′     /_ ィ´: : : :/./ /
  ヽ!  ヘ:|、    〈ー- 、  ` ー-- ィ   -≠ , ′ j : : / //
        \   ` ー--  ___ ノ     /  /: /   /'′





315以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 15:46:51.18 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |      「加持リョウジ。モノ祓い師です。以後お見知りおきを」
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |      言葉のわりに真面目な顔と口調で、男は高らかに言った。
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l      圭一たちは、四人で集まって加持から距離をおいた位置に立つ。
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、








316以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 15:48:12.74 ID:2pgc7weN0

支援





317以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 15:50:46.10 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、          「君たち、一週間前<モノ>と接触しただろう」
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 







318以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 15:52:28.14 ID:4OUFPWSC0

                 __
            _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
         ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
          /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
      /       | 〉    '.   i     Y  |
     /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.
.     / i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉
    | |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉         「もの?」
    | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ
       |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',
      ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
       ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
         |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
            、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
            ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
        rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /
.        / | }′   .l,/´_ `ァ' /      //,.'
    ,r ´  | |    ,′   `ン/      ///
    r'|     | |     |    //       ///





320以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 15:55:07.53 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;          「幽霊だとか鬼だとか妖怪だとか、そういった類を示すと
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl          考えてくれてかまわない。・・・・・心あたりあるね?」
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /            誰も返事をしなかった。
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 





323以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:00:16.89 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、   「一週間前、私は<モノ>祓いの仕事を一つ受けた。私はもともと
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;    人間だったような霊的<モノ>いわゆる幽霊なんかは相手にしない。
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl   半分肉体を持っているような半物質的<モノ>、それも他のモノ祓い師
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !  では手に負えない物質度の高い<モノ>が発見されたときだけ、仕方なく
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /    仕事を引き受けている」
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._          
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 







324以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:01:33.38 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l          「半、物質的、モノ?」
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l         加持は圭一の顔を見て小さく頷いた。
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’ υ |::::::::l:::|::/ 
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l




328以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:07:03.93 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i; 「霊的<モノ>と半物質的<モノ>の一番の違いは、食事をするか否かだ。
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl まあ、半物質的<モノ>といっても様々だがな。
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ ! 人間を肉体ごと喰う」
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 







329以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 16:09:38.15 ID:2pgc7weN0

支援





330以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:10:46.48 ID:4OUFPWSC0

;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::...........  .l
;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::..........ヽ.    ...l
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;:::::::::::::i;;;;;;;;;:::::::::::::...........    ヽ..  ........|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::;l;;::::::::::::|、;;;;;;;::::::::............::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::l  「・・・・・・食べかけの死体が見つかったら
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::;;|;;;;;:::::::::l:ヽ;;;;;;:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::::::l  大変な大騒ぎだな。異常殺人鬼の登場だ。
;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::;;;lヽ;;;;::::::l:::::ヽ;;;;::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::/  それともなんだ、半物質的<モノ>ってのは
;;;;;;;|、;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;|:::ヽ;;;:::::l,,.-‐ゝ-::::::|::::::::::::::::::;::::::::::::::|;;::::::/
;;;;;;;l:ヽ;;;;;;;;;;;;;;、::::;;;;l:::;;;ヽ''':;l/,;;;;_,ヽ、、l::::::::::::::::;;::::::::::::::l;;;:::/   お残しなんかしないってのか?」
\;;|::::\;;;;;;;;;;ヽ;;;;;K_;;-i;'/‐''' ̄``ヽ\i\:::::::::;;;:::::::::::::::|;;;/
:::\i:::::::\;;;;;;;;;;;;;;/::: 'l/ /⌒、). ヽ:/:)/:::::::;;;;;:::::::::i;::::l;;/
:::::::::ヽ::::::::\;;;;;;;;/ ::   、、_,,.ノ  V/:::::::;;;/;;;::::::/,:::/;/
::::::::::::::::::::::::::\;;/ :  `丶、 __,,, イ::::::::::;;イ;;;;;;:::::/;;:://
::::::::::::::::::::::::l ::::ヽ         /:::::::;/:::i;;;;;;:::://|//
::::::::::::::::::::::::l ::        /:::://::::;;};;;;;::::/、_l/
:::::::::::::::::::::::,|         /;-'''::::/_//l;;:::/: : /``ー、、_
::::::::::,、‐‐-`'___,,,,、、   /''´...:: /:|;;;;/:l/ヽ: :      ``'ヽー―---、、__
:::::::/-、`--ー‐-='、ヽ     /: l;/: /: :l : :ヽ
:::::::l (、       ノ l   /:/: : /: : : : : l: : ヽ
\:::ヽ、二_‐_ー_-_,,,,ノ /::::::/: : : : : : : :  l
::::::\:::::::::::..     /::::::::::/: : : : : : :   l







331以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:15:03.95 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;         「文字通りの意味で、人の肉を食べるわけじゃない。
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl          肉体ごと、魂を喰らうんだ。喰われた肉体は土くれに
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !         なって崩れる。魂の喰い方についてはまだよく分かって
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /            いないようだな。前原圭一君」
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 







332以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:16:13.50 ID:4OUFPWSC0

          /: : l        ;;;;;;;;;;,         l      |ヘ,        |
         /: : ::l         ;;;;;;;;;;;;        l      |: :;;X~      |
.        / : : : :l       ;;;;;;;;;;;;;;         l   ,、ャヒ''゙ ヘ      /
;,         /:: : : : :゙l       ;;;;;;;;;;;;;;;,         ,' l. //l: : : :ヘ,      |l
;;;;       /:: : : : : ::l      ;;;;;;l;;;;;;;;;;      ./ ;Y゙ / / ,、=三仁~フ  /l
;;;;;,     /: : : : : : ::ヘ;,      ;;;;;|l;;;;;;;;;;      ./派レ'゙ ム;;シ"~: : :l |./ ,/|l      「なんで俺の名前を・・・・・・」
;;;;;;;,    ./: : : : : : : ::ヘ;;,,     ;;;;;|:ヘ;;;;;;;;    ./派/|,,、≠":     l|/  /l゙;l 
;;;;;;;;;,    /: : : : : : : : : ヘ;;;,   ,;;;;;|: ヘ;;;;;;,    ./渉'゙,、il"/ :     ll|  /.l;;;|, 
;;;;;;;;;_;_,,,,,⊥;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,___ ヘ;;;,   ;;;;;|: :ヘ;;;;;;   彷'゙/I/:|/:  γ゙9  l | ,/ .|;;;l.l  
ヘ;;;;;;;;;;;, 丁~~゙゙"''ー=IIIIIIlヘー-、;;」__;;キォ;;   /": :||': : :   |a ノ  l゙ |,/ |;;;l゙
: ヘ;;;;;;;;;;;,,」;,;,;_____: : : : :~"'ーヘ;;;、=-!'゙''"l;;;;;  / : : :゙ l: : :    ゙'"  / /   |;;;l   
:: :ヘ,;/,ォ,|'''''''''''''''''''''''''==;, ヘ;;;;;;;l : : :l;;;; ,/ : : :   : : .  _,、/    |;;/  
: :/ソ";;;;|: : : : : ' ' ' ' ' ' ' :゙ヽ, ヘ;;;;;l : : :l;;; ,/ : : :   _~'"゙゙~,、         l/  
/ / ヘ;;;;;;| : : :  γ"9,   : : \l : : :l;;;/: : :.     """"         ι
・、,\ ヘ;;;l: : :   弋!ェノ   : : : : : : : l/                  
:: : :゙"''  ヘ;|: : .        _,、t''",: : :                        
l,: : : : : : : : :  ;_ : . _,、ャ*'゙ _,ィ'"゙: :           .. ,            
;;ヘ,: : : : : : : :~"''''''''"~: : : : : : : :         . : : ヘ,        
;;;;;ヘ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .       . : : : : : :ヘ,     
;;;;;;;;ヘ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .    . : : : : : : : .》      





333以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:18:47.52 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;   「申し訳ないが、この1週間、君を監視させていた。デューク東郷くん、
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl    竜崎旱樹くん、朝倉涼子さん、君たちもだ」
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 





336以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:20:16.98 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |       「どういうことだ」
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i     東郷が腹の底からわき上がるような声を出した。
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ




338以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:22:47.98 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;          「率直に言おう。俺は一週間前、一匹の<モノ>を祓う仕事を
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl          していた。だが、相手に深手を負わせた時点で逃げられた。
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !          君たちが遭遇したのはそいつだ」
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 







339以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:23:56.42 ID:4OUFPWSC0

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ    「それで、私たちはどうなったんです」
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、





346以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:31:34.05 ID:4OUFPWSC0

     /           /^´´"|   |  | ヽ
    /      /  ∠     |   |  ト、..  \
    /::..    ∠.イ:::/ ̄ ̄`==|   |::::::ハ:::::\\\
   〈:::::r‐-、  .::/|/< ̄(:_リ"ヽ}/|::::||/=}:::::::ヽN\|
   〈:::{ r> l.:::/ l         / |::/1t:ハノ::::::::ハ| | |     「君たちは、喰ったような喰われたような状態になった」
    |::ハ ヽ |:/           l∧ ` |::::/l/ |
    |:::::`ー::::r             -/ ///
   」::::::::::::::/ト        ____  /
   ∧:::::::/ キ、          ̄ ̄` /
─‐N V|/   :::´X、        イ
::::::::::::〉/      :::::::::::"'-x...,,,_,_,_,_,_/`
:::::::::zへ    | :::::::::::::::::::/ ̄´
:::/   \   |  :::::::ノ:::<





351以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:33:51.94 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ
.|      .| { 〈| |    /   ヽ          「俺たちは、あの化け物に食われそうになったんだな」       
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ     
 ヽ.    / ヽ | |       _了´   
  /ヽw'゛    },,,|     厶     
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {




359以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:39:34.52 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、 「そうだ。もしその場にいたのが一人だけだったなら、本当に喰われて
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;  いたかもしれない。だが、現実には<モノ>だか人だか分からない子供が
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl  四人現れた。取りつかれているだけという可能性もあったが、先ほどの様子
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ ! から考えてもう離れられないところまで一体化してしまったようだな」
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 




360以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:41:50.35 ID:4OUFPWSC0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/        「・・・・・・意味がわからない」
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/          ただそう呟くことしか圭一には出来なかった。
     ヘ   ! \   !.                   /  /        理解の範疇を完全に越えていた。
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"! 
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.           ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 






366以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:45:55.98 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、         「わからないのも仕方がない。正直私もよくわからない。こんな
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;          事態は初めてだよ。本当のことをいうと君たちを『祓う』かどうか
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl          意見が分かれていた。だが、君たちは仮にも半分人間だ。
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !         君たちを『祓う』のは殺人だと思っているよ」
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 






371以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:49:04.18 ID:4OUFPWSC0

             , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
              ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
         / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
       / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
       ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
.       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´  
    ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._ 
   ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、  「それで、私たちはこれからどうなるんです」
    メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
    イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´   竜崎が言った。
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´ 
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、 
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                     /             ゙'ヽ、    ヽ
                     /              \ ヽ,     \
                        ゙|                   \ i       ヽ
                         l                 i   、.i.',     ヽ
                      i              !   ヽl ',     ヽ
                        !             ,' ,'.   ヘ : 、       \
                         ヽ            ,' ,'     ゙i! :      ヽ.
                         ヽ            / ,'      ヘ'       ,ヘ






372以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:57:13.74 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、 「君たちには生きてもらうつもりだ。もちろん普通の生活は不可能だけどね。
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;  君たちの体は胃に入る食べ物だけでは生きていけない。それとは別に
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl  <モノ>を喰わないといけないんだ。しかし、人間を喰ってもらっても困る。
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !  そこで、君たちを一種のモノ祓い師にしようと思う。その過程で<モノ>を
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /    喰べれば問題はない。相応の報酬も支払おう。だが―――」
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 







373以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 16:59:54.05 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;  「万が一、君たちの誰かが生きている人間を喰うようなことがあれば、
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl   私は君たちを殺さなければならない。これだけは覚えておいてほしい」
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 




390以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 17:39:00.11 ID:4OUFPWSC0

― ダイジェストでお送りしますお! ―

          ____
        /      \         その後、彼らは<モノ>祓い師になって普通とは違った生活を送っていきますお。
       / ─    ─ \       人との距離をおき、四人で同じ部屋に住みはじめて早1年。モノ祓いの仕事は
     /  (●)  (●)  \      彼らにとって最早食事となっていましたお。でも、それでも彼らの食欲は満たされず
     |    (__人__)     |      空腹が続いたある日、彼らの元へ物質度の濃い<モノ>の情報が入るお。
      \    ` ⌒´    /ヽ     場所は京都。彼らが現地に向かったところから、また見ていこうと思うお。
      (ヽ、      / ̄)  |
       | ``ー――‐''|  ヽ、.|
       ゝ ノ      ヽ  ノ |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






391以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 17:43:00.59 ID:4OUFPWSC0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/   「しっかし、仕事場としてやたら京都多くねえか?」
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/     圭一は新幹線の座席にだらしなく座って、
     ヘ   ! \   !.                   /  /  誰にいうともなくつぶやいた。
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"! 
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.           ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 








392以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 17:45:35.29 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i          「京都は巨大な<モノ>が封じられている地だからね。
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |          それに引き寄せられるんだろう」
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、








393以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 17:46:08.48 ID:rDyxuPLo0

元ネタは「哀しみキメラ」ってゆーのか。
まあ、おきばりやす。





396以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 17:48:55.03 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l        「封じられてる?」
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l 
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’   |::::::::l:::|::/ 
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l         
>>393そうですお。よかったら、ていうかきっと原作も見てくださいお。





397以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 17:51:41.72 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ     「京都は結界の都だよ。その時代その時代のモノ祓い師たちが
.    」/  / /l7        ヽ     \   i       手に余した<モノ>たちが、都の各所に封じられているんだよ」
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、








398以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 17:53:49.21 ID:4OUFPWSC0

               ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: ..::::/:: |::::::   i::|./|:::.  \
              / ..:| :::::f::/::|::::|i::i|::::::: |i::: |i:::::: |.::|-、:::::|::::   i, \
            /../ヘ:::::Y:::::|::::|ヘト:::::::::| |:::||:::: i|:::|  ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
           //::::i:::>‐‐|::::::\|-|=i≡|ミ|三|ミ | |::|   |::|i::  |: |:...  i
          /'/..:::::::|:/ 仁|:::::: i::: ::|,=テ=-ヾ:!\:| ヾ  _|:ハ::  |:::|::::|i: |
        ,イ´/ ..:::::::::::|ヽ ヽ|:::::: |:::: i`!f;;r`}ヾミ `  =≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::| 「それって、永遠に封じ続ける事が出来るの?」
   ィ= ̄...::/ ..::::::::/ヘ:::\_l::::::..ハ:::: {!=ン     ,テ卞t ヾリ_| !:||:::| |::
- ̄,   ..::::/ ..:::::::::/::::/ヽ:::::|::::::::.∧:: t       fゞkリミ ,/::::/;:;リ|_:| t;! ふと、それまでこちらの話に興味を
::::/  ..::::/  ..::::::::/::/三≧ユ=- 、::..ヘ_|      j `=´/`::T |/     向けていなかったように見えた涼子が言った。
/ ..::::/  ..::::::::::/::∠/.:_イ ̄   ーミヽ:::ヽ  rー‐ァ   イ::::: ::|
 ::::/  ..:::::::::::/ン/.:/´ /         ヽ::ヽ `´ _,.イ::::i|::: ::| |
::::/ ....:::::::::::::://.:/ /            、j-':::::::::::::l:::| |:: |i !
/ ..:::::::::::::::::/.:./  /          [   }::::::::: ::::::: |!,! |:  |ヾ|
 ::::::::::::::::://   /            |  /::::::::::: ::|::: | |:_!
:::::::::::::::/`    |             | ,イ:::::::::::  |::: | `
::::::::::/      |  i            Y: :|:::::::|::: |::: |
::::/        | |            |: :|:::i |::. |: |
/          | ,|           | /.:: :|:::ト:: ト、 ヘ |
           | |           |´.:.:.: :t::| i:: iヘ  ヘ
           V          /.:.:.:.:.:.: :l:::| i:. i ヽ Y
           |          ,!.:.:.:.:.:.:.:.: :|::| t: |  ヘ 'i






399以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 17:57:43.87 ID:4OUFPWSC0

     /           /^´´"|   |  | ヽ
    /      /  ∠     |   |  ト、..  \
    /::..    ∠.イ:::/ ̄ ̄`==|   |::::::ハ:::::\\\
   〈:::::r‐-、  .::/|/< ̄(:_リ"ヽ}/|::::||/=}:::::::ヽN\| 「・・・・・多分、そうはいかないだろうね。何かのきっかけがあれば
   〈:::{ r> l.:::/ l         / |::/1t:ハノ::::::::ハ| | | すぐにでも封じられた<モノ>が出てきてしまう。その時、もう一度
    |::ハ ヽ |:/           l∧ ` |::::/l/ |   封じる事が出来る人がいるかどうかと考えると、正直ぞっとしないね」
    |:::::`ー::::r             -/ ///          
   」::::::::::::::/ト        ____  /
   ∧:::::::/ キ、          ̄ ̄` /
─‐N V|/   :::´X、        イ
::::::::::::〉/      :::::::::::"'-x...,,,_,_,_,_,_/`
:::::::::zへ    | :::::::::::::::::::/ ̄´
:::/   \   |  :::::::ノ:::<







400以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/17(金) 17:58:29.96 ID:WkAwabA00

支援





401以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 18:00:14.34 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |   「まあ、京都の仕事が多いのは、単純に家の本家が京都にあるから、
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l   依頼が持ち込まれやすいっていうこともあるんだけどね」
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、








402以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 18:02:59.71 ID:4OUFPWSC0

   , - '' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
. /: : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : :、: : : : :. : : : : : :/¨ '' - .. _
/: : : : : : : : : : : : : :.; : : .: : : : : : : : :.iヽ:. : :.:.:.: : ,, -''ニ=-- 、 _ ''i 「おっさんの実家か。そういえば、あんたはその組織の中では
: :, : : : : : : : : : : : .:.:i : :.:i: : : : : : ,、: :l. ヽ:. : i:.:.:./ /, -―-、 ヽ''ヽ どのくらい強いんだよ?」
./i: : : : : : : : : : : .:.:/i .:.:il:. : : : : :l i:. l  ヽ:.:.ト:./ ,' / , ' ¨¨ヽ ', ', i
' l : : .: : i : : : : : .:.i l.:.:.l l:. : : : :.l l l  ∠__l.y i i {(  ) } } i ./
. l: : .:i:. :.V: : : :. :.:i`-l...i_ ヽ:. : :.ii _ll,イ´ハV7  ',ヽ ヽー_' ノ, ' ,'./
 i : :i、:. :.:V: : :ヘ:/ひ!lヾミノ:.:./`¨ 弋'ムノ-/ / ヽ`_ー-‐_' / /
  , :.l ',:.:.:.:.:i、 : ヘi 、ゝ'_ノ- \i   ´   , ,      ̄   / /
  ,:l ヽ:.:.:.i丶 、\       l     , ,        / /
   !|  ヽ:.:l\`ーヽ -      '     i i       / /ヽ
      `  \:.:、ヽ、   ー―‐''   .l l       / /  ハ
          ` \ヘ丶、    _ /l ヽ、    ./ /   i
            /∧  ` ー/    ̄/ i` .、` ー ‐'/    l




404以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 18:07:15.75 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i     「強い弱いという表現が適切かどうかは疑問だが、そうだな、
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |     モノ祓い師としての私の力はかなり高い部類に入るようだ。
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l     だけど、僕自身としては、この仕事はあまり好きじゃないけどね」
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l     黙って圭一と加持のやりとりを聞いていた涼子が、ぽつりとつぶやく。
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、








405以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 18:10:48.13 ID:4OUFPWSC0

 /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |   「それでも必要とされるほどに、
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |   加持さんの力は別格ってわけね」
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |     
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/    加持は否定も肯定もせずに笑った。
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ       車内では冷房の音だけが響く。
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「      ぼんやりと前の座席を眺めながら、ふと圭一は思った。
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |!           !          / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、       ー ‐       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八






406以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 18:11:54.54 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l      「加持さん」
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l 
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’   |::::::::l:::|::/ 
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l





407以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 18:12:22.36 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l      「なんだい」
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、








408以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 18:14:06.97 ID:4OUFPWSC0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/    「本家の奴らは、今でも俺たちを
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃     祓った方がいいって思ってるのか?」
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/
     ヘ   ! \   !.                   /  /
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"! 
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.           ヽ|ヽ ' !\       ____      /  ィ
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 








409以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 18:16:32.95 ID:4OUFPWSC0

                   ,,,,,,,,,,,,,,
                 ,,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;ik
                ,iiiiiiiiiiiiiiiiトiiiii,     _,,
                /llllハliトiiハll,jハilli    l;l
                 iiiiハ '  a゛ ` iiii  _,_,|,|_,
                 '|  -_‐-  `jk  ,ト-=y  丶   加持は答えなかった。無表情のまま窓の外に視線を向け、
                  ヾ,_,__,.__ /i-"  `ヽ `i, ̄‐^l   独り言のように言った。
                  |ヽ    |iii,,   ヾ~ `  i,
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,   「もうすぐ着くよ」
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">--  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /





418以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 18:27:30.94 ID:4OUFPWSC0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/  「今までまったく気づかなかったとは、我ながら迂闊だ」
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/    一度気づいてしまうと、結界は圭一にも容易に見つける
     ヘ   ! \   !.                   /  /  ことが出来た。よく感じ取れば古くなって、
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"! 
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/ ガタがきている感じだ。
.           ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 





421以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 18:39:36.20 ID:4OUFPWSC0

                 ,.. -----
               , '::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ
              ,. :::::i:::::::::iL:::/!:::::ハ::::::::',
              ! ::::::j::::::::lィ;ォr`゙ヽl L::j::::!
               !:::::f !::::::l !    ぉY:::::|
             ,':::::::`|_::_j l   _ '  ,'::::ハ
            /!:::::::::::l::::iヽ..   ´  イ:::::!;l!
             ,. ,':::::::::ハト:::ト `r-..'!::::::!「´         「おや、誰かと思えば」
           i /:::::::/ノイ::::ヽ\:::ィ:::::ノ'
           ,.'::::::/ : : : .ゝ:::\:ヽj/           圭一の後ろから声がかかった。そこには少女がいた。
          r/!::::/: : : : : : :  __丶!             和服を着た少女。そのあまりの自然さから目の前の少女が
        / 、.'/:::::!: : : : :: : /´rt Yト、            <モノ>であるという認識は、すぐにはわかなかった。
       /   i!::::::::!: : l: : : : :ゝ-イ´ゝ._l           少女は口元だけで笑って、背を向け駆け出した。
     ,     l!::::::::|: :..|: : : : : : : ゝーゝ.!            反応が遅れてしまったことに悔やみつつ、携帯で加持にかける。
    /      |!::::::::| : :.!: : : : : : : : : : : : ト、_        
    (____.|!::::::::ハ: :.!: : : : : : : : : :: : : ゝ  `ー──
      /   |!::::::::| ゝv! : : :: : : : : : : :: : : : ̄ : : : : :: : |   
     ./     !!:::::::|  \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.|
     L____ |!:::::ノ` ー-1: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
          7''"ヽ_: : : : :ゝ. : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : :
          i イ: :  ̄: : : : \: : : : : : : :: : : : :: : : : :: ノ,
          !ー': : : :: : : : :: : : !---、_:_, : : : : : :: : : : :r' l
           !. : : : : : : :: :: : :: :ト _ノr `} : : : : : : : : _.ゝ!
           !: : : : : : : :: : : : :イ' ⌒ ヽノ: : : : : : : ,.'´   !
            l: : : : :: : : : : : : /| O  ): : : : : : ::{,.  0 !
           |: : : : : : : : : : /./!ー--‐' :: : : : : : : : :ゝ __ !
          |: : : : : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ




423以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 18:47:33.95 ID:4OUFPWSC0

    /. : : : : :l: : : : : :|: : : : :l: : : : : : : : : : : : : | ヽ: : : : |ヽ::::|: : : : : : : : :l/ `ヽ
    , : : : : : ヽヽ: : : : l: : : ::::l:::: : : : : : : ヽ: : : :| /´ヽ: :_!__ヽ|: : .: : : : : : l
    |: : : .::i: : :ヽ!: : : : l: : : :::|!:::: : : : : : : ハ: : : レ/ ∠ハ T7| l:|: .::::: : ト、: :l
    l: : ::::::l: : : ヘ: : : : :l : : :::ト、:::: : : : : : l ヽ/ l//てj:::∨ l! リ:.:::::::: : l ヘ: :!     「今<モノ>を見た。なんだありゃ。
    l: : ::::::|: : : : :ヽ: : : ヽ: ::::l ヽ:::: : : : : l_∠: :l!/  ゞ='' _ノノ l::::::ハ:: :l  ヽ!_..._   子供みたいだったぞ。
    l: : ::::::l: : : : :::::ヽ: : :ト、:_:{=ム:::: :__: l  V  _`≠"´  。 l::::/ 」:: :l /    ヽ  しかもしゃべった。あんなのありかよ」
.     l: ::::::::ハ:::::: : ::::::::\:l ヽ: ト三≠<: !   <=´    l::/ 「 ハ/´ _......_    『ありだろう。記録はいくつかある。
    ', :::::l ',:::::::: ::::::::::::::ト、\ヽ 弋ム: :l           /´ l /'/       1年前のことに比べればずっと普通の事さ。
     ',:::::l  ',:::::::::::::::::::\:::ヽ、ゝ= ´lヾ 、          イ Y _ -─ _    それで、喰ったのか?』
  _   ヽ::l  ヽ:::::::::::|\::::::::`≠- _ \_ハ     __,    / l /´       
.Yヘヽ   ヾ、  ヽ::::::::|  ヽ─ッ─ハ´    ` _∠_シ    , ' / ⊥ - .._       「逃げられた」
_j/} Y⌒ヽ    ヽ::::::| _. - \ヽ / ` 、 __       __/ / /             
  L_j´゙ヽ Yヘ   \::|    ` ,      ̄\_>´   _≧、 У - _i     『なるほど。わかった。三人には周囲を探させる。
     L_|' l Y⌒∨ヾ     l _ ィ´ ̄ ¨¨7-う _ = ´   `、    }      お前はそこの近辺を探してくれ』
        Lj´| iヘヽ- 、   「 /  , - ´ __ノ/         /l         



426以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 18:53:53.27 ID:4OUFPWSC0

              _,,,__
          , -' ̄::::::::::::::::::::::`:ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ       自分の居場所を伝えて電話を切る。
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!|'li:::::::::::::.!       と、視界の端を少女の長い黒髪がよぎった。
       .!::::::::::::::::::::::,r、、:: ::::::::|` └┐::::::j!
       .|::::::::::::::::::::::.!ti|::::::::::::l `ー  !::::|`       「くそっ」   
       .!:::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::||!    >:l
      │::::::::::::::::::::::::|:::::::| ̄   _/_;l!        後を追おうと走り出すが気配はすぐに消える。    
       |::::::::::::::::::::::::::|::::::::| .   /::|
      .!::::::::::::::::::::::::/l::::::::| /  ̄´::::|          「出て来い!俺はお前と遊ぶ気はねぇんだ!」
       |::::::::::::::::::::::./_|:::::::::|':::::::/::::::.!
     ./ :::::::::::::::::/. !::::::::::l:::::/::::::jl
     / ::::::::::::::::i二 ヾ |:::::::::::!二j:::〃
    .〃:: ::::::::::/::::::::`ヘ_|:::::::::.!ヽ |' '
   //:::::::: :::::!: ::::::::::::::::::::l:::::::::ト-、!、
  ./'l::::::::::::::::|::::::::::::::::::::ヽ,:l:::::::::|``''∧
  ! |::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::|:::|: ::: :l ̄~レ'、
  l !:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::|::::l:::::::::l::::::|  !




431以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 19:21:25.80 ID:4OUFPWSC0

     /:::::::::::::::::::::::::::::::::: :::l::ll::::::::::::::l|!::::::::::::::::::!|::::::::::::::::::::::ヽ
.     !:: :::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::l|:::::::::::::ll|::::::::::::::::::|||:::::::::::::::::::::::::l
     |:: ::::::::::::::::: :::::::::::::::::|:|!:ll:::::::::::::||l: :::::::::::::::l||::::::|::::::::::::::::::.!
     |:: ::::::::: ::_l||::::::::::::::::::|ll.l||::_:::_| ll :::::::::::::||.!:::::|l:::::!::::::::::::|
     |: ::::::::: /、ll|::::::::::::::::::|>|ァ-、、''ミ  ̄ ̄ ̄〃ニ‐く∠!::::::::::::  「酷いわね。ずいぶんと自分勝手ないい分じゃない」
     |:::::::::::::! /l!|: :::::::::::::::||/;|、::、 !\'    ''ィ'L'i:.! ∨::: :.!:::::
     !::::::::::::::!.l.|!|:::::::::::::::::|ヽ:l-‐',ノ  '     .!-'丿 /:::.!:::l:::::f|  すぐ後ろから声がした。
     |:: :::::::: :ヽ.!||: :::::::::: ::|l| l`.´         ´  .!:: :|::l||::::ll|  触れるほど近くに少女は立っていた。
     |:: :::::::::::: ::||:!: ::::::::: ::||| │        !    /:::::l!:.!||:::|l|  圭一は振り向くと同時に後ろに飛び退く。
    ,l:: ::::::::::::::::::::::::::::::_::_l:!|| │     ´     /.::::::.!|:|.!|:::|l!
    l|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ト、 |    ─‐‐   /.:::::::::i| ̄  ̄
     l|::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::||  丶、      / :::::::::::::::||
    !|:: :::::::::: :::/|::::::::::::::::::|.| 、  .` ー┬ '´::::::::::::::::::::::::l|
   l:!::::::::::::::::/ :l|::::::::::::::::::l |、 丶、  /丶、:::::::::::::::::::::::|.!
   l:!|::::::::::/::::: !|:::::::::::::::::.! !、ヽ  \ l i  !ヽ:::::: :::::: ::::ll|
  !:|:!:::/'"`ノ ー!|: ::::::::::::::::|:.!:::ヽ丶、 ヽ!   ! |:、!::::: :ヽ:::|.||
  !::!'´ノ>∠: :: :||!::::::::::::::::::.!:|:::::::\ヽ .!   | .!:(ヽ:::: ::ヽ|、!|
/:: ̄ソ '´   \::|:l|::::::: ::::::: :|:.!:::::::::::ヽ ヽl   | !::::ヽ:::::::::ヽ:\






432以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 19:25:42.40 ID:4OUFPWSC0

           __
     /¨` ̄     ヽ
.   /          \
   /     /       ヽ ',
.  //      |.    | | ',. i
  l/.|   i ハ   ハ. l  !|    「出てきやがったか。お前みたいな饒舌な奴は初めてだよ」
.   | i | |/:-}ヘ. ハ-l‐| } | ,    
   l | lK.i':::I`∨.イ:::i7'イハ/      
    ∨\{  ̄  i   ̄j/ノ
         \ - -‐' /
         __ト  イ__
        / !ノ    V \
.      /| _ヽ    /く\ト、
  ,.  '´  :l' } l  ̄//   `  、
 /  l     `¬/'        |






433以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 19:28:18.35 ID:4OUFPWSC0

     /:::::::::::::::::::::::::::::::::: :::l::ll::::::::::::::l|!::::::::::::::::::!|::::::::::::::::::::::ヽ
.     !:: :::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::l|:::::::::::::ll|::::::::::::::::::|||:::::::::::::::::::::::::l
     |:: ::::::::::::::::: :::::::::::::::::|:|!:ll:::::::::::::||l: :::::::::::::::l||::::::|::::::::::::::::::.!
     |:: ::::::::: ::_l||::::::::::::::::::|ll.l||::_:::_| ll :::::::::::::||.!:::::|l:::::!::::::::::::|
     |: ::::::::: /、ll|::::::::::::::::::|>|ァ-、、''ミ  ̄ ̄ ̄〃ニ‐く∠!:::::::::::|    「あなたの中に溶けているモノが懐かしくて、つい」
     |:::::::::::::! /l!|: :::::::::::::::||/;|、::、 !\'    ''ィ'L'i:.! ∨::: :.!::::::|          
     !::::::::::::::!.l.|!|:::::::::::::::::|ヽ:l-‐',ノ  '     .!-'丿 /:::.!:::l:::::f|    
     |:: :::::::: :ヽ.!||: :::::::::: ::|l| l`.´         ´  .!:: :|::l||::::ll|
     |:: :::::::::::: ::||:!: ::::::::: ::||| │        !    /:::::l!:.!||:::|l|
    ,l:: ::::::::::::::::::::::::::::::_::_l:!|| │     ´     /.::::::.!|:|.!|:::|l!
    l|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ト、 |    ─‐‐   /.:::::::::i| ̄  ̄
     l|::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::||  丶、      / :::::::::::::::||
    !|:: :::::::::: :::/|::::::::::::::::::|.| 、  .` ー┬ '´::::::::::::::::::::::::l|
   l:!::::::::::::::::/ :l|::::::::::::::::::l |、 丶、  /丶、:::::::::::::::::::::::|.!
   l:!|::::::::::/::::: !|:::::::::::::::::.! !、ヽ  \ l i  !ヽ:::::: :::::: ::::ll|
  !:|:!:::/'"`ノ ー!|: ::::::::::::::::|:.!:::ヽ丶、 ヽ!   ! |:、!::::: :ヽ:::|.||
  !::!'´ノ>∠: :: :||!::::::::::::::::::.!:|:::::::\ヽ .!   | .!:(ヽ:::: ::ヽ|、!|
/:: ̄ソ '´   \::|:l|::::::: ::::::: :|:.!:::::::::::ヽ ヽl   | !::::ヽ:::::::::ヽ:\



434以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 19:29:12.77 ID:4OUFPWSC0

:::::::::::: : : : : : : : : :: : : : : |\: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : i
:::::::::::: : : : : : : : ::::: : : : : | \: : : : :l:: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:: : : : : : : :|
::::::::::::: : : : : : : : ::i::: : : : |   ヽ:: : : ::|:::: : : : : : : : : : : : : : ヽ:: : : : : : ::|
::::::::::::: : : : : : : ::::l i:: : : /   ヽ::: : ::|、::::: : : : : : : : : : :::::: : :l::::: : : : :::::l   
::::∧::::: : : : :: : :::i l:: : :/   __,>::.:::| \:::: : : : : : : : : ::::::::: :|:::::: ::: :::::ノ         「お前、俺の中の奴と知り合いか」
:::/ ヽ:::: : : :::: : ::|  l:: /,,,-/,,-=ヽ,::l、、ヽ:::: : : : : : : : ::::::::::: :|::::::: :::::::/
:::ト、ヽ:::: : : ::: ::::|,/|/'''',,/′ ,-‐i/\ヽ i::::: : : : : : : ::::|ヽ:::::l::::::::::::::/
>''`‐、、::::: : ::::ヽト'''' //   ( ‘ ' ) >' l::::l : : : :: : :::::l 丶:l:::::::::::::/
  (´。\:::::::::::::|        `ー''  /′∨: : : ::::: :::::l /i/:::::::i:::/
、  ヽ ノ \:::::::|     - 、 、___ /   /: : ::ハ:::::/,/:::::::::::::/|/
 `ー-'′  \:|              /: : :://,ゝ::/'::::::::::::::/、
:\     i               /: :/,__,-'i/ヽ::::∧:/ ヽ
ヽ::\    l               // ノ   l ヽ/ ∨  ヽ、_,,、
 `ゞ.ー  /        _     ′ /       /        ``ー--、、
   \、 ` ‐ __,,,,,--=''-‐''''\    /        /              `ー--
     \、  \''(′  _,,-)   /       /
       \、 `ー===-‐''′ /       /







435以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 19:32:15.38 ID:4OUFPWSC0

              _,,,__
          , -' ̄::::::::::::::::::::::`:ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!|'li:::::::::::::.!
       .!::::::::::::::::::::::,r、、:: ::::::::|` └┐::::::j!
       .|::::::::::::::::::::::.!ti|::::::::::::l `ー  !::::|`    「面白いモノだったからよく覚えてるわ。
       .!:::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::||!    >:l      その様子だと最後まで珍妙なモノだったみたいね」
      │::::::::::::::::::::::::|:::::::| ̄   _/_;l!     
       |::::::::::::::::::::::::::|::::::::| .   /::|
      .!::::::::::::::::::::::::/l::::::::| /  ̄´::::|
       |::::::::::::::::::::::./_|:::::::::|':::::::/::::::.!
     ./ :::::::::::::::::/. !::::::::::l:::::/::::::jl
     / ::::::::::::::::i二 ヾ |:::::::::::!二j:::〃
    .〃:: ::::::::::/::::::::`ヘ_|:::::::::.!ヽ |' '
   //:::::::: :::::!: ::::::::::::::::::::l:::::::::ト-、!、
  ./'l::::::::::::::::|::::::::::::::::::::ヽ,:l:::::::::|``''∧
  ! |::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::|:::|: ::: :l ̄~レ'、
  l !:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::|::::l:::::::::l::::::|  !






436以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 19:34:23.12 ID:4OUFPWSC0

                               /: : ::::i:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;:::|
                              /: : :::::::::i::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;::l
                             /: ::::::::::::::::ヽ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ノ
     ,,, - ―ー‐‐ 、               /: ::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/
    /::::::::::::::::: ̄`‐、\             /: ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/
  /::::::::::::::::\、::\:::::\ヽ           /: :::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;\:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/
  /::::::::::l:::::::::ヽ、\ヾヽ:::::::ヾ、          /: :::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/    「お前強いらしいな。
 (: : : ::::ヽヽ、::\>'<;;`iヽ::::l`:l , ‐ー‐-、、 /: :::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;-‐'''′     俺に溶けた奴と同じくらい
  l:i:::::::::ヽi\_>-ゝ`''′|/>::i/  -‐-、ヽ/: ::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;-‐‐'''′         強いって聞いたぜ」
  |lヽ::::::::`:l/、;;>  、 ,, -、 | >l  /   ヾ/:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;-‐''′
  .| \:\::::\__  ( / .ノ/l l l ノ⌒∧ヾ、::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::,,-‐''′
    \ヾー‐'''ー‐‐‐‐'',(ヽ| ヽ| l,,, ノヽ\ヽ、;;;;;;;;;:::;;-‐'''′
      `\      く >  |ヽレ<;;;;;;;;;;; -‐‐ヽ′
             └ゝ  /| iヽ   ̄  /  ヽ 
                l  `ゝ、、 ̄)‐'′  ..ヽ
               丶    `'''′     ..ヽ
                ヽ            ..\
                 ヽ            ....ゝ、
                 ヽ              ..l
                  \             ...\







437以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 19:36:39.28 ID:4OUFPWSC0

        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
       l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;r、;;;;;;;;;;;;;;;;;!
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;!
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;|ハl;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|l::: };;;;;;;;;;;;;;;;!     「あなたほどじゃないわ。
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;l;l!:ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|l  ,|l!;;;;;;十;;!;卞;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;|l:ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!     きっと私はあなたに勝てない。
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|尓卞ト;;;;;;;;;;;;;;;;|l  |l!;;;;;;|ハj|;;;;;;;|!';;;;;;;;;;;;;;;;;|l|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!     どうぞ、喰らいなさい」
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|___ヽ  ̄ ̄   /´,.ィ‐trテ川、|;;;;;;;;;;;;;;;;|!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|Tハヾ弍c         ´ ヽヘゞ孑`|;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| `ー ''´          川  |;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|、              l!! !  j川フ\;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| \,.c‐-、  、      ll|ム/彡_  _>;;;メ≦三三ヾ、
       |;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;丁   !:.:.:.:::::}、 ´ニ"::`  /´       `ヽ/    ___\__
       /|;;;;;;l;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;|  丶::_;;ノ |>、 _  ィ:.:.:.:...         ヽ  /:::::::::::::::::::::::ゝ|
       / |;;;;;;l;;;;l;;;|;;;;;;;;;;;|ヽ  r‐|、   ト、  ∨:.:.:.:.:.:.:.:.         ∨::::::::::::':::::::::::::::::::|}
     /:.:.:|;;;;;;l;;;;l;;;|!;;;;;;;;;;|\`ノ ハ   |、__/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:         l:::::::/::::::::::::::::::::::::|
    /:.:.:.:.:|;;;;;;l;;;;l;;;|l;;;;_;_;;レ‐/  /! l   |:::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::          l::〃::::::::::::::::::::::::;|
   /:.:.:.:.::::ハ;;;;|!;;;;l;;;/ /  /  / |  |   ∨::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:          l::::::::::::::::::::::::::::;;|



439以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 19:39:46.37 ID:4OUFPWSC0

                               /: : ::::i:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;:::|
                              /: : :::::::::i::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;::l
                             /: ::::::::::::::::ヽ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ノ
     ,,, - ―ー‐‐ 、               /: ::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/
    /::::::::::::::::: ̄`‐、\             /: ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/
  /::::::::::::::::\、::\:::::\ヽ           /: :::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;\:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/
  /::::::::::l:::::::::ヽ、\ヾヽ:::::::ヾ、          /: :::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/ 「潔くていいじゃねぇかよ。
 (: : : ::::ヽヽ、::\>'<;;`iヽ::::l`:l , ‐ー‐-、、 /: :::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;-‐'''′ だがな、俺の中に溶けてるのは
  l:i:::::::::ヽi\_>-ゝ`''′|/>::i/  -‐-、ヽ/: ::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;-‐‐'''′   四分の一だけだ。
  |lヽ::::::::`:l/、;;>  、 ,, -、 | >l  /   ヾ/:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;-‐''′      それなら、お前の方が強いんじゃないか」
  .| \:\::::\__  ( / .ノ/l l l ノ⌒∧ヾ、::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::,,-‐''′
    \ヾー‐'''ー‐‐‐‐'',(ヽ| ヽ| l,,, ノヽ\ヽ、;;;;;;;;;:::;;-‐'''′
      `\      く >  |ヽレ<;;;;;;;;;;; -‐‐ヽ′
             └ゝ  /| iヽ   ̄  /  ヽ 
                l  `ゝ、、 ̄)‐'′  ..ヽ
               丶    `'''′     ..ヽ
                ヽ            ..\
                 ヽ            ....ゝ、
                 ヽ              ..l
                  \             ...\



442以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 19:43:24.67 ID:4OUFPWSC0

     /:::::::::::::::::::::::::::::::::: :::l::ll::::::::::::::l|!::::::::::::::::::!|::::::::::::::::::::::ヽ
.     !:: :::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::l|:::::::::::::ll|::::::::::::::::::|||:::::::::::::::::::::::::l
     |:: ::::::::::::::::: :::::::::::::::::|:|!:ll:::::::::::::||l: :::::::::::::::l||::::::|::::::::::::::::::.!
     |:: ::::::::: ::_l||::::::::::::::::::|ll.l||::_:::_| ll :::::::::::::||.!:::::|l:::::!::::::::::::|
     |: ::::::::: /、ll|::::::::::::::::::|>|ァ-、、''ミ  ̄ ̄ ̄〃ニ‐く∠!:::::::::::| 「本当にそう思っているのなら、たった一人で
     |:::::::::::::! /l!|: :::::::::::::::||/;|、::、 !\'    ''ィ'L'i:.! ∨::: :.!::::::| 私を捜したりしない。
     !::::::::::::::!.l.|!|:::::::::::::::::|ヽ:l-‐',ノ  '     .!-'丿 /:::.!:::l:::::f| 貴方は共食いを繰り返しながら、強くなっていったのよ」
     |:: :::::::: :ヽ.!||: :::::::::: ::|l| l`.´         ´  .!:: :|::l||::::ll|
     |:: :::::::::::: ::||:!: ::::::::: ::||| │        !    /:::::l!:.!||:::|l|
    ,l:: ::::::::::::::::::::::::::::::_::_l:!|| │     ´     /.::::::.!|:|.!|:::|l!
    l|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ト、 |    ─‐‐   /.:::::::::i| ̄  ̄
     l|::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::||  丶、      / :::::::::::::::||
    !|:: :::::::::: :::/|::::::::::::::::::|.| 、  .` ー┬ '´::::::::::::::::::::::::l|
   l:!::::::::::::::::/ :l|::::::::::::::::::l |、 丶、  /丶、:::::::::::::::::::::::|.!
   l:!|::::::::::/::::: !|:::::::::::::::::.! !、ヽ  \ l i  !ヽ:::::: :::::: ::::ll|
  !:|:!:::/'"`ノ ー!|: ::::::::::::::::|:.!:::ヽ丶、 ヽ!   ! |:、!::::: :ヽ:::|.||
  !::!'´ノ>∠: :: :||!::::::::::::::::::.!:|:::::::\ヽ .!   | .!:(ヽ:::: ::ヽ|、!|
/:: ̄ソ '´   \::|:l|::::::: ::::::: :|:.!:::::::::::ヽ ヽl   | !::::ヽ:::::::::ヽ:\



449以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 20:09:04.24 ID:4OUFPWSC0

          /: : l        ;;;;;;;;;;,         l      |ヘ,        |
         /: : ::l         ;;;;;;;;;;;;        l      |: :;;X~      |
.        / : : : :l       ;;;;;;;;;;;;;;         l   ,、ャヒ''゙ ヘ      /
;,         /:: : : : :゙l       ;;;;;;;;;;;;;;;,         ,' l. //l: : : :ヘ,      |l
;;;;       /:: : : : : ::l      ;;;;;;l;;;;;;;;;;      ./ ;Y゙ / / ,、=三仁~フ  /l
;;;;;,     /: : : : : : ::ヘ;,      ;;;;;|l;;;;;;;;;;      ./派レ'゙ ム;;シ"~: : :l |./ ,/|l       「共喰い?」
;;;;;;;,    ./: : : : : : : ::ヘ;;,,     ;;;;;|:ヘ;;;;;;;;    ./派/|,,、≠":     l|/  /l゙;l 
;;;;;;;;;,    /: : : : : : : : : ヘ;;;,   ,;;;;;|: ヘ;;;;;;,    ./渉'゙,、il"/ :     ll|  /.l;;;|, 
;;;;;;;;;_;_,,,,,⊥;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,___ ヘ;;;,   ;;;;;|: :ヘ;;;;;;   彷'゙/I/:|/:  γ゙9  l | ,/ .|;;;l.l  
ヘ;;;;;;;;;;;, 丁~~゙゙"''ー=IIIIIIlヘー-、;;」__;;キォ;;   /": :||': : :   |a ノ  l゙ |,/ |;;;l゙
: ヘ;;;;;;;;;;;,,」;,;,;_____: : : : :~"'ーヘ;;;、=-!'゙''"l;;;;;  / : : :゙ l: : :    ゙'"  / /   |;;;l   
:: :ヘ,;/,ォ,|'''''''''''''''''''''''''==;, ヘ;;;;;;;l : : :l;;;; ,/ : : :   : : .  _,、/    |;;/  
: :/ソ";;;;|: : : : : ' ' ' ' ' ' ' :゙ヽ, ヘ;;;;;l : : :l;;; ,/ : : :   _~'"゙゙~,、         l/  
/ / ヘ;;;;;;| : : :  γ"9,   : : \l : : :l;;;/: : :.     """"         ι
・、,\ ヘ;;;l: : :   弋!ェノ   : : : : : : : l/                  
:: : :゙"''  ヘ;|: : .        _,、t''",: : :                        
l,: : : : : : : : :  ;_ : . _,、ャ*'゙ _,ィ'"゙: :           .. ,            
;;ヘ,: : : : : : : :~"''''''''"~: : : : : : : :         . : : ヘ,        
;;;;;ヘ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .       . : : : : : :ヘ,     
;;;;;;;;ヘ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .    . : : : : : : : .》      





450以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 20:11:12.60 ID:4OUFPWSC0

              _,,,__
          , -' ̄::::::::::::::::::::::`:ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!|'li:::::::::::::.!
       .!::::::::::::::::::::::,r、、:: ::::::::|` └┐::::::j!
       .|::::::::::::::::::::::.!ti|::::::::::::l `ー  !::::|`    「人を喰わずに共喰いをする。あなたも面白い人ね」
       .!:::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::||!    >:l     
      │::::::::::::::::::::::::|:::::::| ̄   _/_;l!     
       |::::::::::::::::::::::::::|::::::::| .   /::|
      .!::::::::::::::::::::::::/l::::::::| /  ̄´::::|
       |::::::::::::::::::::::./_|:::::::::|':::::::/::::::.!
     ./ :::::::::::::::::/. !::::::::::l:::::/::::::jl
     / ::::::::::::::::i二 ヾ |:::::::::::!二j:::〃
    .〃:: ::::::::::/::::::::`ヘ_|:::::::::.!ヽ |' '
   //:::::::: :::::!: ::::::::::::::::::::l:::::::::ト-、!、
  ./'l::::::::::::::::|::::::::::::::::::::ヽ,:l:::::::::|``''∧
  ! |::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::|:::|: ::: :l ̄~レ'、
  l !:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::|::::l:::::::::l::::::|  !






451以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 20:12:57.76 ID:4OUFPWSC0

:.     / ..:.:./  | :.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.       :.ト、:.:.:.. i:.:.:  ∧   i    :.:.
:.:.     |:.:.:./   ! :.:.:.:| V:.:.:.ト、:.:.:..       :.:| i:.:.:.:. |:.:.:. / |    |    :.:.
:.:.:    |:.:./_  V:.:.:.:|   V:.:.| ヽ:.:.:...    :.:.! |:.:.:.:/レ'´/ ̄ |   !    :.:i
:.:.:..    |:/  _二ミv:.:.:.!   V.|  \:.:.:. / .:.:./_,.┼千_」:.:<.  |   /    :.:|:    「俺は人間だ。共喰いなんかじゃない。
:.:.:.:.:..   |k' fr'"廴_,. ヘ:.:「≦、_ヽ!   V:.ノ_,斗≧‐┤/「:::レ'^ヾヽ_ | /     .:.::|:    モノ祓い師として、人間を喰う化け物を
ヽ:.:.:.:...  | `ヽ  {:::弋rヌ:ラヾ「`ー'_   V:.:.:.:/^ ゞ´j/-':::リ  〃´ レ'   .:.:| .:.:.:|:    退治しているだけだ」
:.:.ヽ:.:.:..  !   ヽ_ゞ-‐宀¨´'⌒ヽ    ヽ:V―-二 `¨≦-'′   /    .:.:.:.! .:.:.|:
:.:.:.:.\:.:.:. ヽ                    V            /  .:.:.:.:.:/.:.:.:.:!:
:.:.:.:.:.:.|\:.:.:. |              i             /  .:.:.:.:.:.:./::.:.:./|:.:
:.:.:.:.:.:..!、ヽ\:.!                   |}            / .:.:.:.:.:.:./:.:.:./ |:.:
.V:.:.ト、ゝ\ヽト、!                 ′            /.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:/  |:.:.
 V:.| V`>、ヘ `       ,.ィー-------,.ヘ、     ∠ イ:.:.:.:.:./ |/:.:/  j/
.  V!  V:.:.:i:.:.ヘ、      / 7´` ̄ ̄ ̄´ 〈 V      /:.:.:.:.:./ /イ   /
  ∧イ∧:.:ト、:.:.:`ヽ、    { {_: : : : : : : : :__:.ノ ノ   /:.:/|:.:./ /  ト、
―/  V  V| V:.ト、:i` .、  ゝ 二二二二 -‐'’  ,. ' |.:.:./  |:./    | `ー- 、
. /   /  ヽ! ヽ:| ト、!   ヽ、         ,.イ  |:./ |  !/     |     \





452以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 20:17:05.23 ID:4OUFPWSC0

        , ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... 、
          / .::::::::::::::::::::::::::::::::lil:::::::::::ll!|:::::::li|:::::::::::::::::::::. |
       ' .::::::::::::::::::::::::||| :: ||||::::::::: ||!|:::: ||l| :::::::::::::::::::: |
      |::::::::::::::::::l_l|_」||_|||l::::::::: |||.L,⊥||__:::::::::::::::::: |
       |.:::::::::::::::::::|、>ーニ、ヾー‐┘//ic(扎.|:::::::::ト:::::: |
       |:::::: |:::::::::|〉{ !cこ〉}ゝ     `ヽ-+tイ:::::::::| |:::: |
        l.:::::::: !:::::::::l' !ゝ-- '           | ||:: f!:: ! l::::::|     「そう」
.      | | :: | :::: _| |       , 、    │||:: ||:: |ノ::::: |
.      !:: | :::: ̄| |ハ|         _   ||∟!∟!:::::::::|     子供を馬鹿にしたような声をあげた。
      L| | :::: :: | |:|ーヽ     `ニ ´     イ::|:::::::::::::::|     圭一は地を蹴る。同時に少女も走り出す。
.       !:| | :::::::::| | !:: |:: ` i 、        イ :: | :| l::|:::::|:||     視界から逃したら、また消えちまう。
      | | | :::::::::| | |:: |:|::: 」   ` ‐-- ´   |、:: | :| |::|:::::|:l.|     そう考えたとき、進行方向から人影が現れた。
      | | | :::::::::| | レ<´<´ヽ、     /`>ヽ l |::|:::::|:|.|
      | |_レ :::: リ  , -、\. \   / //、│ト|:::::|:| |
     /´:::::::_::ノ  / (´ミ 、\ `/ /∠}<7|: ! |:::::ト!、!
    /r')´刀「     ゝーY⌒ヽヘ/ //ヽ「`ー<.|: | |:::::|yミj丶、






453以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 20:19:58.82 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i       そこにいたのは東郷だった。
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l       東郷は脇道と本道を両方ふさげる位置に立っていた。
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/       少女は振り返った。圭一はもう迷わず<モノ>の首に
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//        手をかけた。
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ






454以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 20:24:52.41 ID:4OUFPWSC0

            ,                          、
              /          lil   ll!|   li|        l
           '          |||  ||||    ||!|  ||l|         |
          |      l_l|_」||_|||l    |||.L,⊥||__        |
           |      |、>ーニ、ヾー‐┘//ic(扎.|   ト   | 「貴方の顛末、貴方の腹の中からみていてあげるわ」
           |  |  |〉{ !cこ〉}ゝ     `ヽ-+tイ   | |   !
            l    !   l' !ゝ-- '           | || f! ! l   | 手の中の細い首が、ボロリと崩れた。
             | |  |  _| |       , 、    │|| || |ノ   | 最後まで笑みを浮かべていた顔は、一瞬のうちに
             ! |  ̄| |ハ|         _   ||∟!∟!   | 黒い土くれに変わって圭一の足元に落ちた。
          L| |   | |.|ーヽ     `ニ ´     イ     |
              !.| |    | | ! | ` i 、        イ  |. | l |  | ||
          | | |    | | | |.| .」   ` ‐-- ´   |、 |. | | |  | l.|
          | | |    | | レ<´<´ヽ、     /`>ヽ l | |  | |.|
          | |_レ  リ  , -、\. \   / //、│ト!  | |.|
         /´  _ ノ  / (´ミ 、\ `/ /∠}<7| .! |  ト'、|
        /r')´刀「     ゝーY⌒ヽヘ/ //ヽ「`ー<.|. | |  |yミj丶、






455以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 20:26:44.08 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ
.|      .| { 〈| |    /   ヽ       「終わったな」
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ   
 ヽ.    / ヽ | |       _了´  
  /ヽw'゛    },,,|     厶     
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {






456以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 20:30:31.49 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l     「変な奴だった。人間みたいな姿して、人間みたいにしゃべってた」
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l 
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l 
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’ υ |::::::::l:::|::/ 
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l





457以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 20:32:27.43 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} | 「なに陰鬱な顔をしている。さっさと分けろ。こっちも腹が減ってるんだ」
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_    
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ



458以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 20:37:07.84 ID:4OUFPWSC0

:::::::::::: : : : : : : : : :: : : : : |\: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : i
:::::::::::: : : : : : : : ::::: : : : : | \: : : : :l:: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:: : : : : : : :|
::::::::::::: : : : : : : : ::i::: : : : |   ヽ:: : : ::|:::: : : : : : : : : : : : : : ヽ:: : : : : : ::|
::::::::::::: : : : : : : ::::l i:: : : /   ヽ::: : ::|、::::: : : : : : : : : : :::::: : :l::::: : : : :::::l  「いま分ける。がっつくんじゃねえよ」
::::∧::::: : : : :: : :::i l:: : :/   __,>::.:::| \:::: : : : : : : : : ::::::::: :|:::::: ::: :::::ノ
:::/ ヽ:::: : : :::: : ::|  l:: /,,,-/,,-=ヽ,::l、、ヽ:::: : : : : : : : ::::::::::: :|::::::: :::::::/  今はまだ<モノ>を仮に体の中に
:::ト、ヽ:::: : : ::: ::::|,/|/'''',,/′ ,-‐i/\ヽ i::::: : : : : : : ::::|ヽ:::::l::::::::::::::/  取り込んでいる状態だ。
>''`‐、、::::: : ::::ヽト'''' //   ( ‘ ' ) >' l::::l : : : :: : :::::l 丶:l:::::::::::::/  いわば、リスが頬袋に食料を一時ためるような物
  (´。\:::::::::::::|        `ー''  /′∨: : : ::::: :::::l /i/:::::::i:::/   これを四人で分け、それからようやく消化を始める。
、  ヽ ノ \:::::::|     - 、 、___ /   /: : ::ハ:::::/,/:::::::::::::/|/    圭一が手を差し出す。東郷がその手に自分の手を
 `ー-'′  \:|              /: : :://,ゝ::/'::::::::::::::/、    重ねようとしたとき、ちょうど角を曲がって
:\     i               /: :/,__,-'i/ヽ::::∧:/ ヽ   涼子がこちらに来たのが見えた。
ヽ::\    l               // ノ   l ヽ/ ∨  ヽ、_,,、
 `ゞ.ー  /        _     ′ /       /        ``ー--、、
   \、 ` ‐ __,,,,,--=''-‐''''\    /        /              `ー--
     \、  \''(′  _,,-)   /       /
       \、 `ー===-‐''′ /       /




470以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 21:08:51.59 ID:4OUFPWSC0

               / , - ' ¨  \ ` >-、
             / / , ' , '   |‐'´  ヽ
            /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ / ! !
           //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /   「やっと見つけた。二人の気配が重なっているから
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/     どうかしたのかと思って。あ、もう終わったの?」
          // │ ヽ! |    rーy    / 〃
         //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |       そうだよ、一足遅かったな。そう言おうとした。
         //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !      だが、圭一の意に反して、口の代わりに体が動いた。
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !      地面を蹴り、涼子の白い首めがけて襲い掛かる。
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
      ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
      ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
     | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|
      ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ//ヽ



471以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 21:13:02.40 ID:4OUFPWSC0

               / , - ' ¨  \ ` >-、
             / / , ' , '   |‐'´  ヽ
            /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ> u | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ   u ム,Lハ / ! !    「え?」
           //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/    涼子は目を見張った。
          // │ ヽ! | u  rーy    / 〃      圭一の指先が涼子の首にかかり、彼女を押し倒した。
         //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |      指に力を入れる。その瞬間、圭一の腕と胸倉が乱暴に
         //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !      つかまれた。東郷だった。
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
      ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
      ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
     | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|
      ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ//ヽ






472以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 21:13:59.55 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_     「お前、なんのつもりだ」
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ




475以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 21:18:22.22 ID:4OUFPWSC0

     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     ヾ \il
       \.i. \:.:ノ._   /            `i
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨ヽ
.                 /  i  l l     , '
                 i /l / .l   /   ,, --
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~     「ふふ。最後に少々悪ふざけをしてみただけよ。
              _,,,__
          , -' ̄::::::::::::::::::::::`:ヽ                      圭一の口から少女の声が出た。
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                    東郷がわずかに身を引く。
        ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!|'li:::::::::::::.!
       .!::::::::::::::::::::::,r、、:: ::::::::|` └┐::::::j!
       .|::::::::::::::::::::::.!ti|::::::::::::l `ー  !::::|`    
       .!:::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::||!    >:l
      │::::::::::::::::::::::::|:::::::| ̄   _/_;l!     
       |::::::::::::::::::::::::::|::::::::| .   /::|
      .!::::::::::::::::::::::::/l::::::::| /  ̄´::::|
       |::::::::::::::::::::::./_|:::::::::|':::::::/::::::.!






476以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 21:20:59.33 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ
.|      .| { 〈| |    /   ヽ     
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ       「お前」
 ヽ.    / ヽ | |       _了´  
  /ヽw'゛    },,,|     厶       
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {





480以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 21:25:00.49 ID:4OUFPWSC0

               ___,,
            ,,-''⌒...................``丶、_
          / ::::::::::::::::::::::::::::::::::   ヽ
         / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::ヽ
        / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::ヽ
        / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......:::::::::::::::::l 
        l :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:|  「・・・・・・戻った。戻ったよ。前原圭一だ。だからもうどいてくれ」
       ,,,l : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:l
      /..ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:| /     ―――貴方たちのようなまじりものの異端者が最後はどういった
      /....,-ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /⌒i     結末を迎えるのか、興味がある。私もその一助となろう。
     ヽヾ....、、> ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ノ....... \
      ヽヽ..>イY\,-‐'''  ̄ ̄```ヽ/................ ヽ
     /.ヽヽ{└|/_: : : : : : : : :_,,\、---‐‐‐ミ、、、
    ,,-‐'''''⌒ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶ミ>、、
   /   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ヽ、 _
  /  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ........ヽ
  /  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }........... i
 ∧  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : /...........丶
 | ヽ  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : /......... /







481以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 21:26:13.10 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  |
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i   「本当に、大丈夫なんだな?」
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ






482以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 21:28:28.94 ID:4OUFPWSC0

 l i  .::::l  .:::::::::::::ヽ :::::lヽ::::|  __\:::::::::l::\:::::::::::::::::::::::::::::::r‐丶:::
 |イ .::/l .:::::  ::::∧ :`|`ヽ:l ̄    :::::\:::::|::::::\:::::::::::::::::::::::::r:::::::l:::
  | /  | ::: /| ::::| lヽ :l ::ヽl    _ _:\l:::::::::::ヽ/::::::::/:::::|::::::ノ::::
  l′  l : / l ::l | ヽ| :  ̄  ̄   ::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:、::::l:/::::::   「ああ、はやく消化しちまおう。気持ち悪い・・・」
     ヽ /  ヽ:|  l           :::::::::::i::::::/::/l:/::;-∨::::ハ::::
      /    ヽ ノ           ::::::::::u://::;;;/─'''\::/ |/    どっちが共なのか、俺はちゃんと<モノ>を喰う事が
            l            ::::::::::::::::/: : : :/ ̄⌒```    出来たのか。それとも逆に喰われてしまったのか。
            \      _,,, -‐っ::::::::/.: : :/ : : : : /..: : :    頭がぼんやりして、何もかもが曖昧だった。
             `ヽ、、   ヽ-‐''' ̄::::/..: : : :/: : : : /.. : : : : :
               /`>ー----、:::ヾ:、: : : :/: : : : / .:: : : : : :
              /  .:l: \: : : l/`::::l: ヽ: /: : : : / .:: : : :/: :
              l  .: :|: : :/>: :|_,,,,ノ : :∨ : : : :l : : :/: : : :
              | :. : : l: // : : l;;;、''´ : : : : : : : :/ .:/: : : : : :
              > :ヽ: l/: :\: :l;;;ヽ: : : : : : : : :( ''': : : : : : : : :
             r''′ : :ヽ : : : : :`ヽ、l : : : : : : : : :|  : : : : : : : :
            ノ    : :ヽ: : : : : : :(:: : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :
            /    : : : :\: : : : : :ヽ : : : : : : :∨ : : : : : : : :
           /    : : : : : : ヽ: : : : :ヽ : : : : : : :l .  : : : : : : : :
           /    : : : : : : : :丶 : : : :ヽ : : : : : :l :: : : : : : : : :
          <    : : : : : : : : :∧: : : : :ヽ : : : : :l : : : : : : : : : :




501以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:01:31.28 ID:4OUFPWSC0









それは、本当は些細な事だったのかも知れない。でも、お互いがお互いを譲る事が出来なくて―――











504以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:02:40.01 ID:4OUFPWSC0

                 \、    \: .、 __
                  ヽ` 二二二ム、:`: . 、: : .ヽ、
                 , -= 三- ニ= >、: . }: . }ヽ- 、
                / _ > ´_. : : :ニニ>、ヽj/, ト、: . \
               ′//. /: :/. : :ィ´. : >:、 :j/ | : :i\ '.
               / //. :/ /:/. : :/: :/jノ .イ : i l: . ヽ '.
             _乂/イ: . /. /:/. /,イl _ ' _:/:/. :/ l: : i: . }           「なんで彼女を喰った」
               , -/. //. ://. /__/≠ イ/:/:/: :/|: l: : :ト: . |
              { ,: /://. . :// .// 7/!. : /:/:ィ: :/イ:/: :⊥l:ハ}           東郷はうるさげに顔をしかめ、
            _  - 7 |イ: |イ: :〃>i〈|/|' l: ./!_ノ/ィ⌒V7: : ハ∨ |!、          圭一をみやる。
       _ -― ´   /  |/_.ノ_:/イ /|八f>v:ム_∠バゞ'ソ/: :/} _j'   ヽ
       { ,      /       |7,ィ:ハ\、ゞ<|l :::::  `¨¨7:/_ イ、     '、
      ハ     、 {    i / .|:!-、`ヘ  ̄ ` i    /´ ´ノ j  - ¨¨ヽ \
      l      ヽ\  \、´ ̄ |!  ` >、 _ `rー1 // / /      `>-─…─- 、
      ヽ       |  ` 、 `   i    \ヽ 「>= < /   ∧ l          , - ─- 、\
        ',     l    ゝ-―ヘ i    / ノ    ./     |         /      ヘ .
        '.     l         v     .イ\   /  , ヘ  i ! :|   、    { ヽ       i |
        '.    '.        l   /::.::ハ、   / /- '|  V |    ヽ   |  ヽ      } }
        '.    '.      ノ  i {::.:l:: ヽ\/'´____,j  ヽ  、    }/  l   \     ,/
         '.    '.   _ - ′  j |::.:!:  ..: `>──::ハ   \ヽ  / _ノ     ヽ  /



507以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:09:36.52 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ       「わかりきった事を聞くな。幽霊を喰うぐらい、お前も何度もやっているだろう」
.|      .| { 〈| |    /   ヽ         
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ      最近校内で悪い事ばかり起こるので祓って欲しいといわれた学校には、
 ヽ.    / ヽ | |       _了´     確かに霊の集合体がいた。その中に、おそらくこの学校で亡くなったであろう
  /ヽw'゛    },,,|     厶        少女はいた。圭一たちは集合体を喰いつくし、その少女も自由になるはずだった。
 ./      \ ` 、     〈       それなのに。
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉      東郷はその少女をねじ伏せ、喰った。
       ̄~` ‐- 、  {






508以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:12:44.99 ID:4OUFPWSC0

                 \、    \: .、 __
                  ヽ` 二二二ム、:`: . 、: : .ヽ、
                 , -= 三- ニ= >、: . }: . }ヽ- 、
                / _ > ´_. : : :ニニ>、ヽj/, ト、: . \
               ′//. /: :/. : :ィ´. : >:、 :j/ | : :i\ '.
               / //. :/ /:/. : :/: :/jノ .イ : i l: . ヽ '.
             _乂/イ: . /. /:/. /,イl _ ' _:/:/. :/ l: : i: . }        「安らかに眠ろうとしている奴を
               , -/. //. ://. /__/≠ イ/:/:/: :/|: l: : :ト: . |        力ずくで引き止めて喰うのは
              { ,: /://. . :// .// 7/!. : /:/:ィ: :/イ:/: :⊥l:ハ}         ルール違反だ!」
            _  - 7 |イ: |イ: :〃>i〈|/|' l: ./!_ノ/ィ⌒V7: : ハ∨ |!、         
       _ -― ´   /  |/_.ノ_:/イ /|八f>v:ム_∠バゞ'ソ/: :/} _j'   ヽ
       { ,      /       |7,ィ:ハ\、ゞ<|l :::::  `¨¨7:/_ イ、     '、
      ハ     、 {    i / .|:!-、`ヘ  ̄ ` i    /´ ´ノ j  - ¨¨ヽ \
      l      ヽ\  \、´ ̄ |!  ` >、 _ `rー1 // / /      `>-─…─- 、
      ヽ       |  ` 、 `   i    \ヽ 「>= < /   ∧ l          , - ─- 、\
        ',     l    ゝ-―ヘ i    / ノ    ./     |         /      ヘ .
        '.     l         v     .イ\   /  , ヘ  i ! :|   、    { ヽ       i |
        '.    '.        l   /::.::ハ、   / /- '|  V |    ヽ   |  ヽ      } }
        '.    '.      ノ  i {::.:l:: ヽ\/'´____,j  ヽ  、    }/  l   \     ,/
         '.    '.   _ - ′  j |::.:!:  ..: `>──::ハ   \ヽ  / _ノ     ヽ  /



509以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:14:27.74 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ
.|      .| { 〈| |    /   ヽ       「お前のルールなど知ったことか」
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ   
 ヽ.    / ヽ | |       _了´  
  /ヽw'゛    },,,|     厶     
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {






510以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:17:38.70 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;       「圭一、東郷を責めるのは筋違いだよ」
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !       加持は腕を組み、難しい顔をしていた。
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /         竜崎と涼子は仲裁に入る気はないようで、おのおの
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/            別の方向を向いて押し黙っている。
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 





513以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:19:24.04 ID:4OUFPWSC0

:::::::::::: : : : : : : : : :: : : : : |\: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : i
:::::::::::: : : : : : : : ::::: : : : : | \: : : : :l:: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:: : : : : : : :|
::::::::::::: : : : : : : : ::i::: : : : |   ヽ:: : : ::|:::: : : : : : : : : : : : : : ヽ:: : : : : : ::|
::::::::::::: : : : : : : ::::l i:: : : /   ヽ::: : ::|、::::: : : : : : : : : : :::::: : :l::::: : : : :::::l   「うるせぇよ。おっさんにはどうせ分かんねぇよ!」
::::∧::::: : : : :: : :::i l:: : :/   __,>::.:::| \:::: : : : : : : : : ::::::::: :|:::::: ::: :::::ノ
:::/ ヽ:::: : : :::: : ::|  l:: /,,,-/,,-=ヽ,::l、、ヽ:::: : : : : : : : ::::::::::: :|::::::: :::::::/
:::ト、ヽ:::: : : ::: ::::|,/|/'''',,/′ ,-‐i/\ヽ i::::: : : : : : : ::::|ヽ:::::l::::::::::::::/
>''`‐、、::::: : ::::ヽト'''' //   ( ‘ ' ) >' l::::l : : : :: : :::::l 丶:l:::::::::::::/
  (´。\:::::::::::::|        `ー''  /′∨: : : ::::: :::::l /i/:::::::i:::/
、  ヽ ノ \:::::::|     - 、 、___ /   /: : ::ハ:::::/,/:::::::::::::/|/
 `ー-'′  \:|              /: : :://,ゝ::/'::::::::::::::/、
:\     i               /: :/,__,-'i/ヽ::::∧:/ ヽ
ヽ::\    l               // ノ   l ヽ/ ∨  ヽ、_,,、
 `ゞ.ー  /        _     ′ /       /        ``ー--、、
   \、 ` ‐ __,,,,,--=''-‐''''\    /        /              `ー--
     \、  \''(′  _,,-)   /       /
       \、 `ー===-‐''′ /       /






517以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:22:13.63 ID:4OUFPWSC0

      ,.=-''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -、
    /               \
   ./                 .\
   {                   }
   .|   / ̄""''-=,,,,_,,,,,,==-'''"\  | 
   .l,  .(  ,. - ' .、     ,. - ,  .} |      
   l   > ,=ニ\ ゛ | ''゛_,=ヘ、 r' {_
  /~''i //_\_..`7| l、{''″/__`>ヽ |r`i
  l .{`|./ ヽ二・ニゝチ、 ! .ゝrニ・二r  } ! i l    「お前は奇麗事を並べているだけ。善人ぶって、自分を正当化したいだけだ」
  { {(l {      ノ | | ヽ   ::  }| ソ/
  ヽヽ|.{    /  | |  \    i.|//
   \|.i   /  ,,.. | l._,, . \  i !/
    乂i  /    - (__,)-゛   ' {丿
    .l .!、.      ,. !.,  .,   / |
    人 \   .!''''" ̄~ ̄`''!  / 人
   ./ | .\ ,\  '-"" ゛-'  / / | .ヽ
  ノ  .{  \ .ヽ,.,   .:   ,イ /  }  ヽ
-'″  l    `' 、`.───″    .}    ヽ




520以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:25:10.86 ID:4OUFPWSC0

;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::...........  .l
;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::..........ヽ.    ...l
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;:::::::::::::i;;;;;;;;;:::::::::::::...........    ヽ..  ........|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::;l;;::::::::::::|、;;;;;;;::::::::............::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::l   「てめぇ!」
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::;;|;;;;;:::::::::l:ヽ;;;;;;:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::::::l
;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::;;;lヽ;;;;::::::l:::::ヽ;;;;::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::/  その一言で、頭にカッと血が上り、
;;;;;;;|、;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;|:::ヽ;;;:::::l,,.-‐ゝ-::::::|::::::::::::::::::;::::::::::::::|;;::::::/   圭一は東郷につかみかかった。
;;;;;;;l:ヽ;;;;;;;;;;;;;;、::::;;;;l:::;;;ヽ''':;l/,;;;;_,ヽ、、l::::::::::::::::;;::::::::::::::l;;;:::/  お互いが胸倉を締め上げ、まさに頬を殴りあう形となる。
\;;|::::\;;;;;;;;;;ヽ;;;;;K_;;-i;'/‐''' ̄``ヽ\i\:::::::::;;;:::::::::::::::|;;;/
:::\i:::::::\;;;;;;;;;;;;;;/::: 'l/ /⌒、). ヽ:/:)/:::::::;;;;;:::::::::i;::::l;;/
:::::::::ヽ::::::::\;;;;;;;;/ ::   、、_,,.ノ  V/:::::::;;;/;;;::::::/,:::/;/
::::::::::::::::::::::::::\;;/ :  `丶、 __,,, イ::::::::::;;イ;;;;;;:::::/;;:://
::::::::::::::::::::::::l ::::ヽ         /:::::::;/:::i;;;;;;:::://|//
::::::::::::::::::::::::l ::        /:::://::::;;};;;;;::::/、_l/
:::::::::::::::::::::::,|         /;-'''::::/_//l;;:::/: : /``ー、、_
::::::::::,、‐‐-`'___,,,,、、   /''´...:: /:|;;;;/:l/ヽ: :      ``'ヽー―---、、__
:::::::/-、`--ー‐-='、ヽ     /: l;/: /: :l : :ヽ
:::::::l (、       ノ l   /:/: : /: : : : : l: : ヽ
\:::ヽ、二_‐_ー_-_,,,,ノ /::::::/: : : : : : : :  l
::::::\:::::::::::..     /::::::::::/: : : : : : :   l





523以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:29:57.30 ID:4OUFPWSC0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;    「いい加減にしないか!」
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !    加持の叱責が飛んだ。その途端、二人の間に”壁”が生まれ、
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /       それにはじかれて二人は引き離された。
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 



526以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:36:09.00 ID:4OUFPWSC0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !  「くそっ」
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃    圭一は毒づいて自分を包む”壁”に抵抗しようとした。
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/     だが、すぐにやめる。無駄な抵抗だと思ったからではない。
     ヘ   ! \   !.                   /  /  体に当たった”壁”が思いのほか脆く感じられたからだ。
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"!    簡単に破る事が出来そうなほどに。
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/  東郷も抵抗を止めていた。

.           ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ   加持は今までにない厳しい顔で二人を睨んでいた。
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/   だがその顔は明らかに白かった。
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 





529以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:44:54.97 ID:4OUFPWSC0










次の日、圭一は久しぶりに実家へ帰っており、鍋を三人で囲んで夕食をとっていた。
最初東郷は黙々と鍋を食べていたが、突然箸をおき、朝倉に話しかけた。















530以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:45:55.29 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ
.|      .| { 〈| |    /   ヽ       「・・・・・・朝倉」
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ   
 ヽ.    / ヽ | |       _了´  
  /ヽw'゛    },,,|     厶     
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {





531以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:48:59.58 ID:4OUFPWSC0

               ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: ..::::/:: |::::::   i::|./|:::.  \
              / ..:| :::::f::/::|::::|i::i|::::::: |i::: |i:::::: |.::|-、:::::|::::   i, \
            /../ヘ:::::Y:::::|::::|ヘト:::::::::| |:::||:::: i|:::|  ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
           //::::i:::>‐‐|::::::\|-|=i≡|ミ|三|ミ | |::|   |::|i::  |: |:...  i
          /'/..:::::::|:/ 仁|:::::: i::: ::|,=テ=-ヾ:!\:| ヾ  _|:ハ::  |:::|::::|i: |
        ,イ´/ ..:::::::::::|ヽ ヽ|:::::: |:::: i`!f;;r`}ヾミ `  =≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::|
   ィ= ̄...::/ ..::::::::/ヘ:::\_l::::::..ハ:::: {!=ン     ,テ卞t ヾリ_| !:||:::| |::|
- ̄,   ..::::/ ..:::::::::/::::/ヽ:::::|::::::::.∧:: t       fゞkリミ ,/::::/;:;リ|_:| t;!    「何?」
::::/  ..::::/  ..::::::::/::/三≧ユ=- 、::..ヘ_|      j `=´/`::T |/
/ ..::::/  ..::::::::::/::∠/.:_イ ̄   ーミヽ:::ヽ  rー‐ァ   イ::::: ::|
 ::::/  ..:::::::::::/ン/.:/´ /         ヽ::ヽ `´ _,.イ::::i|::: ::| |
::::/ ....:::::::::::::://.:/ /            、j-':::::::::::::l:::| |:: |i !
/ ..:::::::::::::::::/.:./  /          [   }::::::::: ::::::: |!,! |:  |ヾ|
 ::::::::::::::::://   /            |  /::::::::::: ::|::: | |:_!
:::::::::::::::/`    |             | ,イ:::::::::::  |::: | `
::::::::::/      |  i            Y: :|:::::::|::: |::: |
::::/        | |            |: :|:::i |::. |: |
/          | ,|           | /.:: :|:::ト:: ト、 ヘ |
           | |           |´.:.:.: :t::| i:: iヘ  ヘ
           V          /.:.:.:.:.:.: :l:::| i:. i ヽ Y
           |          ,!.:.:.:.:.:.:.:.: :|::| t: |  ヘ 'i





533以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:52:00.85 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ
.|      .| { 〈| |    /   ヽ   「多少いいすぎたような気もしなくはない。フォローしておいてくれ」
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ   
 ヽ.    / ヽ | |       _了´  何の話かと思ってきょとんとしていると、竜崎が苦笑交じりに問い返した。
  /ヽw'゛    },,,|     厶     
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {




534以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:53:18.33 ID:f55XuR5r0

竜崎やっと出番wwww





535以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:54:13.26 ID:4OUFPWSC0

   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::`:::ー::- /
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':ー‐-/
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;:::::::::/   
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::::::::;'    
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、:::::::l     
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:__」        「圭一君に?」
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::`i       
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、:::l         そこでやっと昨日のケンカの話だと理解する。
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!`i、!       東郷は顎をわずかに引いて頷いた。
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ .|/l
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ   '、
         ',   ',. i\          / / l    .::〉、
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._   .//\
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``' ‐<    \
' ´    ヽ  ヽ `' 、ヽ\:!     / /      ` ' ー- 、





537以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:56:40.43 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ
.|      .| { 〈| |    /   ヽ       「まあ、基本的には言った言葉を撤回するつもりはないがな」
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ   
 ヽ.    / ヽ | |       _了´      涼子は小さくため息をついた。
  /ヽw'゛    },,,|     厶     
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {




540以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 22:59:52.09 ID:4OUFPWSC0

                   , -...、
              r- 、..--/::::::::::丶,.__
           _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、
          r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.
          ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ
           ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l
.         l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l
           | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘
          l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |         「やれやれだわ。いいけどね」
          ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |
         |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |         急須を持ち上げ、東郷の湯飲みにお茶を注ぐ。
         |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |         見るとまだなにかためらっているように見えた。
         l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|
         l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',        「どうかした?この際だから聞いてあげるわよ?」
         |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ
         ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
        /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _::\
        /:/│|/::::::::::::: ,'/_,. --- 、-‐/ /:::/ ::::::::: |/ / /´ヽ
        /: ' l .' :::::::::::: l l === ==/ /:::/ ::::::::: |./ /    ',
.       /::::|. │| ::::: :::::::::|      / /:::::::::::::::::::::,'  /  __|__
      /::::: |. |│::: l ::::::::|  rt 、 / /::::::::::::::::::::ノ  / r' ´ 三三 j





543以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:01:45.88 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ
.|      .| { 〈| |    /   ヽ       「昨日の、いらないか。俺が喰った霊的<モノ>」
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ   
 ヽ.    / ヽ | |       _了´      例の少女の幽霊だ。涼子は驚いて目を見開いた。
  /ヽw'゛    },,,|     厶     
 ./      \ ` 、     〈     
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {





544以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:03:02.42 ID:4OUFPWSC0

               ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: ..::::/:: |::::::   i::|./|:::.  \
              / ..:| :::::f::/::|::::|i::i|::::::: |i::: |i:::::: |.::|-、:::::|::::   i, \
            /../ヘ:::::Y:::::|::::|ヘト:::::::::| |:::||:::: i|:::|  ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
           //::::i:::>‐‐|::::::\|-|=i≡|ミ|三|ミ | |::|   |::|i::  |: |:...  i
          /'/..:::::::|:/ 仁|:::::: i::: ::|,=テ=-ヾ:!\:| ヾ  _|:ハ::  |:::|::::|i: |
        ,イ´/ ..:::::::::::|ヽ ヽ|:::::: |:::: i`!f;;r`}ヾミ `  =≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::|
   ィ= ̄...::/ ..::::::::/ヘ:::\_l::::::..ハ:::: {!=ン     ,テ卞t ヾリ_| !:||:::| |::|   「まだ消化してなかったの?」
- ̄,   ..::::/ ..:::::::::/::::/ヽ:::::|::::::::.∧:: t       fゞkリミ ,/::::/;:;リ|_:| t;!
::::/  ..::::/  ..::::::::/::/三≧ユ=- 、::..ヘ_|      j `=´/`::T |/        東郷は決まり悪げな顔をした。
/ ..::::/  ..::::::::::/::∠/.:_イ ̄   ーミヽ:::ヽ  rー‐ァ   イ::::: ::|
 ::::/  ..:::::::::::/ン/.:/´ /         ヽ::ヽ `´ _,.イ::::i|::: ::| |
::::/ ....:::::::::::::://.:/ /            、j-':::::::::::::l:::| |:: |i !
/ ..:::::::::::::::::/.:./  /          [   }::::::::: ::::::: |!,! |:  |ヾ|
 ::::::::::::::::://   /            |  /::::::::::: ::|::: | |:_!
:::::::::::::::/`    |             | ,イ:::::::::::  |::: | `
::::::::::/      |  i            Y: :|:::::::|::: |::: |
::::/        | |            |: :|:::i |::. |: |
/          | ,|           | /.:: :|:::ト:: ト、 ヘ |
           | |           |´.:.:.: :t::| i:: iヘ  ヘ
           V          /.:.:.:.:.:.: :l:::| i:. i ヽ Y
           |          ,!.:.:.:.:.:.:.:.: :|::| t: |  ヘ 'i




546以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:07:34.12 ID:4OUFPWSC0

     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ
.|      .| { 〈| |    /   ヽ       「別に、自分一人のために喰ったわけじゃない」
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ   
 ヽ.    / ヽ | |       _了´     昨日からずっと分ける機会をうかがっていたのかと思うと
  /ヽw'゛    },,,|     厶       この律儀さに思わず苦笑してしまった。涼子は手を差し出した。
 ./      \ ` 、     〈       東郷が竜崎に視線を送り、竜崎はゆっくりと首を横に振った。
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {





547以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:10:06.98 ID:4OUFPWSC0

   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::`:::ー::- /
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':ー‐-/
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;:::::::::/   
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::::::::;'    
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、:::::::l     
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:__」        「私はいいですよ。お二人で分けて下さい」
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::`i       
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、:::l         
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!`i、!       
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ .|/l
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ   '、
         ',   ',. i\          / / l    .::〉、
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._   .//\
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``' ‐<    \
' ´    ヽ  ヽ `' 、ヽ\:!     / /      ` ' ー- 、




550以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:13:39.00 ID:4OUFPWSC0

 /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | | 繋がれた手から熱いものが流れ込んでくる。
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/  悪意のない綺麗な<モノ>だった。
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ     分け終えたあとも、なぜか東郷の手はすぐには離れず、
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「      けれどしっかりと涼子の手を包み込んでいた。
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |!           !          / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、       ー ‐       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八





555以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:20:31.92 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l 
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l         圭一は大学の帰りに加持の店に向かった。彼が経営しているのは
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’   |::::::::l:::|::/          和食器の店で、外装は丸太小屋のようなこじんまりとしたものだった。
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l





556以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:22:39.86 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i        「圭一か。今日は学校帰りかい?」
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |       
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、








557以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:24:02.44 ID:4OUFPWSC0

  /: : : :.i: : : : : : : : :.:.l、: : : :l: : : : : : : : : : .:. : 、: : : : : : : : : i
  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./     「そりゃあ平日のこの時間なら当然学校帰りだろ」
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃f::゚ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l' 弋/ ,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、リ   ´  , :/ l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     ヾ \il
       \.i. \:.:ノ._   /            `i
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨ヽ
.                 /  i  l l     , '
                 i /l / .l   /   ,, --





558以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:26:45.00 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i        「そうかな。君は手ぶらでくることもよくあるように思うけど、
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |        君が鞄も持たずに大学に通っているとは知らなかった」
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |      加持は眉を下げて笑いながら、店の奥の引き戸を開けた。
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ       「まあ、あがりなさい」
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、





560以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:30:46.02 ID:4OUFPWSC0










加持は圭一たちに二週間ごとに交代で加持の元へ訪ね、自分と他の三人の様子を包み隠さず
報告するよう指示した。圭一たち四人を監視するための工夫の一つだ。











564以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:34:20.54 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i        台所から出てきた加持の手にはお盆があり、その上には
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |       塩大福とほうじ茶が用意されていた。
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、






565以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:36:22.09 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l 
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l         「なんであんたはそこまで面倒見てくれるんだ」
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’   |::::::::l:::|::/         
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ          両手で湯飲みを受け取りながら、圭一は聞いた。
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/            「感謝してるって意味じゃねえけどさ」
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l




568以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:40:03.46 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l             「わかってる。感謝されても困るさ。私は君たちに対して
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |             責任ある立場だ。それだけだよ」
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ             圭一は加持を見た。あった頃に感じていた、正体不明の
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }               恐怖も神秘性も、今の加持には感じられなかった。
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、






572以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:43:52.37 ID:4OUFPWSC0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l 
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l         「あの時の<モノ>を取り逃がした責任を取ってるってことか?」
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’   |::::::::l:::|::/         
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ         
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl 
      \、ヽ . '- '     ,イ::/           
          ヽ,      _,,l:/-┐
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l





573以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/17(金) 23:47:42.58 ID:4OUFPWSC0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ            「そうさ」
.    」/  / /l7        ヽ     \   i
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |          加持は気軽な調子で頷いた。
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |          「自分でいうのもなんだが、確かに私はモノ祓い師として
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l          別格だったからね。どこかで驕りがあった。
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ          そしてその驕りが君たちの運命を捻じ曲げたんだ。
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }            責任は私にある」
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、         
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ    言葉の内容のわりに、加持の口調はあっさりしていた。
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、




576以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 00:08:48.96 ID:uPXAiGMK0

;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::...........  .l
;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::..........ヽ.    ...l
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;:::::::::::::i;;;;;;;;;:::::::::::::...........    ヽ..  ........|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::;l;;::::::::::::|、;;;;;;;::::::::............::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::;;|;;;;;:::::::::l:ヽ;;;;;;:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::::::l    「なんで今さらそんなこと言うんだよ。
;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::;;;lヽ;;;;::::::l:::::ヽ;;;;::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::/     あんた、ずっと俺たちに対して余裕ぶってて、
;;;;;;;|、;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;|:::ヽ;;;:::::l,,.-‐ゝ-::::::|::::::::::::::::::;::::::::::::::|;;::::::/     高圧的に接していたじゃないか」
;;;;;;;l:ヽ;;;;;;;;;;;;;;、::::;;;;l:::;;;ヽ''':;l/,;;;;_,ヽ、、l::::::::::::::::;;::::::::::::::l;;;:::/
\;;|::::\;;;;;;;;;;ヽ;;;;;K_;;-i;'/‐''' ̄``ヽ\i\:::::::::;;;:::::::::::::::|;;;/
:::\i:::::::\;;;;;;;;;;;;;;/::: 'l/ /⌒、). ヽ:/:)/:::::::;;;;;:::::::::i;::::l;;/
:::::::::ヽ::::::::\;;;;;;;;/ ::   、、_,,.ノ  V/:::::::;;;/;;;::::::/,:::/;/
::::::::::::::::::::::::::\;;/ :  `丶、 __,,, イ::::::::::;;イ;;;;;;:::::/;;:://
::::::::::::::::::::::::l ::::ヽ         /:::::::;/:::i;;;;;;:::://|//
::::::::::::::::::::::::l ::        /:::://::::;;};;;;;::::/、_l/
:::::::::::::::::::::::,|         /;-'''::::/_//l;;:::/: : /``ー、、_
::::::::::,、‐‐-`'___,,,,、、   /''´...:: /:|;;;;/:l/ヽ: :      ``'ヽー―---、、__
:::::::/-、`--ー‐-='、ヽ     /: l;/: /: :l : :ヽ
:::::::l (、       ノ l   /:/: : /: : : : : l: : ヽ
\:::ヽ、二_‐_ー_-_,,,,ノ /::::::/: : : : : : : :  l
::::::\:::::::::::..     /::::::::::/: : : : : : :   l



578以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 00:12:46.16 ID:uPXAiGMK0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |           「圭一の言う通り、私は余裕ぶってただけさ。なめられたら
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l            おしまいだと気負う新米教師みたいなもんだ」
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l            茶をすすりながら加持は言った。
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ            圭一はじっと加持を見つめた。
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }              加持は圭一を見返さない。
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、








579以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 00:15:46.98 ID:uPXAiGMK0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/         「俺たちが怖いのか」
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/           圭一は言った。
     ヘ   ! \   !.                   /  /
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"! 
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.           ヽ|ヽ ' !\       ____      /  ィ
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 





580以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 00:17:00.78 ID:uPXAiGMK0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |              「怖いさ」
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |              さらりと加持は答えた。
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ              「だが、怖がっていては君たちを守れない」
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、








581以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 00:20:24.69 ID:uPXAiGMK0

          _,,,,,---―--ヽ、
      _,-―'"    .:  :::\::::::: \ 
    ,/       ::::: :::::::::::\::::::::\ 
  /    /   :::::l::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ 
  / _.   │  :::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l 
 l::/     :|  ::::::::::::ハ:::::::ト、:::::::::::l::::::::::::l 
. lハ   、 ::|,. :::::ハr+キ''l''' リ::::::::::::l::::::::::l
.  | :::l::::l :::ハ|ヽ::l リ"''(゚i;。广’ |:::::::::::l::|::::l         「守る?」
   l :l::::::l:::l《゚iiハl    ー’   |::::::::l:::|::/          
   ヽlヽ::iVヽ.''"          レi:::l::::リ           加持は湯飲みを置き、突然立ち上がると引き戸を閉めた。
     ヽヾl:::ゝ  ’ _       ノ レ:::リl          客が来たら困るのではないかと圭一は訝しんだが、質問を
      \、ヽ . '- '     ,イ::/            ためらわせる雰囲気があった。加持は圭一の正面に座り
          ヽ,      _,,l:/-┐           直し、ようやく目を合わせた。
..             ̄'二〕 |ヽ   l 
          「 ̄  .|   | l   / `ー― 、
.           | ヽ i/.ノ_,,-'' l/       \
          レ/. ト―l              ヽ
        / ヽ .|;;;;/       /       ヽ
.       /    .ヽレ゙        /          l 
.      /                l .l           l 
      ハ                ll         l 
      |.l                 l          l





582以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 00:27:56.40 ID:uPXAiGMK0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \ 「手に負えなくなる前に君たちを祓ってしまおうという動きが強くなっている。
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、 夏の始めに、京都でかなり物質度の高い<モノ>を祓っただろう。あの時以来、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i; その動きが強まってきていて、今がその最高潮にあるんだ。君たちを殺す事が
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl できる時期の、ぎりぎりの境界線は今だとね。ばらしてしまえば、ここ最近は
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ ! ずっと、君たちに本家の監視がついている」
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/       圭一は息を呑み、思わず加持の全身を眺め回す。
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 




585以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 00:33:10.98 ID:uPXAiGMK0

| /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
|/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
    !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
     !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/
.    !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.    ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/           「なんで、それを俺に教えてくれる」
     ヘ   ! \   !.                   /  /
      ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"! 
       \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.           ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
              ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
               !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / / 
                 ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                /  |   ゛ -- '"  |'   !
              /   ./|            | ノ  \ 




584以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 00:30:44.17 ID:uPXAiGMK0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl       「言っただろ、君たちを守るためだ。正直に言おう。私はもう、
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !       今の君たちには勝てない。この前の、圭一と東郷の喧嘩の
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /         仲裁で、それをよく思い知った」
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 




586以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 00:34:56.87 ID:uPXAiGMK0

    /. : : : : :l: : : : : :|: : : : :l: : : : : : : : : : : : : | ヽ: : : : |ヽ::::|: : : : : : : : :l/ `ヽ
    , : : : : : ヽヽ: : : : l: : : ::::l:::: : : : : : : ヽ: : : :| /´ヽ: :_!__ヽ|: : .: : : : : : l
    |: : : .::i: : :ヽ!: : : : l: : : :::|!:::: : : : : : : ハ: : : レ/ ∠ハ T7| l:|: .::::: : ト、: :l
    l: : ::::::l: : : ヘ: : : : :l : : :::ト、:::: : : : : : l ヽ/ l//てj:::∨ l! リ:.:::::::: : l ヘ: :!
    l: : ::::::|: : : : :ヽ: : : ヽ: ::::l ヽ:::: : : : : l_∠: :l!/  ゞ='' _ノノ l::::::ハ:: :l  ヽ!_..._      「つまり・・・・・・今、俺たちは
    l: : ::::::l: : : : :::::ヽ: : :ト、:_:{=ム:::: :__: l  V  _`≠"´  。 l::::/ 」:: :l /    ヽ     命を狙われてるってことか?」
.     l: ::::::::ハ:::::: : ::::::::\:l ヽ: ト三≠<: !   <=´    l::/ 「 ハ/´ _......_        
    ', :::::l ',:::::::: ::::::::::::::ト、\ヽ 弋ム: :l           /´ l /'/          加持は首を横に振った。
     ',:::::l  ',:::::::::::::::::::\:::ヽ、ゝ= ´lヾ 、          イ Y _ -─ _
  _   ヽ::l  ヽ:::::::::::|\::::::::`≠- _ \_ハ     __,    / l /´
.Yヘヽ   ヾ、  ヽ::::::::|  ヽ─ッ─ハ´    ` _∠_シ    , ' / ⊥ - .._
_j/} Y⌒ヽ    ヽ::::::| _. - \ヽ / ` 、 __       __/ / /
  L_j´゙ヽ Yヘ   \::|    ` ,      ̄\_>´   _≧、 У - _i
     L_|' l Y⌒∨ヾ     l _ ィ´ ̄ ¨¨7-う _ = ´   `、    }
        Lj´| iヘヽ- 、   「 /  , - ´ __ノ/         /l






589以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 00:40:51.52 ID:uPXAiGMK0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、          「いいや、まだそこまではいっていない。
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;           だがこれ以上問題が起これば
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl           、庇いきることができなくなるんだ」
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 





596以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 01:05:17.78 ID:uPXAiGMK0

|: : : : |: : : :_._,|:_:_: /      |: : : /: : : : :    . : イ: : : / l: : : : . : : :
|: : : : |: : : : :!1 ̄7 =-、 ._   !: : / |: : : : :  . : ://: : :/   !: : : : : : : :
|: : : : |: : : : :l ≧'=ォ-..、ヽ \_|: :/ |:ノ: : : . : //: : :/   l: : : : : : : :
l: : : : :. : : : : l | /::::::::::f>、_>!: l イ: : : : : : ∨_/: ∠三 =l: : : : : : :      「・・・・・・俺たちはどうすればいいんだ?」
ハ: : : : :、: : : : ト弋>__,:::ノ  ` V  |: : : : :/,> '::::::r-;ヾ.v': : : : : :  .
 '、: : : : ヽ: : : :'. ` ̄ ̄ ̄>―   |: : /    {r7_,::ノ  /'′:/: : . : :
ヽ `、: : : : ト、: : :'.           j/   ` ̄ ¨¨  イ: :/: :  /:/:
: : i` ト. : : :! ヽ: :'.            :       J //: : : . //: /
: : l: :| 、 : |   \'、           i      u .ノ´: : :_: : ´: :/j /
/、: |  、: | u   `/_ -― 、__    '′     /_ ィ´: : : :/./ /
  ヽ!  ヘ:|、    〈ー- 、  ` ー-- ィ   -≠ , ′ j : : / //
        \   ` ー--  ___ ノ     /  /: /   /'′




598以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 01:11:40.78 ID:uPXAiGMK0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;     「おとなしくしていなさい。たとえ仲間内のいさかいがあっても、
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl     もう二度と暴力的な振る舞いはするな。
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !     真面目に大学に通い、他人とは距離を取って、 
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /       飢えていることは表面に出さず、静かで平穏な生活を送るんだ。
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/          そうしている限り、私は君たちを守る事が出来る」
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._           
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、  加持が本気で俺たちを守ろうとしている事は痛いほど伝わってきた。
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\ だからこそ、圭一は腹の底からわき上がる反駁の言葉を押しとどめ、
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ  ただ一言だけ訊いた。
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 



600以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 01:13:17.54 ID:uPXAiGMK0

|: : : : |: : : :_._,|:_:_: /      |: : : /: : : : :    . : イ: : : / l: : : : . : : :
|: : : : |: : : : :!1 ̄7 =-、 ._   !: : / |: : : : :  . : ://: : :/   !: : : : : : : :
|: : : : |: : : : :l ≧'=ォ-..、ヽ \_|: :/ |:ノ: : : . : //: : :/   l: : : : : : : :
l: : : : :. : : : : l | /::::::::::f>、_>!: l イ: : : : : : ∨_/: ∠三 =l: : : : : : :       「いつまで?」
ハ: : : : :、: : : : ト弋>__,:::ノ  ` V  |: : : : :/,> '::::::r-;ヾ.v': : : : : :  .
 '、: : : : ヽ: : : :'. ` ̄ ̄ ̄>―   |: : /    {r7_,::ノ  /'′:/: : . : :
ヽ `、: : : : ト、: : :'.           j/   ` ̄ ¨¨  イ: :/: :  /:/:
: : i` ト. : : :! ヽ: :'.            :       J //: : : . //: /
: : l: :| 、 : |   \'、           i      u .ノ´: : :_: : ´: :/j /
/、: |  、: | u   `/_ -― 、__    '′     /_ ィ´: : : :/./ /
  ヽ!  ヘ:|、    〈ー- 、  ` ー-- ィ   -≠ , ′ j : : / //
        \   ` ー--  ___ ノ     /  /: /   /'′





602以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 01:14:33.73 ID:uPXAiGMK0

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、     ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl        「いつまでもだ」
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /          圭一は沈黙するしかなかった。
´_> > `;┐         :i ',  ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ     \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、\      \
    |   /     ヽ   /  ' ,  ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ      | 





605以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 01:22:00.18 ID:uPXAiGMK0

       ,-´        ̄ー_∠
     /              ~ヽ
   ( γ⌒ 、  ⌒          ヽ
  / ´ `、        ⌒       ヽ
  //     、ー、_     ヽ      ヽ
 (// (   \\  二ー、          )   「君たちを消そうとする動きが強まっていること、
  ( (\ \ \二~_   ヽ  |⌒ヽ   ゝ    まだ他の三人には言わないで欲しい。特に東郷には。
   `ゝ \、\  ┸―`  ν)ノノ∩)  ゝ     彼がこのことを知ると逆に無茶をするきがしてならい。
       /`\         ヾ / 从      落ち着いているという点では、東郷が一番
      / ,          一´ヽ彡)        落ち着いていると思う・・・・・・
      ~~|          ノ   \ヾ⌒ー―、_  ただ、彼の持つ価値観は、私とは違う」
        }ー __    ../゙    入>、      ヽ、
        ヽ     ../゙    ノノ  \     \`、
        L_   _../゙_,-―´_ノ    >、    ヽ`、
           ̄l ̄`┐┌´ ̄     /  ー、_  )
          /|   ||     /         ̄ー_
        /  l、_ || __,一´              ` ー、
      /      『==┓                     `ー、
    /        ¶  //                         ヽ
  /           ¶ //                        /  |
/             V/                             |
               ┃                      /      |




609以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 01:28:38.06 ID:uPXAiGMK0

   , - '' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
. /: : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : :、: : : : :. : : : : : :/¨ '' - .. _
/: : : : : : : : : : : : : :.; : : .: : : : : : : : :.iヽ:. : :.:.:.: : ,, -''ニ=-- 、 _ ''i
: :, : : : : : : : : : : : .:.:i : :.:i: : : : : : ,、: :l. ヽ:. : i:.:.:./ /, -―-、 ヽ''ヽ   「なんか、スパイみたいで嫌だな」
./i: : : : : : : : : : : .:.:/i .:.:il:. : : : : :l i:. l  ヽ:.:.ト:./ ,' / , ' ¨¨ヽ ', ', i
' l : : .: : i : : : : : .:.i l.:.:.l l:. : : : :.l l l  ∠__l.y i i {(  ) } } i ./  ぼそりと圭一がこぼすと、加持は苦笑いして、
. l: : .:i:. :.V: : : :. :.:i`-l...i_ ヽ:. : :.ii _ll,イ´ハV7  ',ヽ ヽー_' ノ, ' ,'./   仕方ないだろうと言った。圭一はため息をついて
 i : :i、:. :.:V: : :ヘ:/ひ!lヾミノ:.:./`¨ 弋'ムノ-/ / ヽ`_ー-‐_' / /    了解の意を告げると立ち上がり、店を出た。
  , :.l ',:.:.:.:.:i、 : ヘi 、ゝ'_ノ- \i   ´   , ,      ̄   / /
  ,:l ヽ:.:.:.i丶 、\       l     , ,        / /
   !|  ヽ:.:l\`ーヽ -      '     i i       / /ヽ
      `  \:.:、ヽ、   ー―‐''   .l l       / /  ハ
          ` \ヘ丶、    _ /l ヽ、    ./ /   i
            /∧  ` ー/    ̄/ i` .、` ー ‐'/    l



612以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 01:33:57.31 ID:uPXAiGMK0










授業を終えて、講師室で生徒の個人カードを記入していると、同僚に呼ばれた。














615以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 01:46:25.44 ID:uPXAiGMK0

  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i      
. i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヾ〃Y:::::::::ヽ     
  !:::::::::::::::::::::::li::::i升:::i::::::、::::l ⌒ヽl::::::::::::::i    
 i:::::::::::::::::::从:!込ヒヾ、ト、:i`ーk_   l::::::::::::::l!      
 {::::::::::::::::太 Y´o`ヽ ` `〃o`i ,リ::::::::::::!       「竜崎くん、女の子が呼んでるよ。見かけない顔だから、 
  !:Yヽ::::::!             ソ:::::::::リ        多分うちの生徒じゃないんじゃないかなあ」
‐''ハl 桃Y:l!  / //    , j  l l l 1:::ソ'        
::::::::ヽ.ー iヾ                i:ノ           にやにやしながら言われて、竜崎は苦笑しながら礼を
:::::l|::::::`=ハ,....、   . -‐―-、   ./':、          言うと席を立った。
-'⌒ー'´  、 `` 、(       ノ  ,イ:::::::ヽ....._         その女の子はドアの脇に立っていたが、こちらに気づくと
  ヽ、 \、 ヽ、 !` ー‐‐ ' ./::l|:::::::::::::j::::ヽ      くるりとふり向いた。竜崎は息を呑んだ。
`ヽ r-、 ヽヽ _il ..i ̄ ゙̄`'≦-...ノl::::::::::::::l::::::リ!  
::::::::゙:ー'ヽ{_」:k{_」廴〉:::::::::::::::::::::::::`-、_::_:_:!:::::j:::l  
:::::::::::::::::ー:::ー-::::ー':::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_゙\/::::l   
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}   /:::::::| 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, r' ツ`i:::::l!






616以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 01:49:33.76 ID:uPXAiGMK0

                              、_、
                        `"ーニー- 、,_ ゛`=、
                        _,,,,-‐=二`:::::::`::‐、ミヽ
                    _,、-‐"´ ̄.::::::::_,::::::::::=、:::::::::::ヽ
                  ,/´,:-ー ..::::::::::  ̄::::::::::::::::::ミ:::::::,:: !、_
                 ,,=‐':´::::::::,:::::,::::::::::,:::∠´:: ..:::::::::::::ハ:::::::::`=、
               -"´/::/:/::::´::〃..:::: ..::::::::::::::ノ:::!::i:ヾ::::::::i,`、
                ,i':::彡:::,::::::/:::/.::: .,::::::::::::://:::::::::::::::i:::::リ::',         「粧裕」
              ン:::::::::/::::::/:::::: ..:::::::::::::::::::::::::ン'"/::::::::::: /:::::: :::i,
            __,.='''゙´,/::::::::::l/::::::::::::./::::::::/-//'/:::::ノ:: ∧:::::: l::i
               /' /::::::: .::::::: .ィ::::::::::ン''! (;;;)i,丶:::./;ノ./、'i::::::l:::|
              / ,/:::: /:::::::/::::::/:/ `'‐-=  /,.:シi.(;)i|:::::ノ::i
               ,/::/i::/:::::::〃::::::!:::∧|        '::: ヽ =ノl::::l:h::l
             /'´,!/::::://:::::::::i::::,'リ       :::: ' ノ  i:::::!! l:|
             '  /::::/:::/:::::::::::::l::l             ,i::::|  !
                    / /::::::ハ::::h::::::::i゙l,      ‐=二7   /、::l' ´
              '",::::サ:::::::::::::リ,l:::ii::l ! ヽ、    '‐-   ,イ' '/
                 ,/: /::::/" 'i:l'l:::::!  :::::'i:、,     /!::i  !
          _,、=ー ,、''"´    !i ヾ:!   :::::::`'::、、,,,/  i!  '
       _,、=ニ、    ヽ\     ヾ丶    ::/!::/     '






617以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 01:54:35.84 ID:uPXAiGMK0

            _、_____
         _,.- '"    ` < ̄´"' 、
.         / /  / :.    ヽ- - 、ヽ
        / /. / /|:::     〈 ̄```ヽ
      / / /.::/ ,/  l::i::     ,___ ,, ',
.     / / /.::/ /!   ll|:::.     三ニ‐'"彡
    /:// /!::/:.:/::l   l|'、:::..   :i__,三=''ノ|!i
    /::i i::!l j/lト、!l:|    ヽヽ:::::.. ::::lーニニ‐'' j}!      「久しぶりだね、お兄ちゃん」
    l::::! !::/!⌒! | |!   '´ ̄_`ヽ:::::::::j=<二ノイ|
    !::: !::f f'マミ;、     チミ;、i:::::/iミ、=、ニ//!j       粧裕は怒った顔でそう言ってから、少しだけ笑った。
    ヽ:i::::!  i、'ソ       L_刈 !:/! j'゙r1 }ン/!l!       竜崎は少なからずうろたえながらも、彼女を連れ出して
     i:!::::i ` ̄           j/// j// /ノj!       塾の隣の喫茶店に入った。一年近く会っていなかった妹は、
     l:ト、::,     、        ノ   _/ /://|       また少し大人びたように見えた。
      l| ヽ:、  、_ ___,        /::/ /::/,':/!
     リ  ヾ:.、  Y  ソ    / !/  i::/ ':/ |
        /ハliヽ、`ニ´  ,.ィ" __,{ i j// /:/:!
        〃 l| ! } >‐_,.-''" ̄ _,j、v,ィ´/.:/jノ
       /'rー="'"´    _,,   `ヾ、ノ/'
        ヽ  _,.- '"_,.ィ7´ /      \
        /  ,.ィ´〉´ j/          !
        ヽ,_/ /! l //          i
        /  /|' /            l
       ノ   l__j/ ____    `ヽl
      /       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´~"''-、, '、
.     /          | !::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l)ノ







618以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/10/18(土) 01:55:16.39 ID:52cc6N5H0

お兄ちゃん・・・だと・・・





619以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 01:57:22.28 ID:uPXAiGMK0

              /, '"´:/,.. -‐ニ ___
            / ///::‐''"_;:ニ=== ``ヽ、``
               {レ:1:::∠二::__::::::::::__:::::`ヾ.ニ._ゝ
               ,.ゝ::_:; -──- ニ:_:::::::''::‐ニ__:::::\
             /::::/:、::::::::``ヽ、:ヽ::::`丶、:::::─--`ヾ__           「どうして私があそこで働いてるとわかったんです」
          /;:イ:l:::|::ヽ、:::::::`ヽ::ヽ\::ヽ::`丶、:::::< ̄
           〃/::::/:l:::、:ヽ:`::ー-:::::ヽ:::\::::、:::::::::::::::\           いくつかの品を注文し、すぐに竜崎はそう訊いた。
          / /1l!:|:i::|:i心::\:::ミ_ヽ、:ヽ::::\::::::::弋_⌒`
            ! |l::|!::!::|{.Oヽ:、:::ヽ{.Oヽ::::::::::ヽ::::ゞヾゝー
         | /!::|i:::::i`"´ .;!` `ヾ" |:!:::::::::::ト、|`ヽ、
      _, ‐'7´   !ハ::N   〈l,. _     ハト、!`iヽ、`  `丶、
     / 〃     | |:ハヽ _,,.......__   / :: ヽ::!       ヽ
      // ̄ ``ヽ、   {. ヽ ー   / .::: / ,. -- 、   /  ',
    ,: ′      ヽ _ \. ` -‐ '′  :/./   |  \/  iハ
   ./        い   `ヽヽ、__ , ‐-'-./    l |   ヽ  || |
  .! 1         i !、 | | !   //  / /    | |.     ', || {
  ,|  |        | !| | |. i| / /〈 、t'レ'′   | |   | iノ }
  / !          | |' i〉 l | ヽヽ ヽ/      |l |   | |__`'}
  |! ヽ|         | |,.イl | !  ヽ.∨       il  |   .! | 〉 !
  | ヽ.|           | |ハ!r|.r|     /       |  |   ! /|V._ i
  |  |         ヽ`i | `「|'′  /  へ        |  i/ ! ! ヽ\!
  ヽ  l          ヽ !. l.  |:|  ./  ヽ  ヽ     |   ! | |   ヽ ! 
             | |  |:| _ム rへ     ヽ   | |  !| | |   /!.!|
             | |  |:| {っ iニYニv‐、\ ヽ  |/ / | | |、 // | 
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ー'^'''^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






620以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 01:59:53.46 ID:uPXAiGMK0

                 ,. - ''´ ̄`/ ̄`ヽ、
               /......:ニ,. -:/:::、:::...:、ヽヽ、
              /....:.//:..:::l::::::::lヽ::..::::ヽ.ヽ
             /....../:......./::::l:::..:::::l:.:ヽ::.....:N..',
              /...../.:......./:::::::.l.::...:....:l:..:::l.:.......:l...l
            l:..../:/.../::::::ィ::人::::::::::l:.::::.l.::...::::::::l  「友達の彼氏が、そこの塾に通ってるの。それで塾が終わる頃に
               |:::/:/::/::::::///  ヽ::::::::l::l::::li::..:::::::::|  彼氏を迎えに行ったら、お兄ちゃんを見かけたんだって。
           |:::l::l:..::::::/ /  ,r '´`ヽ:::l:l:::::|l::::::::::::l|  その友達が教えてくれた」
           |::|:|::,.r‐r 、 ′   ./fアヾ|:|::::|.|::::::::::i|
               |::!::::l '、匕〉     ゞ-小:::::||:::::::::::|
            l:ト::i::l           |l |i::|l::::::i!::|
            ヽ 、:l    丶       / |i:::l::::....:::|
             ヽ、ヽ、 ヽ ̄ ア  / ,イ:/:::l....:::ヽ、
          ,..、    ヽ::ヽ、 `ー′ / |/:::::|.:::::::__ヽ,.
         r 'フ `}     l::..::,.` ‐-‐ '   |::::::::l::l'´: : : :.|
     _ r‐< / ./7     rヽ/.: ,,..l   ,.r 'l::/ヽ:::ヽ: : : : :l
    ,‐<ヽ i .||//     /: /: :l.  〉,. '__l::|,,.,,_\\: : : :ヽ、
   .f `'ォ | 〉 | /     >: : ヽ: ヽ- ',.- ': : :.リヽ : : : : ヽ`'' ‐、
   .|  .l.」ノ`" /    /: : : : |: : : : :|: : : : :/: : : : : : : : : ヽ,: : :
   |   〉 ./    ,./: : : : :|: : : : :|: : : : /: : : : : : : : : : : :}: : :
  ./、_,,. - ‐'    /´: : : : : :|: : : : :|: : : :/: : : /: : : : : : : :l: : :
  |: : : : : : |   /: : : : : : : |: : : : :|: : : /: :/ : : : : : : : : : l: : :
 .|: : : : : : |.  /: : : : : : : :/:|: : : : :|: : :/:/ : : : : : : : : : : :/: : :





622以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 02:05:07.03 ID:uPXAiGMK0

/           ',           ,.   -┼`` 
             ',      /,.. .:-ニ''"__ _⊂l  
             i.   〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.' ノ _ ,'
             l  (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.::::::つ__
             l ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ:::::::: ・ 、l  
             i. /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::: ・ :l           「そうですか」
            !/:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ:l  
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::l           竜崎はため息をついた。
、            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::l. 
. ヽ、       _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::: <          「しかし、お前の友達は私の顔を知っていたんですね」
   `''‐ーー' ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::',     
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、',          妹の友達をほとんど把握していなかった竜崎がやや
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽヽ,          驚いていうと、粧裕は呆れた顔をした。
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァiヽ、   
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、ヽ、_____
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー- ...,,;__ _ _,
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.  ,.\//
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ






623以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 02:10:17.58 ID:uPXAiGMK0

                  ,,... --- 、
              ,.-‐ ' ´::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
            /:.....:::::..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
            /:::::.....::.....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::... ......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           /::::::......:::::::::::::::::::,. -/ l:::::::::::::::|i::::::::::::| 「そりゃ覚えてるわよ!毎日毎日同じ服ばっか着ちゃってさ、
         li:::::::...:::.:::::::,. - ' ‐ /..,,__l::::::::::::::|i::::::::::::|  目の下がクマだらけだから、影では『パンダ』って
         |i::::::::,. -_'´   / ,.-、 l:::::::::::::|i::::::::::i|  呼ばれてたんだよっ!思い出しただけでこっちが
         |i:::::::| i!f`i !      'fi`Y〉 l::::::::::::|:i:::::::::il   恥ずかしくなっちゃうよ」
         ヽ::::::| ゞ′     `‐′ .|:::::::::::|:ヽ::::::::',  
          i::::::|    、         u|::::::::::|:::::ヽ、::::ヽ、  竜崎は沈黙するしかなかった。
          |:::::::!   ,.-- 、     |::::::::::|、::::::::::`,,,...`ヽ、
          |:::::::ヽ.  i`r─ヽ    |::::::::i| /`‐--   ヽ、:\
          |::::::::|:::\ ヽ!.___,ノ   . イ::::::::l/        \l、
          ,.| ::::|::|:::::::ヽ、   ,. '´ .|::::::://   ,.       | ヽ
         / l/|:.:::|::|:::トl  `ー '´   l:::l:::l/,. -‐' ──--    |  ',
        i''  .|::l::::::::::| ヽ  ||. `ヽ、_////        ,.    |  l
      /    l::lヽ::::::l ヽ |    // ,. -‐‐ '  ̄      |  l、
  _,.. -'´       ヽ\::ヽ、 .l   /-‐'´         _,,..   |   \
__ノ──--、         ヽ 、 l /           /、___ノ     \
            ,. ‐'´,.--‐'´           / ──         \
         ,. ‐'´,. ‐‐'´ 、            /               ヽ、







624以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 02:14:05.63 ID:uPXAiGMK0

    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::ヽ ゞ、 \::::::::::::::::::::::::::::::::/
    i::::::::::::::::::::::::::::::li__‐-、ヘ::::ヽ::::iヽ::::::::::レヘ´,、_ヽ:::::::::::::::::::::::/
   {::::::::::::::::::::::::::::::,ハ (;;;;`ュヽ::iヽ::::!ヽ::::i|´バ{;;;;;;,ヽ ::::::::::::::/   
    i::::::::::::::::::::::::::::i ヽ、 `‐-イ \ヽ:! \:i ll ! ヽ=-人::::::::::i  
    i:::::::::::::::::::::::::ヽ ゛'''''"    ヽ l!   ヽ 、_,,,,,,,ノ  i::::::::l       「ところで、粧裕は大学どうするんです。今は受験
     i::::::::::::::::::::::::::\        i   i ゛''''"   l:::::::l       シーズン真っ盛りじゃないですか」
      >::::::::::::::::::iヽ \ ,                i:::li:::l       
    /  ヽ:::::::::::ヽ    {                i::/i<               
  /     l:::::::::::::ヽ    \  ,-‐          リ i::::::ヽ     
 /        lヽ::::iヽ::ヽ    ヽ         '    !  /丿::i
 |        l ヽ::i ヽヽ < 、               //ノl::::ヽ
 |  ヽ     l  ヽi ヽ`、 ア`"‐,-、,__          /::  l:/l::∧、
 |   ヽ       リ    V    Y⌒ ̄`丶     /::  l:l l::l::ヽi`,>‐、___,,,-‐´
 |    ヽ   l  i    /     |-‐       /::    リ l:l  レ   /
 ! \   ヽ  l  i ,/~      /:.      ,/:::        ソ /  /, ´/
 `‐-、_ゝ-‐´ ̄ ̄ ̄       ノ::::ゝ、, -‐´:::         /  /  /




625以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 02:16:31.75 ID:uPXAiGMK0

                 ,. -‐ 、─-__ 、
               ,.r '´ ⌒ヽ:::::..`ヽ、ニ‐`ヽ
               /:.. ./:::::⌒ヽ:. ..:ヽ:.ヽ彡::`ヽ
              /:/::/:/:::::::::/ヽ、,::::ヽ:..:::.::ヽ彡:::::',
           /::/:..:/:.::::::::/    l::::::l:..:.::.::::lニ:::::::::l
           /::/:::::::::::::イ/     l:::::l:.:.:::::::lミ:::::::::l      「私はもう推薦で決まってるから。短大に行くの」
          l:::::l:::::l.l::::/ l     _,,..l、::l::::::::::|ミ::::::::l::l
            |::::l:::ト1''l` |    '´ ,.-、ヽl::::::::|ミ:::::::::|::|      コーヒーが運ばれてきた。粧裕は手をつけずに
             |:l::|:::|. fR.、       f均`ヽ |:::::::ト、:::::::::|::|      じっと黒い水面を見つめた。
            ||:::!:::l. ヒノ `     ゞ┘'  |:::::::l rヽ:::|::|
          li::i:::::l              |::::/ .l `l:::|i:|
          ヽl:l lヽ   `           |/  -'/::li:l
            |l l l,   ー ‐ -- '     / /‐'::::::::l::l
           |  |::`、           イ::::::::::::::lリ
              |/|::` 、      , '´ /:::::::/:::イ
       ___,,..,,__   , |::/l:::` ‐-‐ '´   l:::/// ヽ、
    ,r '´      `ヽ/ `''‐-.ノ__       l/.|i
  /        ヽ `ヽ、    ̄ ̄`'' ───- 、--─ 、
. <、  \       ヽ   `ヽ、.,_           /    `ヽ







626以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/10/18(土) 02:20:48.36 ID:uPXAiGMK0

                   ,,,-''"´   __,,,,,-―,'"´
              ,   ,,=:::::!'ニ-'''"'"´,=-''"´
            ,i:| /::::::::´::::::::::::::::::::::::::::‐-、,,
            /::i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=-、
             (::::::::::::::::-、 :::::'ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::ヾ゙'-、
        ,=''::"::::::::ヽ::::::::::::、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\"'-、
       / ,-'::::::::!\::::ヽ::::::::::、 :ヽ:::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::\ `     「父さんと母さんはどうしてる?」
      //:::,:::::::/:::::、、:丶:\:\:ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      //:::: /:::::,:::::::::ヽ::\ :\::::::\:::\:::\:::::::::::::::::::::::::::::i、::\
     ,! i::: /::::::/=、::::!::::\:\ ..::::::::::::::::::\ ::\:::::::::::::::::::::::丶ヽ、、〈
      ! .i: /::::::/' i゙:i\:::::i,/フ7:\::\:::::::::::::丶 ::::::::::::::::::::::::::'i,  ``
      ' i::!i::::::iヽ-''  丶::!i、''-;ノヽ\\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
      i:! !::::i〈     ` `"゙´  '!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i,
      ! '!:::i ` `         '!:::::::::::i::::!::::::::::::::::\::::::::::::::\ヽ
      '   !:l l'ー----、       !::::::::::|:::i::::::!::ヽ:::::::::丶::::::::\ ``
           ':i .|7 ̄ ̄`ヽ      !::::::::/'!::l:::::|,:::::,、:::::::i,`''''ー-\
  ,―''''j,,,-‐-‐'‐‐、      i      !::::::/ iンヽ:::!!::::i \::::l      `''ヽ、
ー'´  /:::::::::::::::::::::::::ヽ   /     /'!:::/ !i  !:i ,イ:i  丶!        \
  ,-(:::::::::::,=-‐iTTTl几_,,ィ'  ,,.<_.  !/ /   レ゙ !i  ,,   ´ ̄ ゙̄''-、   ヽ
_/-‐'" ̄lニ)| .| | l,!/ー‐' _ ,-'゛  l、 `''l! 、,,_   | !  /         \ ヽ、
_,,,,,,,.. -‐'゙゙フ /゙l'''"´ `"゛´    〈 !, "  'l,゙\ l゙   /             `''ー
..-''" .,ン'゙ i  !   __,,,,、-‐-、,, ∧ヽ、、  \__/|  /
 _ -'″  / /゙  /:::::::::::::::::::::::ヽ、`  ヽ 、 ヽ 丿  i
l<   ,/ / _,,./::_;;_::::::::_::::::_:::.-‐';‐'゛'ー、\    |
´゙'l'ー''"`゙ ̄   \ヽ !TT l´Tン‐'´,ノ'ー、  `\ー、ヽ
  ヽ        `ー――‐゛''''"´'   )    \



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



やる夫が見てもらいたいようです 2 へ続きます。


スポンサーサイト
ブログパーツ
14 バレバレな名無しさん[ 2008/10/19 23:02 ]
電撃文庫のあれか
四巻くらいまで出てたっけか
15 バレバレな名無しさん[ 2008/10/20 00:42 ]
>>1の言い訳が果てしなくうざい
初投下でも何でもどっしり構えろっつーの
16 バレバレな名無しさん[ 2008/10/20 03:48 ]
↑やる夫がVIPにSSを投下すると言う設定なんじゃないの?
だからこれは>>1じゃなくて
やる夫の言い訳なんだよ。
18  [ 2008/10/20 13:38 ]
そういえば、タイトルは『やる夫が見てもらいたいようです』だな。
19 総力上げる名無しさん[ 2008/10/20 17:56 ]
あくまでやる夫スレか
21 総力上げる名無しさん[ 2008/10/20 18:13 ]
何故圭一をやる夫にしなかったのか
24 バレバレな名無しさん[ 2008/10/21 05:54 ]
なんか読むのだるいな
もっと上手く文まとめてほしかった
27 URL[ 2008/10/21 19:53 ]
キメラもろパクリかよ、死ねばいいのに
1607 Set[ 2009/03/10 00:24 ]
※27が哀れに見えてしまうw
コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
管理人:バレル

About
このブログについて参照

連絡
こちらのメールフォームまたは、「baresoku@yahoo.co.jp」までよろしくお願いします。

トップ絵・タレコミも募集中です。
人気ページ
検索フォーム
アクセスランキング
リンク
VIPまとめ
SLPY
VIPPERな俺
VIPワイドガイド
V速ニュップ
アフォBlog
犬速VIP
妹速VIP(`・ω・´)シャキーン
おはようwwwお前らwwwwwwww
カゼタカ2ブログch
クソスレドンキーノ
ゴールデンタイムズ速報
神速(´・ω・)VIP
ささやかな楽しみ
翠星石のギャルゲーブログ
スチーム速報
ニコニコVIP2ch
ニュー速クオリティ
働くモノニュース
ハムスター速報 2ろぐ
日々とんがりんぐ
暇人\(^o^)/速報
ぷん太のにゅーす
ベア速
みんなの(=゚ω゚)人(゚ω゚=)暇つぶし
無題のドキュメント
めでたしめでたし
やる夫観察日記
やる夫短編集 地獄編
ワラノート

ニュースまとめ
音楽業界を目指す学生
常識的に考えた
(´A`)<咳をしてもゆとり
ソースあんならすぐ出せ
東京エスノ
日刊スレッドガイド
ニュー投
にゅーるぽ(・∀・)
未定なブログ
わくてか速報

その他2ちゃんねる
AAなにっき....〆ミ・д・,,ミ
オカルト板もぐり
(*゚∀゚)ゞカガクニュース隊
ゲーム板見るよ
適当にコピペ保管庫
肉汁が溢れ出ています
のとーりあす
東亜news+

短レス
2chコピペ保存道場
ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS
アルファルファモザイク
育児板拾い読み
悟った瞬間、冷めた瞬間
コピペ馬鹿 ~創造力の欠如~
てらわろす日記
続・妄想的日常
引いた瞬間、冷めた瞬間
ほんわか2ちゃんねる
喪ゲ女
笑える2ちゃんねる

あんてな・NEWSまとめサイト
一年前のまとめブログ
2chnavi
2ちゃんマップ
おまとめ
オワタあんてな
ショボンあんてな
ブーンあんてな
まとめサイト速報+
まとめるお
やる夫見聞録

動画サイト
お笑いニュース

情報サイト
cotinus
Escapism
everything is gone
HK-DMZ PLUS.COM
TBN
UJI-ARMY-
朝目新聞
おもしろメディアBOX
おもトピ!
かーずSP
黄昏LOL
でっきぶらし
日本視覚文化研究会
にゅーあきばどっとこむ
ねたミシュラン
ひろぶろ
魔天
むりブロ

その他
To LOVEる -とらぶる- 考察
激安特価板ブログ
SUPER LINK
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。